リングの裏側には、ほとんどの場合、名前や日付、メッセージなどの刻印を入れることが可能です。中でも、婚約指輪の場合は、「結婚を約束する証」や「2人の愛の絆」としての役割があり、刻印を入れることで特別感が増すことから、刻印の内容にこだわるカップルは少なくありません。

しかし、いざ刻印を入れようとした時、何を刻印したらいいか分からない、どこでどのようにオーダーしたらいいのか検討もつかない……と、悩んでしまう人もいるでしょう。

そこで今回は、婚約指輪に入れる刻印について、ジュエリー専門店アトリエミラネーゼのスタッフに話を聞きました。

婚約指輪におすすめの刻印や刻印をオーダーする際の手順などについても詳しく説明させていただきますので、婚約指輪に刻印を入れたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

教えて! 婚約指輪に刻印を入れる理由

婚約指輪や結婚指輪の裏側には刻印を入れるのが一般的ですが、そもそも、どうして刻印を入れるようになったのか理由が気になるという人もいるでしょう。

古代ローマでは、商取引が成立した際に、リングを交換するという風習がありました。リングを贈るのは「約束」を意味する行為とされ、当時は、何の飾りもない鉄の輪が交換されていたと言われています。

その後、結婚の約束を公に誓うものとして、男性が女性に婚約指輪を贈るという習慣が生まれました。当時の婚約指輪は、商取引の時と同様の鉄の輪が使用されていましたが、後に、愛と称賛のメッセージを刻んだり、キューピッドや相手のイニシャルなどを刻印したりした婚約指輪が登場してきます。

このように、刻印が入れられた婚約指輪は「ポウジーリング」と呼ばれ、婚約指輪に刻印を入れるようになった起源と言われています。ポウジーリングの「ポウジー」とは、リングの裏側に刻む「銘(メイ)」のことで、言葉を添える理由は、「耳には記憶が宿る」と信じられていたからだそうです。

そこから時代は移り変わり、現代では様々な刻印が入れられるようになりましたが、婚約指輪に刻印を入れる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。実際に婚約指輪に刻印を入れたという先輩たちに、その理由について詳しい話を聞きました。

理由①:2人の絆を強固にするために

『2人の絆を強固にするために、「絆」という文字を婚約指輪に刻印しました。この刻印には、「結婚後、何があったとしても、お互いの結び付きが絶たれないように」と、願掛けの意味も込めています』(20代・男性)

理由②:婚約指輪に特別感を出すために

『当初から“世界に一つだけの婚約指輪”に憧れがあり、サプライズでプレゼントしたいと思っていたのですが……自分にはオーダーメイドするまでの金銭的な余裕はなく、海外のブランドショップで既製品の婚約指輪を選ぶことにしました。でも、刻印しただけで、既製品の婚約指輪が唯一無二の存在になり、特別感が増しました』(30代・男性)

理由③:記念日を忘れないようにするために

『結婚記念日を忘れないようにするために、婚約指輪に日付を刻印しました。以前、うっかり誕生日を忘れてしまったことがあり、妻にこってり叱られたことがあるので……。婚約指輪に日付が刻印されていれば結婚記念日を忘れることがないし、万が一忘れたとしても、妻に聞かずに済むので安心です』(30代・男性)

理由④:婚約への意思表明として

『結婚を誓うための、婚約の意思表明として、婚約指輪に刻印を入れてもらいました。プロポーズの言葉は真剣に考えたのですが、口に出して言うのは恥ずかしかったので……刻印で伝えるくらいがちょうどよかったというのも、刻印を入れた理由の1つです』(20代・男性)

理由⑤:紛失した際に見つかりやすい

『婚約指輪を購入した先輩から、刻印を入れておいた方が紛失した際に見つかりやすいと聞いていたので、自分も婚約指輪を購入した際に、刻印を入れてもらいました。自分が購入したのはブランドの既製品の婚約指輪なので、紛失してしまった場合、指にぴったりはまったとしても、刻印がなければ自分の物として証明できない……なんてことになったら困ると思ったからです』(20代・男性)

