婚約指輪

EngagementRing

婚約指輪

アトリエミラネーゼオリジナル
婚約指輪(エンゲージリング)の
商品一覧です。
最愛の人の手元で美しく輝き続ける、
永遠の愛を誓って。
まっすぐな想いを届けるプロポーズに
ふさわしい上質な婚約指輪をお届けします。
デザインや品質、着け心地、
アフターサービスもALLお任せください。
サプライズプロポーズのご相談も承ります。
「決意の証」の婚約指輪はアトリエミラネーゼへ。

婚約指輪 一覧( 158 design )

Engagement ring List

ライン

デザイン

テイスト

モチーフ

ダイヤのCt数

フリーワード検索


婚約指輪の選び方とポイント



婚約指輪イメージ

婚約指輪は婚約の証として贈られる愛の指輪。

一般的に男性から女性へのプロポーズの際に贈られる婚約指輪ですが、最近では「婚約指輪はお二人で一緒に選ぶ」というカップルも増えているとか。
大切な婚約指輪をプロポーズに向けて一人で探すのか、二人で一緒に選ぶのかによって、
婚約指輪選びにおける悩みや不安も変わってきますよね。

これから婚約指輪を用意しようとお考えの方に向けて、お一人で選ぶ場合とお二人で選ぶ場合に分けて、婚約指輪を選ぶ際のポイントをご紹介いたします!

大切な相手にぴったりの婚約指輪を選んで、最高のプレゼントを贈りましょう♪







婚約指輪は一人で買う?二人で選ぶ?



日本では、婚約を取り交わす際に贈られる「結納品」の9割以上は婚約指輪だと
言われています。お互いに結婚を意識している二人なら、「婚約指輪をどのように用意しようかな」とお考えの方も多いのではないでしょうか?

少し前までは、「男性が女性のためにサプライズで用意する」というイメージが強かった婚約指輪ですが、近年では「婚約指輪は二人で選ぶ」というカップルも増えてきました。

『婚約指輪は自分で選びたい女性は8割以上にも及ぶ』というアンケート結果もあるほどで、婚約指輪に対する女性の気持ちや好みを尊重したいという想いが強くなっているのかもしれません。
婚約指輪を一人選ぶのか、二人で選ぶのかお悩みの場合は、以下のように相手の性格や
二人の状況を参考にしてみてください。



婚約指輪をひとりで選ぶ場合



一人で婚約指輪を選ばれる方は、サプライズをご検討中の方がほとんどです。
プロポーズの際に婚約指輪を差し出されるという演出は、憧れる女性も多いはず。
忘れられない素敵なひと時に、婚約指輪が華やかな彩りをプラスしてくれます。



こんな方にオススメ
・婚約指輪を贈る相手が、
 サプライズ演出が好きな場合

・相手がプロポーズの際に
 婚約指輪を渡されることに
 憧れを抱いている場合


メリット
・忘れられない思い出を
 作ることができる

・相手のために選んだという
 想いが伝わる


注意点
・指輪のデザインを気に入って
 もらえるか分からない

・婚約指輪のサイズがぴったり
 でない可能性がある


婚約指輪をふたりで選ぶ場合



プロポーズが済んでいる場合や、「婚約指輪は自分で選びたい!」と相手からの要望があった場合は、婚約指輪を二人で選ばれるカップルが多いようです。
お気に入りの婚約指輪デザインを求め、デートのような感覚で婚約指輪探しをするのも楽しそうですね。



こんな方にオススメ
・相手の好みがはっきりとしている場合

・相手が自分で婚約指輪を選びたいと
 いっている場合


メリット
・気に入ったデザインの婚約指輪を
 選んでもらうことができる


注意点
・予算やタイミングのすり合わせが
 難しい


その他にも、「プロポーズで婚約指輪は渡さなかったけれど、結婚記念日に婚約指輪を一緒に選んだ」「婚約指輪は希望のデザインをあらかじめ聞いていた」など、婚約指輪の選び方もカップルによって様々。大切な相手が婚約指輪に対してどのような思いを抱いているのか、事前に聞けると良いですね。



