婚約指輪と言えばプラチナの指輪をイメージする人がきっと多いでしょう。それもそのはず、婚約指輪の素材にはプラチナを選ぶ人が圧倒的多数です。

ですが、普段からアクセサリーにはゴールドの素材を好む女性はたくさんいます。婚約指輪も「ゴールドがいい!」と思うけれど、ゴールドの婚約指輪はあまり見かけないため、「実際ゴールドの婚約指輪を選ぶのってどうなんだろう」と悩んでしまいがちです。

というわけで今回は、ゴールドの婚約指輪を選ぶメリットやデメリットについて詳しく解説します。これから婚約指輪を購入する皆さんの参考にしてみてくださいね。

婚約指輪にゴールドの素材をチョイスするのは全体の9%

婚約指輪の素材を選ぶ際に、あえて「ゴールド」をチョイスする人たちはどのくらいいるのかを調べてみました。「リクルート総研ゼクシィ結婚トレンド調査2019」の統計結果を見てみると、婚約指輪の素材として何を選んでいるかは以下の通りです。

  • プラチナを選んだ・・・85.5%
  • ゴールドを選んだ・・・9.0%
  • コンビ(プラチナとゴールド)を選んだ・・・2.0%

つまり、婚約指輪にゴールドの素材を選んだ人は全体の9%となっており、1割にも見たないことが分かります。この数字だけをみると、プラチナを選ぶ人の率が85.5%と圧倒的に多いため、「やっぱりプラチナが主流なのね」と感じさせられます。

ですが、考え方によっては9%という数字は必ずしも「超少数派」とは言えません。10組のカップルのうち1組くらいはゴールドの婚約指輪を選んでいるのです。割合としては少ないですが、それでも10組に1組ならものすごくレアというわけではありません。

婚約指輪にプラチナが圧倒的人気なのはなぜ?

ゴールドの婚約指輪を検討する前に、まずはなぜここまでプラチナの婚約指輪の人気が高いのかについて理解を深めておくと良いです。プラチナの良さを理解した上でゴールドを選ぶのであれば、その後後悔が残ることもありません。

ですが、プラチナのメリットを知らず、ただ見た目のイメージだけで別の素材を選ぶことで、「やっぱりプラチナの方が良かったのかも」と思ってしまうことは大いにあり得ます。ここで、プラチナが最も婚約指輪に選ばれている3つの理由を紹介します。

理由①希少価値の高い素材が「婚約の証」にぴったり

プラチナが婚約指輪にこれほど人気があるのは、まずプラチナの素材自体が非常に希少で価値の高いものだからです。

原鉱石1トン中に含まれるプラチナの含有量はわずか3グラムと言われています。だからこそプラチナはお値段も高く、高級な素材として知られているのです。

「婚約指輪という特別な指輪の素材には、高級で特別感のあるものを使用したい」、そんな思いを叶えるためにはプラチナを使用するのが一番である、と考えられています。

理由②日本人の手に馴染みやすいカラー

プラチナの色味は白く明るいのが特徴です。婚約指輪を選ぶ際には、肌に合ったカラーを選びたいものです。日本人の肌の色には、プラチナカラーが特に良く似合います。プラチナカラーは、本来の指の美しさをさらに美しく見せてくれるのが特徴です。

高級であることだけで、プラチナが最も選ばれているわけではありません。見た目にも美しく、特に日本人の肌の色にマッチする点も、プラチナの人気の理由です。

理由③加工しやすく丈夫で耐久性に優れている

プラチナ素材はとても丈夫です。婚約指輪は、婚約期間だけでなく結婚後にも結婚指輪と重ね付けしたり、特別な場面でのみ使用したりと、この先何十年も持ち続ける大切な指輪です。そのため、いつまでも美しさを保つことができる、耐久性の強い素材を選んでおくことが非常に重要になります。

プラチナの特徴において忘れてはならないのが、プラチナ素材自体が柔らかくしなやかで加工しやすいというポイントです。扱いやすい素材だからこそ、さまざまなデザインを作ることができたり、サイズ調整がしやすかったりとメリットが多くなるのです。

指輪はどうしても日常的につけていることで、汗による汚れの影響を受けやすくなるものです。しかし、プラチナを選んでおけば、変質や変色のリスクはほとんどありません。この点が「長く持ち続ける婚約指輪」にプラチナが選ばれている理由でもあります。

