婚約指輪には、ダイヤモンド付きのものが一般的で、華やかなデザインのものが多いです。その分、職場などに着けていってもいいものか、TPOを気にされる方も多いようです。

このコラムでは、「婚約指輪は職場でも着けていっていいのか?」、「職場に着けて行っても邪魔にならない婚約指輪」を紹介していきたいと思います。

婚約指輪は職場に着けていってもいいのか?

婚約指輪は一般的には職場に着けてはいけないルールなどはなく、その職場でのルールに従うまでです。

元々ルールとして「アクセサリーは禁止」となっている場合もありますし、シンプルなものならいいが、婚約指輪のようなダイヤモンドが目立つようなデザインは禁止という職場もあるでしょう。

もし婚約指輪がルールで禁止されていないとしても、着けていっていいものなのか悩むところでもあります。

他の既婚者の人があまり着けていなかったりすると、何か職場だけの暗黙のルールがあるのかもしれませんよね。なので職場で婚約指輪を着けるうえで、気を付けておくべき点を知っておきましょう。

職種によって違いがある

職場のルールだけでなく、それぞれ働いている職種によっても違いがあります。例えば、ファッションやアパレル関係の仕事なら、婚約指輪などの華やかなアクセサリーをしていても問題ないというところが多いです。

しかしその反面、飲食関係や建設関係、医療関係やなど、衛生面や危機管理の面で業務上支障がある場合は、アクセサリーを着用してはいけない職場もあります。

また、営業職の場合は、お客様より高価なものを着けていると失礼にあたるので、婚約指輪は外しておくという場合や、冠婚葬祭に関わる職場は、ダイヤモンドの有無によって着けてはいけない場合もあります。

そういった職場でもどうしても着けたいという場合は、作業中だけはずして、それ以外は着けておくという使い分けをする必要があります。

職場の雰囲気によっても違いがある

自分の職場で、婚約指輪着用にOKが出ていたとしても、雰囲気的に着けてはいけない場合もあります。例えば、その職場の年齢層や男女比などを参考にしてみるとよいでしょう。

ファッショナブルな女性が多い職場なら、アクセサリーの許容範囲も広いと推測できる反面、年齢層が高い男性が多い職場だと、ダイヤモンドの着いた指輪はキラキラしていて不謹慎だと思う方もいらっしゃいます。

もちろん優しく受け入れてくれる場合もありますが、まずは先輩などが着けているのか確認しておくとよいでしょう。

ルールで違反していないとしても、自分だけ着けているとしたら協調性がないと思われてしまったり、煙たがられる場合もあるので、その職場の雰囲気をしっかり理解しておく必要がありますね。

あまり周りからどう思われても気にしないタイプの人なら、ルールに違反していないのであれば、雰囲気も気にせず着けていっても問題ないと思われます。

職場に婚約指輪を着けていく際の注意点

職場に婚約指輪を着けていく場合、いくつか注意点があります。職場だけでなく、今後婚約指輪を長く着けていくうえで大事なことですので、チェックしておいてくださいね。

着ける前に上司に許可は取っておく

婚約指輪を職場に着けていくタイミングにも注意したほうが良いでしょう。社会人のマナーとして、何の前触れもなしに、いきなり婚約指輪をつけて会社に行くのはあまりよろしくありません。

職場のルール的にOKだったとしても、誰にも報告せずに婚約指輪をつけていけば、会社の人からも変な目で見られる恐れがあります。まずは順序として、社会人の基本といえる「報告」を上司などにするようにしましょう。

婚約だけでなく入籍の日取りや、結婚式の際も同じです。社会人としての礼儀がないと思われないように、ルールだけでなく、マナーも大切にしましょう。

ゆがんだり紛失する恐れがある

婚約指輪を職場に着けていく場合、職種によっては、重い荷物を持ったり、力仕事をしたりすることもあるので、その場合は指輪を傷つけてしまう恐れがあります。

汚れや傷がついた場合は、柔らかい布などで拭いておけば美しさが保てますが、ゆがんでしまった場合は、ダイヤモンドを留めている爪がゆるみ、ダイヤモンドが外れてしまう恐れがあるので注意してください。