一人で買う婚約指輪



サプライズで婚約指輪を用意して相手をびっくりさせたい!という方の中には、「婚約指輪をひとりで選びたいけれど、何をどう選べばいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか?
婚約指輪を贈るなら、贈った婚約指輪でとびきりの笑顔を引き出したいところです。
大切な婚約指輪で失敗しないために、婚約指輪の選び方における3つのポイントご紹介します。



プロポーズと婚約指輪選びのタイミング



婚約指輪を選ぶ際には、まずはスケジュールを立てましょう。
相手の指のサイズに合わせて作る婚約指輪は、店頭に行ってもその場ですぐには買えないものがほとんど。既成デザインで婚約指輪を用意する場合は、在庫を備えている店舗であれば問題ありませんが、オーダーメイドやセミオーダーメイドで婚約指輪を作る場合や自分で婚約指輪のダイヤを選ぶ場合は、必ず制作期間が発生します。
そのため、まずは「婚約指輪が必要な日」を店頭できちんと伝えることが大切です。

婚約指輪の制作にかかる時間は2ヶ月前後。
早ければ1週間、修正などが入る場合は2ヶ月以上の期間を要します。
完成した婚約指輪の最終確認などもあるので、婚約指輪が必要な日の1か月〜1週間前には完成するスケジュールを組めると安心ですね。
婚約指輪を用意する際には、入念なスケジューリングが欠かせません。



婚約指輪を渡す相手の指のサイズを知る



婚約指輪を購入する際に特別必要な持ち物はありませんが、1つだけ知っておきたい知識があります。それが婚約指輪を贈る相手の「指のサイズ」です。
せっかく贈った婚約指輪が相手の指に入らない、という事態だけは避けたいですよね。
大切な婚約指輪を用意する際には、彼女の指のサイズは憶測ではなく正確にわかっていた方が安心です。
婚約指輪をつける指は「左手の薬指」とされています。普段指輪をしている彼女なら、さりげなく指のサイズを聞いてみるのもいいですし、デートの際にアクセサリーショップで指のサイズを測り合うのも素敵ですね。
寝ている彼女の薬指にリボンを巻いて測る、なんてキュートなアイディアもありますよ。

いずれの場合も、婚約指輪でサプライズをお考えの場合は勘ぐられてしまわないように注意してくださいね。また、同じ号数でも、ブランドやお店によって婚約指輪のサイズは微妙に異なります。店頭で彼女の指のサイズについて相談することはもちろんですが、念のため、婚約指輪のサイズ直しに対応しているかも確認できると良いですね。



婚約指輪のデザイン選びのポイント



婚約指輪のデザインを選ぶ際には、相手の雰囲気やファッションを参考にされる方が多いです。「どんなデザインの婚約指輪がいいのかわからない!」という方に向けて、婚約指輪のデザインに大きく関わる「婚約指輪の形」についてご紹介します。
婚約指輪の形は大きく分けると3種類。彼女の雰囲気や好みに合わせて、婚約指輪選びの参考にしてみてくださいね。



ストレートラインの婚約指輪
婚約指輪の王道の形といえば、こちらのストレートラインです。ストレートラインの婚約指輪は、時代や年齢を問わず愛される普遍的な形。相手の指の形や好みを問わないので、ハズすこともありません。シンプルなデザインが好きな方に人気です。



Sラインの婚約指輪
流れるようなラインが美しいSラインの婚約指輪は、女性らしい優しげな雰囲気が魅力的。ラインに沿ってメレダイヤ(小さなダイヤ)を入れると、婚約指輪に華やかさやエレガントさが増します。女性に人気の形です。


Vラインの婚約指輪
中心に向かって下がるようにデザインされたVラインの婚約指輪は、ダイヤモンドへ視線が集中しやすく、ダイヤの大きさや輝きをより引き立ててくれます。Vの深さによって、優しげな雰囲気からシャープな印象まで、様々な表情を見せてくれます。


