「婚約指輪をもらったらお返しをする」という風習があることを皆さんはご存知でしょうか。多くの女性が憧れる婚約指輪ですが、これに対して男性側にも女性からお返しを贈ることはあまり知られていません。

婚約指輪のお返しとは一体どういう意味を持つのでしょう。そして、「せっかくなら男性の欲しいものをチョイスしたいけれど、そのギフトはどう決めればいいのか」について、分かりやすく解説します。

婚約指輪は婚約記念品という考え方

婚約指輪はプロポーズの際に男性が女性に贈る最も一般的な贈り物として知られています。ですが、この婚約指輪は、実は「婚約記念品」の意味を持っているのです。「婚約記念品」と聞いてもあまりピンとこない方もいるでしょう。ここで婚約記念品について説明します。

婚約記念品とは?

婚約記念品とは、婚約を記念して贈る贈り物のことです。その中でも、最も一般的なものとして婚約指輪が挙げられます。そして、婚約記念品は、婚約を正式なものとする「結納」の儀をする際に、男性から女性へ贈るギフトのことを意味します。

結納とは?

結納とは、結婚の約束を公のものにするために行う、日本独特の儀式のことです。結納をすることで、口約束だけではなく、正式に結婚の約束が取り交わされるものとされています。結納は、古くから伝わる結婚にかかわる大切なイベントです。

結納の際には、両家の間で金品を取り交わすことで、婚約と確かなものにするのですが、この際に必要なのが婚約記念品となるのです。

結納の風習は今でも根強く残っているものの、これを略式化するケースがとても多くなっています。それに伴い、結納をせず、両家の顔合わせのみを行うカップルが今では大多数を占めます。

結納をしない場合も婚約記念品は贈るケースが多い

結納を行わないケースが多いとなれば、婚約記念品も不要になるかと思いきや、そうではありません。結納をせず、簡単に両家の顔合わせのみを行うケースにおいても、婚約記念品は贈るというのが一般的です。というよりも、婚約記念品として婚約指輪を贈るケースが多いため、結果的に「婚約記念品を贈る」人たちの割合が高くなるのです。

贈る側の男性の心理としては、「婚約記念品を贈らなければいけないから、婚約指輪を買おう」というよりも、「プロポーズするんだから婚約指輪は必要だ」という思いで指輪を購入する場合が圧倒的に多いです。

婚約指輪のお返し「返礼品」の意味とは

今回のテーマである、婚約指輪のお返しについて解説しましょう。婚約指輪のお返しとして女性から男性に贈るギフトのことを「返礼品」と言います。

婚約記念品として婚約指輪を贈るケースが圧倒的に多いとは前述のとおりですが、この婚約記念品は別名「結納品」とも言われます。結納品は結納を行う際に、男性から女性へ「よろしくお願いします」の意味を込めて贈られるギフトのことです。

そして、ここで終わらないのが結納です。結納品を受け取る側の女性は、男性に対して「こちらこそよろしくお願いします」という意味を込めて、お返しのギフトを贈ります。これが結納返しと呼ばれるもので、このときに贈られるお返しギフトは「返礼品」とも呼ばれます。

最近では結納を行わなかったり、行う場合でも簡略化するケースが多かったりと、時代の流れを受けて傾向は変わりつつあります。しかし、結納品と返礼品に関しては、その名残を受け今もなお実施されていることが多いと言えます。

彼が何にも言わないけれど「お返し」をするかどうかはどう決めるの?

あなたがもしすでに今、婚約指輪を受け取っているとします。そして、そのお返しに関して彼の方が全く何も口にしないとすれば、「お返しってするべきなのかしら」と悩んでしまうでしょう。この場合、お返しをするのかどうかはどう判断することができるか、ここでその方法を紹介します。

方法①両家の両親が結納についてどう考えているのかを確認する

とても重要なこととして必ず覚えておいていただきたいのがこちらです。結納に関して両家の両親がどう思っているのか、それぞれの意向を確認することは非常に重要です。

なぜなら、結納は今正式なかたちでは行われていないケースが大多数を占めるとは言え、中には結婚する場合において「結納をしない」のはあり得ないと考えている親御様世代は確実にいるからです。結婚する本人が結納に対して特に強い思いがないとしても、両親共にそうである保証はありません。

そして、仮に両親が「結納はしておくべきだ」と考えているとすれば、必然的に婚約記念品の贈呈が行われます。婚約指輪を受け取った女性側からも、男性側へお返しのギフトを返礼品として準備する必要があるでしょう。