また、職場での紛失にも気を付けたいです。婚約指輪は高価なものなので、職場でなれば、パニックになる可能性もあるので、着けていくならずっと外さない方がいいです。

もし水仕事や力仕事などをする際に外すのでしたら、専用のポーチなどを持参して、しっかり収納しておきましょう。 。

不快な気持ちにさせてしまう恐れもある

社会人としてのマナーとして、身だしなみには「清潔感」「仕事のしやすさ」の他に、「相手を不快な気持ちにさせないこと」も大事な要素です。

婚約指輪には、結婚を控えているというのが一目で分かるものでもあるので、祝福を受ける一方で、羨望や妬みなど嫉妬される危険性もあります。

結婚する幸せアピールとも捉えられて、職場での人間関係に悪影響を及ぼしてしまうケースも少なくありません。なので、その職場が未婚の女性が多いかどうかも気にしておくべきポイントでしょう。

そういう職場でも気にせず着けていくと、嫌われてしまって、嫌味を言われたり言いがかりをつけられたりして、職場にいづらくなるケースも多いです。

もし何もされず、誰も気にしていなさそうと思っていても、実際は心の中で女性は気にしている場合だってあります。職場に婚約指輪を着けていきたいのであれば、未婚の女性へしっかりと気配りをしてあげましょう。

職場に婚約指輪を着けていきたい人とそうでない人の違い

婚約指輪を職場にどうしても着けていきたいという人もいれば、着けていきたくないという人もいます。その違いは一体何なのか?お互いの気持ちの違いについて、口コミなどを参考に述べていきたいと思います。

【職場に婚約指輪を着けていきたい人】

やはり婚約指輪は女性の憧れの象徴でもあるので、もらえたら心が浮き立ち、幸せの絶頂のような気分になります。どうせだったらずっと身に着けて、婚約した喜びを存分に感じたいという人も多いにではないでしょうか。

婚約指輪を職場でも着けていきたい人の意見としては、「婚約指輪は結婚前の婚約期間にしか着けられないものだから、今着けないくてはもったいない!」と感じる人。

他にも、「仕事中も指輪が目に入ると嬉しくなって、やる気が出る!」という人や、「彼からもらった大切な指輪だから、なるべくしまわずに身につけておきたい!」という意見が見られました。

せっかくの一生に一度の贈り物だから、職場でも身に着けるのは当然と思ってもおかしくはないですね。

【職場に婚約指輪を着けていきたくない人】

反対に職場には婚約指輪は着けていきたくないという人も多いです。

理由としては、「上司も先輩も年配の方が多くて、職場で華やかな装いをする必要はない!」という人や、「指輪をぶつけたりしたら大変だなあと思って着けていきたくない!」という意見が見られました。

また、「プライベートな話題で悪目立ちしたくない!」という人も多く、仕事場で彼氏とのことなどいろいろと聞かれるのは確かに面倒ですね。

相手はコミュニケーションのつもりかもしれませんが、ストレスだと感じる人も多いと思うので、そういう人は着用していかない方がいいと感じるでしょう。

実際には婚約指輪を職場に着けていかない人の方が多い

実際のデータとしては、婚約指輪を職場に着けていく人の割合は3割~4割ほどだそうで、6割~7割の多数派は着けていっていないということになります。

やはりその理由としては、「婚約指輪は派手過ぎるから誰も着けていなかったから着けない」という人や、「いろいろとルールとか人間関係とか面倒だから着けない」という人が多いようです。

確かに、そこまで無理して着けていかなくても、減るものでもなければ、婚約指輪は結婚してからでもずっと着けることはできます。

職場のほとんどの人が着けているような雰囲気なら話は別ですが、そういった職場は世間一般では少ないでしょう。何か少しでも迷いがあるのでしたら、着けていかなくてよいと思います。

職場が無理ならどういうシーンで婚約指輪を着けていくのか?

婚約指輪を職場に着けていく人が少ないことがわかりましたが、一体どこに着けていくのが正解なんでしょうか?その例として挙げられる場所を紹介しましょう。

【冠婚葬祭・様々なパーティー】

結婚式や同窓会、入学式や卒業式などのドレスなどで着飾ったりするシーンなら、婚約指輪を着用していくのにぴったりです。ダイヤモンドが輝く婚約指輪は、自分の服装により華やかさをプラスしてくれます。

簡単な誕生日パーティーなど、友達や家族との集いで着用するのもいいでしょう。ただ、葬儀の場でや法事では、婚約指輪の着用は相応しくないので控えるようにしましょう。

【彼氏とのデート・旅行】

職場で無理な分、せっかくの彼氏にもらったプレゼントなので、デートなどでは大いに活用していきましょう。贈られたものを身に着けることで、その喜びや愛情を彼氏に伝えることもできます。