今回は「婚約指輪の形」をご紹介しましたが、形以外にも、金属の色やダイヤの雰囲気など、その他の要素が重なることで婚約指輪の印象は大きく変わります。婚約指輪のデザインに迷ってしまった場合は、店舗のスタッフに彼女の雰囲気や好みを伝えて、彼女に合いそうな婚約指輪デザインを提案してもらうのもオススメです。

※婚約指輪のデザインが気に入ってもらえるか不安な時は…
「婚約指輪をサプライズで渡したいけれど、選んだ婚約指輪を気に入ってもらえるか不安」という場合は、婚約指輪の代わりに「ダイヤモンドのみを贈る」という方法もあります。
婚約指輪を取り扱う店舗では、多くの場合、すでにお持ちのダイヤを使って婚約指輪を作ることもできます。スタッフと相談の上、パートナー自身で好みの婚約指輪デザインを後日選んでもらうのもいいですね。



二人で一緒に選ぶ婚約指輪



ふたりで選ぶ際には、相手の好みに合わせて婚約指輪を選べるので、「デザインを気に入ってくれるかな?」と悩む必要がありません。
ですが一方で、婚約指輪を見に行くタイミングや予算のすり合わせなど、婚約指輪を贈られる側が一緒にいるからこそ出てくる悩みもありますよね。
婚約指輪をふたりで選ぶカップルへ、婚約指輪選びで失敗しない3つのポイントをご紹介します。



聞きずらい、言いずらい予算はどうする?



ダイレクトに婚約指輪の予算を聞ける・言える関係性なら問題ありませんが、そうでない場合はお互いに婚約指輪の値段を気にしてしまうもの。
もし婚約指輪の値段をうまく伝えられない・聞けないという場合は、婚約指輪を贈る側は、「この婚約指輪、素敵だね」と予算内の婚約指輪をさりげなくオススメしてみましょう。
一方で婚約指輪を贈られる側は、相手がどんな婚約指輪を見ている・触れているかを意識することが大切です。
また、結婚式やマイホームなど、大きな買い物を予定しているふたりなら、思い切って婚約指輪の予算を伝える・聞いてしまうのもアイディア。その際には「これからのためにもお金のことはふたりで考えたい」と、ふたりのことを想っているという意思をしっかりと伝えましょう。婚約指輪選びにおいて、必要以上に気持ちの探り合いにならないように、また、相手に気を遣わせすぎないようにしながら、ふたりで納得いく婚約指輪選びができるといいですね。

※婚約指輪の平均予算は?
結婚情報誌ゼクシィ(リクルート発行)が実施した“結婚トレンド調査2018”によれば、婚約指輪の平均単価は36.5万円とされています。しかし、地域によっても様々で首都圏の平均は41.9万円と、かなりの開きがある模様。お互いの状況や相手の都合もあるので、婚約指輪選びにおいて平均単価はあまり気にしすぎないことをオススメします。



婚約指輪と一緒に結納返しも選ぶ



婚約指輪を一緒に選ぶ際には、婚約指輪のお返しとして贈る「結納返し」を一緒に選ぶのもオススメです。婚約指輪だけを選ぶとなると、婚約指輪を贈られる側はどこか謙遜の気持ちを抱いてしまうかもしれませんが、一緒に愛の証を「贈り合う」となれば、お互いに気持ちよく楽しめそうですね。
一般的に、結納返しは女性から男性に贈られることが多く、品物に決まりはありません。男性に贈る場合は、腕時計やスーツなど仕事でも使える上質なアイテムが人気です。結納品と同じように、婚約指輪を結納返しとして選ばれる方もいらっしゃいます。婚約指輪と同じジュエリー系のプレゼントで揃えたい場合は、カフスやネクタイピンを贈るのもおしゃれですね。相手の好みをよく聞いて、婚約指輪を選ぶように、ふたりで一緒に結納品を選んでみてはいかがでしょうか?