ゴールドの婚約指輪に関するよくある勘違い

婚約指輪にゴールドの素材を選ぶにあたり、ゴールドという素材について正しく理解しておく必要があります。実は、ゴールドに関しては意外にも「誤解されていること」が非常に多く、たくさんの人たちが間違った認識をしているのです。

ここで、ゴールドにまつわる「誤解されがちなこと」を3つ紹介します。

誤解①ゴールドは派手で主張しすぎるイメージがある

ゴールドのアクセサリーを普段あまり身につけない人にとって、「ゴールドは派手」というイメージが定着してしまっている点は否めません。

ゴールドというと「ギラギラしている」イメージが先行し、「上品さ」の面で他の素材よりも劣っていると思われがちです。

しかし、ゴールドは選び方によってその見た目が大きく異なるため、「ゴールド=派手」というイメージは正しくありません。金メッキなどの金ピカなイメージは確かに上品さの面ではイマイチなのは確かです。しかし、これはそもそも本物のゴールド素材ではないため、別の話になるのです。

純度の高い上質な素材を選べば、ゴールドはとても上品かつ発色がとても美しいのが魅力です。

誤解②ゴールドは耐久性の面でプラチナに大きく劣っている

プラチナの耐久性の高さに関しては先ほど前述した通りです。ゴールドはプラチナに比べて耐久性が低いというのも多くの人が抱くイメージの一つです。しかしこれは誤解です。

ゴールドの中でも特に婚約指輪や結婚指輪に選ばれることが多いK 18に至っては、その耐久性がプラチナとほぼ同等です。

プラチナにもランクがあるため、どの純度のものと比較するかによりますが、婚約指輪などによく使われているのはPt950(95%がプラチナであるという意味)です。

Pt 950と、同じく婚約指輪によく選ばれるK 18を比較するとその耐久性は同じと言われています。むしろデザインによってはK18の方が耐久性が高くなることさえあります。

ゴールドは耐久性が低いというのは全くの誤解で、何の根拠もありません。

誤解③ゴールドは変色しやすい

ゴールドの指輪は変色してしまう恐れがあるので婚約指輪や結婚指輪に向いていないと思っている人も多いです。しかしこれに関しても誤解されていると言わざるを得ません。

プラチナは確かに「温泉にどれだけ浸かっても変色しない」と言われていて、硫黄などのダメージも受けにくいのは事実です。ですが、温泉に入ることよりも日常生活の中で受けるダメージの方を考える方が大切です。

日々水に濡れたり、汚れが付着していくにつれて変色していくリスクがどの程度あるのかを見てみると、ゴールドに関しては「ほぼ心配ない」と言えます。プラチナ同様変色しにくいのがゴールドのメリットでもあります。

それでもなお変色のリスクが気になる場合には、K18ではなくK 22などの「より純度の高いゴールド」を選ぶことも可能です。

実はメリットだらけの「ゴールドの婚約指輪」

婚約指輪にはプラチナが最も適していると言われており、事実大多数の人たちがプラチナを選んでいるのは確かです。しかし、だからといってゴールドの婚約指輪がプラチナの婚約指輪に劣るポイントがあるわけではありません。

人の心理として、「多くの人たちが選んでいるものが一番良いのだろう」と思えるのは自然なことです。しかし、実際にしっかりとリサーチをしてみればみるほど、ゴールドの婚約指輪のメリットがたくさんあることに気づかされます。

ここで、ゴールドの婚約指輪のメリットについて紹介します。

メリット①カラーバリエーションがある

ご存知の通り、ゴールドにはカラーバリエーションがあります。プラチナやシルバーはカラーを選べず、選択するとすればその純度のみとなるため、この点はゴールドならではのメリットと言えます。

イエローゴールドやホワイトゴールド、そしてピンクゴールドなど、さまざまなカラーが選べて、それぞれに全く異なる魅力を持つのがゴールド素材です。

日本人の肌は黄色味がかかっているため、ゴールドがよく似合うと言われています。その中でも、「より自分の肌の色に合うのはどのカラーだろう」と選べるのがゴールドのいいところです。

メリット②素材で値段を抑えてダイヤにこだわることができる

ゴールドの婚約指輪はプラチナの婚約指輪よりもお値段がお安くなります。そのため、素材をゴールドにすることで、浮いた予算を使ってダイヤモンドにこだわることが可能になる点もメリットです。