彼氏とのデートや旅行などに積極的に着けていくと、男性側もあげた甲斐があって嬉しくなるでしょう。ただ、旅行などに着けていく場合は注意が必要です。

単純に見失ってしまう人や、国によってはスリが多発している国もあるので、紛失してしまうケースも少なくないです。婚約指輪を海外で失くした場合、戻ってこないことが多いので、安全な国を選ぶか、着けていかないことをおすすめします。

職場にも着けていける婚約指輪のデザイン

婚約指輪を職場に着けていきたいという人には、職場でも邪魔にならないようなデザインのものを選ばれるとよいでしょう。婚約指輪には沢山の種類があり、「ソリティア」「エタニティ」「パヴェ」「メレ」といった種類があります。

その中でも、職場にいるときのファッションに馴染むような邪魔にならないデザインの婚約指輪を選びましょう。

どういった服装で普段働いているのか、使用感や着け心地が良いのか、などを考慮して選び、お店の人に相談に乗ってもらうのもいいかもしれません。

例えば、「ソリティア」の婚約指輪であれば、そこまでダイヤモンドが目立ち過ぎない、出っ張りが少ないようなものが良いでしょう。「エタニティ」タイプであれば、「ハーフエタニティ」タイプをおすすめします。

「フルエタニティ」タイプだとリングに途切れることなくダイヤモンドが埋め込められているので、ゴージャスな印象を与えますが、ハーフエタニティだと、半周だけに埋め込まれているので、手のひら側にするとシンプルなデザインに見えます。

華やかでもあり、シンプルにもなれるハーフエタニティなら、職場などTPOにも合わせた対応ができます。

職場にも着けていけるようなおすすめの婚約指輪

職場でも婚約指輪を着けていきたい人の為に、おすすめのデザインを見ていきましょう。仕事の邪魔にならないような「普段使いのしやすい婚約指輪」、目立ちすぎない「結婚指輪と重ねづけしやすい婚約指輪」を紹介していきます。

「普段使いのしやすい婚約指輪」

【Concerto-協調-】

価格:¥235,000~
ライン:ストレート
デザイン:ソリティア(立て爪)、透かし
テイスト:アンティーク、キュート、シンプル
商品説明

王冠の石座に輝くダイヤモンドがセットされた特別な婚約指輪です。ソリティアタイプでも一番人気の「Concerto-協調-」は、6本爪のストレートラインのシンプルな婚約指輪です。

サイドから見ると王冠の石座が見え、表情を変えてくれます。普段はシンプルに使って頂き、ふとした瞬間に細やかなデザインに見とれてしまいそう。シンプルだけど細かい個所にこだわりました。

程よい華奢なイメージの腕で左手の薬指をスッキリまとめ、結婚指輪との重ねづけや一本でシンプルにお使い頂いても素敵。色々なシーンにお使い頂けるので活躍の場も増えそう。

シンプルな甲丸ストレートと重ねて着けると、王冠の石座が、ひょっこり顔をのぞかせ楽しませてくれます。サイドも透かしになっているので重たくならずスッキリしてころんとまるいシルエットが可愛らしいです。

スッキリしたデザインで遊び心にあふれた婚約指輪。王冠のようなモチーフなのでお好みでゴールドの地金でお作りしても、アンティークな雰囲気に変化し日常使いもしやすいので、職場にも着けていきやすいデザインです。

【Narciso-スイセン-】

価格:¥256,800~
ライン:ウェーブ
デザイン:サイドメレ, 埋込み(爪なし)
テイスト:エレガント, カッコいい, シンプル
商品説明

両サイドの腕が中石を取り巻く爪のないタイプの婚約指輪です。花言葉は「神秘」「心づかい」という意味があり、両サイドの柔らかな腕で優しくダイヤを包み込んだようなデザインです。

なめらかなカーブが左手の薬指にフィットして優しい印象を与えてくれます。どんなお洋服にも合わせやすく、色々なシーンにご活用いただけます。

爪のないタイプなので引っかかりもないのが特徴的で、職場に着けていっても邪魔にならないのではないでしょうか。

シンプルで柔らかなラインが左手の薬指にフィットして、優しい指元を演出してくれます。幅広になりすぎないほどよいボリューム感で、一本でも馴染みのよい着け心地の婚約指輪です。