教えて! 婚約指輪に入れるおすすめの刻印

婚約指輪に刻印を入れる理由がお分かりいただけたことで、どのような刻印を入れればいいのか、大体の目安が付いたのではないでしょうか。

最近では、お二人のイニシャルや結婚記念日以外に、様々なメッセージを刻印するカップルもたくさんいらっしゃいます。お二人の結婚を記念し、絆を深める婚約指輪だからこそ、刻印の内容にもこだわりたいものですよね。

次は、婚約指輪に入れるおすすめの刻印について、具体例をご紹介させていただきます。

刻印に入れられるのは数字やアルファベット、「♡」などのマークが一般的ですが、ブランドによってはアルファベットの書体が選べたり、レーザー彫刻を行っているショップではお好みのモチーフやオリジナルのイラスト、漢字などを入れたりすることもできます。

順を追ってご説明させていただきますので、婚約指輪に入れる刻印を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの刻印①:名前、イニシャル

婚約指輪に入れる刻印で定番人気なのが、名前やイニシャルです。お二人の名前やイニシャルが刻印された婚約指輪は、お二人にとって特別なものとなるでしょう。

以下、名前やイニシャルを入れる際の、お勧めの刻印例をご紹介させていただきます。

A to B(AからBへ)

「A」や「B」は名前を入れるのが一般的ですが、刻印を入れられる文字数が限定されている場合は、お互いのイニシャルを入れましょう。

A with B(AはBと共に)

こちらも、上記と同様に、「A」や「B」は名前を入れるのが一般的ですが、刻印を入れられる文字数が限定されている場合は、お互いのイニシャルを入れましょう。

「with」の部分は「&」に代えたり、「♡」や「×」、「+」や「∞(無限)」などにしたりするのもお勧めです。

from A(Aより)

「A」の部分には、プレゼントした男性の名前、もしくは、イニシャルを入れます。

dear B(親愛なるBへ)

「B」の部分には、プレゼントする女性の名前、もしくは、イニシャルを入れます。

おすすめの刻印②:日付

婚約指輪に、結婚記念日や入籍した日、子どもが生まれた日などの日付を刻印するのも定番で人気があります。婚約指輪に刻印を入れる理由でもご説明させていただいた通り、婚約指輪に日付を刻印しておけば、大切な記念日を忘れることもありません。

最近では、結婚披露宴をせずに役所に婚姻届を提出するだけで済ませる“ナシ婚”をするカップルや、授かり婚で入籍日と結婚披露宴が前後するというようなカップルも多く、思い入れのある日付を刻印するカップルはたくさんいらっしゃいます。

毎年、刻印された“お二人の記念日”に思いを馳せ、共に時を刻んでいくのは何ともロマンチックですね。

2020.11.22(西暦2020年11月22日)

刻印するスペースが限られている場合は、シンプルに日付を入れるのがお勧めです。一番文字数が少なく済み、スペースを有効活用できます。

November 11th, 2020(西暦2020年11月22日/アメリカ式)

「月」を英表記するのはオシャレですが、月によってはスペルが長くなる場合もあります。刻印が入り切らなくなるというデメリットもありますので、スペースが限られている場合は注意が必要です。

11 November 2020(西暦2020年11月22日/イギリス式)

同じく「月」を英表記したものですが、イギリス式の方がアメリカ式よりも文字数を減らすことができます。

おすすめの刻印③:愛を誓う英単語

愛の誓いを英語で刻印するのもお勧めです。日本語ではなかなか伝えることができなかったり、文字にすると恥ずかしかったりするような言葉も、英語を使うことでおしゃれな雰囲気になり、刻印しやすくなります。

5文字以下

LOVE(愛)、HAPPY(幸せ)などは、文字数が少なく、また、愛を誓うのに最適な英単語になります。

10文字以下

Eternity(永遠)、Beloved(最愛の人)、Destiny(運命)などの英単語は、お二人の絆をより一層深めてくれることでしょう。

おすすめの刻印④:愛を誓う英文

刻印を入れるスペースに余裕のある方は、愛を誓う英文を入れてみてはいかがでしょうか。名前やイニシャル、日付などの一緒に刻印することで、グッと特別感が増します。

15文字以下

「One Love」(1つの愛)、「with LOVE」(愛を込めて)、「True Love」(真実の愛)、「Eternal Love」(永遠の愛)、「My Sweet Heart」(私の愛する人)、「Stay with me」(私のそばにいて)、「Always with you」(いつもあなたのそばに)、「Yours Forever」(永遠にあなたのもの)、「Love Forever」(愛は永遠に)のように、短い英文でも想いを伝えることができます。