婚約指輪と一緒に結婚指輪も選ぶ



ふたりで婚約指輪を選ぶ場合には、結婚指輪を一緒に探されるカップルも多くいらっしゃいます。婚約指輪を贈る側も一緒になって楽しめますし、これからのタイトなスケジュールを思えば効率的でもありますね。
また、婚約指輪と結婚指輪のデザインに統一感も出しやすくなります。
結婚指輪と重ね付けをしやすい婚約指輪なら、自然と身につける機会が増えるかもしれませんね。ただし、婚約指輪と一緒に結婚指輪を選ぶ場合は、婚約指輪のデザイン・婚約指輪につけるダイヤ・結婚指輪のお互いのデザインと、決めることが多く時間もかかります。婚約指輪と一緒に結婚指輪を探す場合は、時間に余裕を持って行くことをオススメします。



婚約指輪のダイヤモンドの選び方



婚約指輪の最大の特徴といえば、中央に輝くダイヤ。地球上で最も硬いと言われる鉱石・ダイヤは、これからの人生を共にするふたりの絆の強さを表します。そんな婚約指輪にはめるダイヤは、ものによって特徴が様々。クリアな透明度を持っていたりカットのプロポーションが抜群だったりと、個性豊かなダイヤモンドたちは どれ1つとして同じものがありません。婚約指輪を選ぶ際は、基本的にダイヤと枠(金属部分)をそれぞれ分けて選びます。もちろん、既成デザインでダイヤ付きの婚約指輪もありますが、こちらのダイヤも唯一無二のもの。婚約指輪にはどんなダイヤを選べばいいのか、ダイヤ選びの基本も抑えてきましょう。



ダイヤモンドは「4C」が基準



婚約指輪のダイヤを選ぶ際には、「4C」と呼ばれるダイヤの特徴を基準にして比較します。

「4C」とは、ダイヤの4つの特徴を頭文字を表したもので、それぞれ
「カット(Cut)・カッティングの精度」
「カラー(Color)・色味」
「カラット(Carat)・重さ」
「クラリティ(Clarity)・透明度」
とされています。

基本的に、4Cそれぞれのグレードの高さに比例して、ダイヤの値段も上がってきます。まずは自分がどの部分にこだわりたいのかを考えると、婚約指輪のダイヤ選びがしやすくなりますよ。ひとつひとつ見てみましょう。



ダイヤモンド|カット(Cut)



カット(Cut)はダイヤの形(プロポーション)に関わる部分です。
5段階のグレードに分かれており、上から順に
「Excellent(エクセレント)」
「Very Good(ベリーグッド)」
「Good(グッド)」
「Fair(フェア)」
「Poor(プア)」
とされています。

カッティングの精度が高ければ高いほど、光たくさん取り込みを綺麗に反射するので、華やかなきらめきが多くなります。カットは各ブランドの色が出やすい部分でもあり、中でも自社でダイヤの研磨をしているお店は、カットにこだわりを持っていることがほとんど。
婚約指輪のダイヤは、独自のカット技術やこだわりに注目して比較するのも面白そうですね。

※カット精度の高さを表すハート&キューピッド
カット精度の高いダイヤモンドの場合は、顕微鏡で拡大をすると「ハート&キューピッド」と呼ばれるハートと矢の形をダイヤの中に確認することができます。品質の良さはもちろんですが、婚約指輪という愛を表すジュエリーにおいてもぴったりなモチーフ。心を射いてくれた女性へ贈る婚約指輪に、愛のモチーフを添えるのも素敵ですね。婚約指輪のダイヤを選ぶ際に、ハート&キューピッドを意識される方も多くいらっしゃいます。



ダイヤモンド|カラー(Color)



カラー(Color)はダイヤの色を指します。
ダイヤモンドのカラーの質は「D〜Z」のアルファベットで表現されており、最高ランクのDカラーは無色。混じり気のないクリアな色味をしています。
Zカラーに近づくほどに、ダイヤの色は黄色味が増して行きますが、この黄色味がお好きな方もいらっしゃり、あえて色味のあるダイヤを選ばれるという方も珍しくありません。
婚約指輪の枠(金属)にゴールドやピンクゴールドを使用する場合は、ダイヤに枠の色が反射して黄色味が映り込むため、カラーにはこだわらずに透明度やカッティングを求める方も多くいらっしゃいます。一般的にダイヤはDカラーが最高品質と言われていますが、婚約指輪のデザインや相手の方の好みなどを考慮して、ふたりの婚約指輪にぴったりな色のダイヤを選びましょう。