「結婚指輪と重ねづけしやすい婚約指輪」

【Pans-パンジー-】

価格:¥235,000~
ライン:ウェーブ
デザイン:ソリティア(立て爪)
テイスト:エレガント, キュート, シンプル
商品説明

まるで1輪の花を身に着けているかのような印象の婚約指輪です。花言葉は「純愛」「楽しい思い」「私を思ってください」という意味を持ちます。

ウェーブラインのシンプルなソリティアタイプで、可憐なウェーブラインにお花が咲いたような可愛らしいデザインで、絶妙なバランスでお花の形を表現し、花びらを強調しすぎず、シンプルにまとめています。

どんな年代の女性にも楽しんで頂けるようなデザインの婚約指輪で、結婚指輪との重ねづけにも最適です。様々なリングに合うように出来る限りシンプルに仕上げているので、職場に重ねづけしていくのにもピッタリの婚約指輪です。

【Neige-雪-】

価格:¥244,200~
ライン:Vライン
デザイン:サイドメレ
テイスト:キュート, シンプル
商品説明

緩やかなVラインの中心に輝くセンターダイヤに、2粒のメレダイヤが花をそえる、可憐な印象の婚約指輪です。まばゆい光を放つダイヤモンドと『雪』の華のように凛としたフォルム。

センターストーンの両サイドには0.014ctのメレダイヤを配置し、V字ラインの対照的な形を際立たせています。サイドのメレダイヤのカラーを

アレンジできますので、大切な方のイメージやご自身の好きな色など、思い思いのリングに仕上げることが可能です。ゆるやかなVラインなので薬指をすっきり見せてくれて、優しい印象を与えます。

腕は中央に向かって細く絞られ、自然とダイヤモンドの大きさが際立ちバランスがとれた形です。シンプルかつアレンジも楽しんで頂ける婚約指輪は、職場への重ねづけにもピッタリです。

アトリエミラネーゼではオーダーメイドでも婚約指輪をお作りいただけます

「アトリエミラネーゼ」なら、オーダーメイドの婚約指輪と結婚指輪を数多く取り揃えております。最高の品質にこだわった指輪は、素材から着け心地、アフターサービスまで、指輪へのこだわりはオーダーメイド専門店だからこそです。

世界でひとつの指輪を、最愛の人と共にオーダーいただけます。オーダーメイドなら、色んな選択肢から選ぶことができ、「素材」「サイズ」「ダイヤモンドの種類)」「ダイヤモンドのカラー」「刻印の有無」「誕生石の有無」などが、自分好みの選択で婚約指輪を作ることができます。

アイディア豊富なデザイナーが提案するオーダーメイドの婚約指輪は、見つめる度に幸せな気分になれる、あなただけの世界でひとつのデザインです。

また、アトリエミラネーゼのリングは熟練の職人の手仕事により、すべるようなやわらかい指当たりの着け心地を感じて頂けます。国内の工房にて、熟練の職人の手によりひとつひとつ丁寧に創り上げられるアトリエミラネーゼの婚約指輪。

一粒一粒、輝きを損なうことのないよう丁寧にセッティングされたダイヤ、素材の魅力を最大限に引き出す磨き加工、肌に触れる内側の面を丸く仕上げことで、違和感なく着けて頂ける心地よいフィット感が生まれています。

お客様の目線になって永くご愛用頂けるリングを心を込めて制作しており、一般的なリングに比べ、着け外しの際もなめらかで、指の曲げ伸ばしも圧迫感なく快適です。

アトリエミラネーゼでは、それぞれのお客様に合った指輪選びのお手伝いもさせていただいております。婚約指輪・結婚指輪選びに迷っている方は、ぜひ一度アトリエミラネーゼへご相談くださいませ。

まとめ

職場に婚約指輪は着けていく場合は、その職場の仕事内容やルールをしっかりと理解したうえで着けていきましょう。

それぞれの仕事には、それに見合った服装があり、業務に支障をきたすようなものを身に着けるのは、社会人としていけませんよね。

また、その職場の雰囲気や、他の人への気遣いも大事です。社会人としてTPOをわきまえて、自分の職場の空気感や先輩の意見なども参考にし、婚約指輪を職場に着けていくようにしましょう。