プラチナの婚約指輪とゴールドの婚約指輪を比較した際には、同じ予算でみるとゴールドの方がダイヤのカラット数やデザイン性にこだわることができます。

そのため、素材はゴールドにする代わりに、プラチナで検討していたものよりも大きなダイヤの婚約指輪を選べるようになるという理由でゴールドを選ぶ人もいます。

婚約指輪はダイヤモンドが主役と言っても過言ではありません。ほんの少しでもカラット数が変われば、見た目の印象がガラリと変わるものです。

メリット③K18は扱いやすく丈夫でお手入れも簡単

プラチナはメンテナンスがしやすいという点も人気の理由の一つですが、ゴールドだって負けてはいません。

K 18は婚約指輪に選ばれることの多いゴールドですが、K 18のメンテナンスはとても簡単です。そもそも汚れが付きにくく、日々常に磨き続けなければならないというわけではありません。

ゴールドのお手入れは、貴金属用のクロス(布)を使用して軽く磨いてあげるだけでOKです。こうすることで、簡単に新品同様の輝きが取り戻せます。

毎回こまめにジュエリーショップへ指輪を持ち込む必要もなく、全く手がかからないのがゴールドの良さでもあります。

メリット④毎日のファッションに合わせやすい

ゴールドはプラチナに比べて、見た目のファッション性が高いのが特徴です。つけているだけで存在感があるゴールドの指輪は、毎日のファッションのアクセントとして非常に使いやすいものです。

特に、普段からゴールドのピアスやネックレスを身につけている女性にとっては、ゴールドの指輪はとても使いやすいでしょう。

カジュアルなファッションからフォーマルなファッションまで、どのようなスタイルにもしっくりマッチするという点では、ゴールドの婚約指輪がどの素材よりも勝っていると言っても過言ではありません。

メリット⑤価格が抑えられる

婚約指輪は多くの人にとって、「これまで購入したことのない高価な指輪」ではないでしょうか。

確かに婚約指輪の平均相場は35万円ほどと言われており、指輪としては大変高価です。しかし、中には結婚式の準備やハネムーンなどもあることから、婚約指輪にかける予算がかなり限られているケースもあります。

このような場合において、婚約指輪の素材をゴールドにするのはとてもおすすめです。デザインやダイヤの大きさを変えず、素材をプラチナからゴールドに変えるだけで価格は抑えられます。

それでいて、ゴールドの婚約指輪は耐久性やファッション性にも優れており、デメリットは特に見つかりません。価格重視で婚約指輪選ぶ方には、ゴールドの婚約指輪はとてもおすすめの選択肢と言えます。

プラチナとゴールドのコンビを選ぶという方法もあり!

婚約指輪の素材をプラチナにするかゴールドにするかで迷ってしまう場合には、「プラチナとゴールドのコンビ」にするという方法もおすすめです。

コンビとは、一つの指輪にプラチナとゴールドの二つの異素材が使われているデザインのものです。これを選ぶことで、

  • プラチナを選びたいけれど、他のアクセサリーがゴールドばかりだから相性が心配
  • プラチナもゴールドもどちらも魅力的で選びきれない

などの悩みは一瞬で解決することができます。

コンビ素材の婚約指輪は素材自体にデザイン性があるため、指輪そのものがよりファッショナブルになるのもメリットです。

このように、必ずしもプラチナかゴールドかを選ぶ必要はありません。コンビを選ぶ選択肢もあるということを知っておくと婚約指輪選びがスムーズに進むでしょう。

まとめ

婚約指輪の人気素材はプラチナがダントツで群を抜いて1位であることは事実です。しかし、ゴールドの婚約指輪には、たくさんのメリットがあります。

その優れたファッション性や、耐久性の良さ、豊富なカラーバリエーションを考えると、ゴールドの婚約指輪を選択肢に加えてみるのも良いですね!

婚約指輪を選ぶ際には、実際に目で見て確かめるのが一番です。婚約指輪や結婚指輪を専門に取り扱うジュエリーショップ、アトリエミラネーゼではたくさんの婚約指輪をご用意しています。

プラチナのもの、ゴールドのもの、どちらがいいか迷った場合はまず一度現物を見にご来店ください。

アトリエミラネーゼでは、ブライダルジュエリーを専門に取り扱っているため、専門知識を身につけた専任スタッフが皆さんの婚約指輪選びを全力でサポートいたします。ぜひ安心してお任せいただけましたら幸いです!