この他、ご自身でオリジナルの英文を考えたいという場合は、短い文章でその全体を端的に説明している、曲や映画のタイトルが参考になります。

20文字以下

「Forever And Ever」(永遠にいつまでも)、「My Heart is Yours」(私の心はあなたのもの)、「You’re the one」(君しかいない)、「Heart to heart」(心を込めて)、「Forever in LOVE」(永遠に愛しています)など、英文にはロマンチックな表現が数多くあります。

この他、お二人だけの特別なメッセージを刻印したいという方は、英語の歌詞や洋画のセリフが参考になります。

おすすめの刻印⑤:英語の名言や格言

その他、婚約指輪の刻印としておすすめの英語の名言や格言をご紹介させていただきます。女性ファンが多い映画の名言や女性の心を打つ格言を集めましたので、刻印でご自身の気持ちを表現したいと考えている男性は、ぜひ参考にしてみてください。

「I love thee」(あなたに愛を込めて)

映画「ロミオ+ジュリエット」で、ロミオがジュリエットにはめた指輪の裏側に入れられていた刻印です。「Thee」は「You」の古語で、「I love you」と同じ意味になりますが、「Thee」に変えるだけで周囲との差別化ができ、グッとオシャレな印象になります。

「Me and you, just us two.」(あなたと私の2人きり)

映画「SEX AND THE CITY 2」で、主人公のキャリー・ブラッドショーが夫のミスター・ビッグに、結婚記念日のプレゼントとして渡したロレックスの腕時計の裏側に刻印されていたメッセージです。

お二人の結婚を象徴する、何とも素敵なメッセージではないでしょうか。

「Love Is Enough」(愛は十分にある)

19世紀の詩人ウィリアム・モリス作の詩のタイトルで、この詩では、「たとえ世界が終わりに近づいたとしても愛は十分にある」と書かれています。「空は暗く、海が深い闇に閉ざされたとしても、愛する者同士の手は震えないし、歩みはひるまない」とも。

ウィリアム・モリスは詩人としてはもちろん、デザイナーとしても有名で、2018年にファッションブランド「H&M」とのコラボレーション「Morris&Co×H&M」を発表しており、女性に人気があります。

彼の残した「アート&クラフト」の精神は、現代にも引き継がれ、世界中の人々に不変の愛と美しさを届けています。

おすすめの刻印⑥:モチーフやイラスト

レーザー彫刻を行っているショップでは、お好みのモチーフやオリジナルのイラストなど、ご希望のデザインの刻印を入れることができます。お客様の中には、代々受け継がれている家紋を入れたり、誕生花のイラストを描かれたりする方もいらっしゃいます。

ショップによっては、具体的な絵柄は決まっていなくても、イメージを伝えるだけでオーダーメイドの刻印を作成してくれるお店もあります。刻印にこだわりたいという方は、ぜひ検討してみてください。

おすすめの刻印⑦:漢字

レーザー彫刻を行っているショップでは、漢字、ひらがなやカタカタの刻印もオーダーすることができます。漢字には、それ一文字だけでも強いメッセージを伝えられるものがあります。また、四文字熟語を使えば、より深い意味を込めることができますので、以下、いくつか具体例をご紹介させていただきます。

漢字一文字

「愛」「絆」「縁」「慈」などは、漢字一文字に強いメッセージ性があり、刻印にお勧めです。シンプルに漢字一文字を刻印するのは粋で、男らしさを感じさせます。

四文字熟語

「慈悲喜捨(じひきしゃ)」は、サンスクリット語が語源になっており、お釈迦様が人間関係について語られたと言われるお言葉です。「慈」は「友愛」、「悲」は「同情」、「喜」は「喜び」、「捨」は「平静」や「中立」を意味しています。結婚すれば、苦楽を夫婦で共にすることになります。結婚後の長い人生、「慈悲喜捨」の気持ちを持って相手を大切にし、慈しみたいものですね。