ダイヤモンド|カラット(Carat)



カラット(Carat)はダイヤモンドの重さを指します。
大きさと混同されがちですが、正しくは「重さに比例してサイズも大きくなる」ということ。数字が大きいほどに、重く大きなダイヤということになります。

日本国内では、婚約指輪のダイヤは平均して「0.25ct(カラット)」前後で選ばれる方が多く、予算という理由以外にも、婚約指輪のデザインや日本人の指のサイズに合わせてこの大きさを選ばれる方が多いようです。
0.3ctを超えてくるとサイズとしても存在感が出てきます。婚約指輪にインパクトを持たせたいときには、カラット数にこだわってみてはいかがでしょうか?



ダイヤモンド|クラリティ(Clarity)



ダイヤモンドの透明度を表すクラリティ(Clarity)には、11段階のランクがあります。
ダイヤモンドは自然物なので、成長過程や加工途中で傷や欠け・内包物が発生することは珍しくありません。これら傷や欠けが少ないものほど、クラリティの評価も上がります。
そして、クラリティの高さに応じて、ダイヤモンドの透明度も上がります。
透明度の高いダイヤは光を綺麗に取り込み全反射するので、突き刺すような鋭い輝きが特徴的。透明度の高いダイヤは希少価値が非常に高く、最高ランクの「Flawless(フローレス)」は市場にはあまり出回ることがありません。

一生もののジュエリーとなる婚約指輪だからこそ、ダイヤの美しい輝きを重視してクラリティをポイントにするのも良いですね。



婚約指輪選びにおけるダイヤの4Cをご紹介しましたが、どの要素もダイヤモンドを形成する大切な要素です。難しいように感じるかもしれませんが、「色白で透明なものが良い!」「とにかく大きさにこだわりたい!」など、どんな婚約指輪にしたいのかを店頭で伝えれば、プロの目でふたりの婚約指輪にぴったりのダイヤを探してくれますよ。

※ダイヤモンドの鑑定書
婚約指輪のダイヤを選ばれた場合、基本的に鑑定書がつきます。
鑑定書とは、一定の基準を満たした高品質なダイヤモンドの価値を証明するもの。
彼女に婚約指輪を渡すと同時に、鑑定書も一緒に渡して「婚約指輪のダイヤをどんな想いで選んだのか」を伝えてみてはいかがでしょうか?



婚約指輪にはダイヤモンド以外の石も人気



婚約指輪といえば、メインの石はダイヤが定番ですが、最近では相手の誕生石や石の意味になぞらえて、婚約指輪のメインの石に色石を選ばれる方も多くいらっしゃいます。
色石とは、ダイヤ以外の鉱石のこと。ルビーやサファイア、タンザナイトやターコイズなど様々な石があります。
例えば、サーフィンが好きな彼女には海をイメージして婚約指輪の石をサファイアにしたり、5月生まれの彼女には誕生石のエメラルドを婚約指輪に入れたりするのも素敵。
婚約指輪にはめられる石はダイヤモンドだけではありません。
どんな想いで婚約指輪を贈るのかを考えて、相手にぴったりの石を選びましょう!



相手のことを想って選ぶ婚約指輪



大切な相手へ愛の気持ちを示す婚約指輪は、選ぶ段階からドキドキワクワクがすることがたくさん。「婚約指輪のデザインを気に入ってくれるかな?」「どんな婚約指輪が出来上がるんだろう」など、婚約指輪を通して様々な想いが浮かぶことでしょう。婚約指輪をひとりで選ぶ人もふたりで選ぶ人も、ご紹介したポイントを意識して、相手のことを想いながら婚約指輪選びをお楽しみください!婚約指輪がふたりの絆をより強めてくれますことを願っております。



▲目次へ戻る


LINEで送る