「相思相愛(そうしそうあい)」は、お互いに慕い合い、愛し合うことを意味し、結婚するカップルに最適な刻印と言っても過言ではないでしょう。婚約後、結婚してから何十年と経とうとも、「相思相愛」の気持ちを忘れないようにしたいものです。

「比翼連理(ひよくれんり)」は、男女が互い固くちぎり合うことを意味し、婚約指輪にふさわしい刻印と言えます。夫婦の深い結び付きを象徴する「比翼連理」は、お二人の絆をより一層強くしてくれることでしょう。

おすすめの刻印⑧:直筆のメッセージ

婚約指輪には、専用の道具を使って、ご自身で直筆のメッセージを入れることもできます。刻印する内容は定番のメッセージだとしても、ご自身で刻むことでハンドメイドならではのぬくもりがプラスされ、より一層想いが深まるのではないでしょうか。

刻印を直筆で入れる場合は、その制作工程も良い思い出になります。「上手く書けるか不安」という方は、デザイナーがアシストしてくれるショップもありますので、ぜひ活用してみてください。

婚約指輪の刻印をオーダーする手順

最後に、婚約指輪の刻印をオーダーする手順をご紹介させていただきます。

婚約指輪の刻印は、入れたが最後、すぐに修正できるものではありません。また、入れたい刻印の内容によっては、婚約指輪そのものを選び直さなければならなくなることもあります。

順を追って詳しくご説明させていただきますので、婚約指輪に刻印を入れたいと思っている方は、事前によく確認してみてください。

手順①:婚約指輪を購入する店舗で刻印が可能かどうかを確認する

婚約指輪に刻印を入れるサービスは、婚約指輪を販売している全てのショップで行っているとは限りません。中には刻印のサービスには対応していないショップもありますので、婚約指輪に刻印を入れたいと思っている方は、婚約指輪を購入する前に、刻印が可能かどうかを確認しましょう。

最初から入れたい刻印が決まっている場合は、目星をつけている婚約指輪に、希望通りの刻印を入れられるかどうかまで確認しておいた方が安心です。婚約指輪によっては、入れられる刻印の種類やデザイン、文字数が限られている場合もありますので、注意が必要です。

手順②:入れられる刻印の種類を確認する

最近は、レーザーで自由な刻印を印字することができる「レーザー刻印」が人気ですが、婚約指輪を販売しているショップによっては、文字の入った工具を使って打刻する「手打ち刻印」しか行っていないショップもあり、刻印できる内容が限定されていることもあります。

手打ち刻印の場合は、アルファベットや数字、カンマやピリオドなどの単純な記号しか刻印できないため、希望通りのデザインが入れられないこともあります。

刻印サービスの有無を確認する際には、入れられる刻印の種類についても併せて確認しておきましょう。

手順③:刻印の制作期間を確認する

工房が隣接しているジュエリー専門店で婚約指輪を購入し、簡単な刻印をお願いするのであれば、その場で刻印を入れて貰うことも可能です。しかし、一般的な販売店では、婚約指輪に刻印を入れる場合、オーダー後に工房に持ち込むため、制作期間は2~3週間を要することもあります。また、婚約指輪本体も併せてオーダーする場合は、更に数ヶ月かかる場合もあります。

婚約指輪に刻印を入れる場合は制作期間を事前に確認し、結納や結婚式などの必要な時に間に合うように、時間に余裕を持ってオーダーするようにしましょう。

手順④:入れられる刻印の文字数を確認する

リングの裏側には、貴金属の種類(プラチナの場合はPt950など)、ダイヤモンドのカラット数(0.3ctなど)、ブランドロゴなど、必須で入れなければならない刻印というものがあります。これらを入れた上で、残りのスペースに希望の刻印を入れることになるので、入れられる刻印の文字数には制約が出てくることもあります。

また、指輪のサイズが小さいほど刻印できる文字数は少なくなりますし、婚約指輪のデザイン次第では、刻印を入れるスペースがごくわずかしかないものもあります。

婚約指輪の場合は、ダイヤモンドの輝きをより美しく見せるために、リングの裏側に光を通す穴が空いています。こうした部分には刻印を入れることができないため、フルエタニティリングのようにリングの全周にダイヤモンドが敷き詰められているようなデザインの婚約指輪の場合、そもそもの刻印を入れるスペースがないということもあります。

その他、リング幅が細い(2.0mm~2.5mm)の婚約指輪の場合も、リングが細すぎて刻印を入れられないケースがありますので、注意が必要です。

これらの理由から、刻印したい内容が決まっている場合は、選ぶ婚約指輪にも制限が出てきます。婚約指輪を選ぶ際には、その指輪本体に入れられる刻印の文字数をきちんと確認しておきましょう。

手順⑤:サイズ調整リスクも考慮して

婚約指輪をサプライズでプレゼントする場合は、婚約指輪のサイズが指のサイズと合わないこともあります。このような場合は、後日、サイズ調整をしなければなりませんので、刻印を入れるのは、婚約指輪のサイズが確定してからの方が安心です。

サイズ調整で婚約指輪のサイズを小さくする場合は、せっかく入れた刻印が途切れてしまう可能性があります。また、婚約指輪のサイズを大きくする場合は、刻印が伸び、デザインが崩れてしまう可能性もあるからです。

浅い刻印であれば、刻印を消した後に再度入れ直すこともできますが、余計な費用や時間もかかってしまいます。また、刻印を削った分、リング自体が若干細くなり、リングの内径が少し大きくなってしまいますので、注意が必要です。

手順⑥:スペルや意味など、刻印内容の最終チェックも忘れずに

刻印を英語でオーダーする場合は、スペルが間違っていないか、英文の意味がおかしくないか、最終チェックも忘れずに行いましょう。刻印では、使い慣れていない英語を入れられる方もたくさんいらっしゃいますが、日本語に訳すとおかしい場合もあります。

特に、日付の順序(アメリカ式はmonth、day、yearの順で、イギリス式はday、month、yearの順になります)と、名前の順序(「A to B」は「AからBへ」という意味になります)は間違えやすいので、気を付けましょう。

手順⑦:刻印の追加や修正は応相談

婚約指輪を購入後、入籍した後に結婚記念日を追加したり、お子様の誕生に合わせてメッセージを追加したりしたいというお客様もいらっしゃいます。

このように、刻印を追加する場合は、スペースさえ残っていれば入れてもらうことができます。刻印のバランスが崩れないように、婚約指輪の刻印を入れてもらったショップに相談してみてください。

また、刻印の内容を修正したいという場合も、前述の通り、刻印を削ることで対応が可能です。刻印を削った分、婚約指輪の内径が多少大きくなるというリスクは伴いますが、必要に応じて、婚約指輪の刻印を入れてもらったショップに相談してみてください。

刻印を入れて“世界に一つだけ”の婚約指輪に

婚約指輪に刻印を入れることで、プロポーズする男性から女性に対するお気持ち、お二人の想いなどを込めることができます。婚約指輪を外した時、リングの裏側の刻印を見た際に、婚約した当初の気持ちを思い出したり、愛を確信して力が湧いたりすることもあるでしょう。

婚約指輪は一生モノのアイテムだからこそ、刻印を入れて“世界に一つだけ”の婚約指輪にしませんか。刻印は、婚約指輪の裏側に入れるものですので、誰からも知られることなく、お二人でお気持ちを共有することができます。お二人にとって特別なメッセージを刻印として入れれば、お二人の絆を更に深めてくれることでしょう。

婚約指輪の刻印のご相談はアトリエミラネーゼへ

婚約指輪の刻印をご検討中の方は、ぜひ、アトリエミラネーゼにお越しくださいませ。

アトリエミラネーゼでは、既製品はもちろん、フルオーダーメイドやセミオーダーメイドまで様々なタイプの婚約指輪をご用意しております。ベテランのスタッフが、ご希望の刻印に合わせて、最適な婚約指輪をご提案させていただきます。

婚約指輪に入れる刻印が決まっていない、どのような刻印を入れたらいいか分からないという方も、お気軽にご相談くださいませ。

皆様のお越しを、アトリエミラネーゼのスタッフ一同でお待ちしております。