方法②彼に直接「婚約指輪のお返し、欲しい?」と聞いてみる

両親が特に結納にこだわっておらず、「両家の顔合わせだけでいいのでは」と考えているようであれば、お返しをするか否かは本人たちの決めることです。

このときに、女性の多くが、「婚約指輪のお返しがいるかどうかなんて聞きづらい」と感じてしまうようです。確かに、効果な婚約指輪をもらった後に、「で、お返しって欲しい?」と聞くのもなんだか気まずいですし、聞きづらいと感じるのも当然です。

ですが、彼に直接はっきり聞くことには、メリットがあります。婚約指輪のお返しギフトとなると、価格的にもそれなりに高価なプレゼントになるでしょう。もしかすると、彼の方は「お返しなんていらないし、むしろハネムーンの費用に回したい」と思っているかもしれません。または、「新居に大きなテレビが欲しいし、その資金にしたい」と思う可能性もあります。

男性の中には、高価な装飾品などにこだわりがなく、実用的なものを欲しいと感じる人も多くいます。せっかく高価なお返しギフトを購入しても、「別にいらなかったのに」と思われてしまっては元も子もありません。直接確認し、彼の希望を聞きましょう。

婚約指輪のお返しを贈っているのは全体の約半数以下

リクルート総研結婚トレンド調査2019の調べによると、婚約記念品のお返しをしている割合は42.6%です。半数にも満たない数字ですね。つまり、婚約指輪をもらっても女性側が特にお返しをしていないケースは、至って一般的であることがわかります。

中には、彼に直接婚約指輪のお返しが欲しいかを尋ねても、「いやいらないよ」と言われてしまい、そこからどうすれば良いか分からず悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。「いらないと言われても、本当にお返ししなくていいのかな」と気になってしまうものです。ですが、世間一般的に、半数以上の人たちがお返しをしなかった統計結果を見れば、「必ずしなければならないものではない」ということがお分かりいただけるかと思います。

婚約指輪のお返しをする場合の予算はどう決める?

婚約指輪のお返しをすると決めたとしたら、次に気になるのが「予算」ではないでしょうか。婚約指輪は高価な指輪です。指輪によって金額はかなり違うとは言え、婚約指輪の平均予算が35万程度だと考えると、それに見合うお返しギフトにはどれほどのものを選べばいいのか難しいところです。

一般的には、「婚約指輪に対して、その半額ほどの価値のある贈り物をお返しギフトに選ぶ」と言われています。これが「半返し」と言われるものです。ただ、世間の女性たちが、実際に婚約指輪の半額ほどの予算をかけて返礼品を贈っているかと言えば、そうでもないことが分かります。

「お返し」の平均費用は13.6万円

婚約指輪のお返しギフトを贈る際にかける費用の平均は、13.6万円です(リクルート総研結婚トレンド調査2019調べ)。婚約指輪の平均相場が35万円ほどと考えると、その半額よりも低めの価格でお返しギフトが選ばれていることが分かります。

参考までにお伝えすると、4万円から6万円のギフトをチョイスするケースは全体の15%となっており、この数字も決して少なくありません。結論、お返しギフトの予算は無理して婚約指輪の半額まで上げる必要はない、と考えて良いでしょう。

予算から考えず「彼の欲しいもの」をプレゼントする

「婚約指輪の半額が○万円だからそのくらいの金額で何が選べるかな・・」と悩むのではなく、ここはシンプルに彼本人の欲しいものをプレゼントするのが最も簡単でおすすめの方法です。

予算を考えると、お金のことばかりを考えてしまいます。婚約指輪のお返しをするのは、彼に喜んでもらえる「ずっと大事にしたい」と思えるようなアイテムです。そして、それが何なのかを知るのは彼本人しかいません。

サプライズでプレゼントするのも素敵な方法ではありますが、彼が本当に欲しいと思うものをプレゼントする方が、確実に彼に喜んでもらえるので安心です。

仮に、彼が欲しいものが、値段的に安くて婚約指輪の価格の3分の1くらいの品物だったとしても、深く考える必要はありません。予算よりも彼に喜んでもらうことを優先して考えましょう。

婚約指輪のお返しの定番アイテムベスト3を一挙紹介

彼が欲しいものをプレゼントするのがベストとは言え、婚約指輪のお返しに世の中の女性が何を選んでいるのかは知っておきたいところです。ここで、婚約指輪のお返しに最も選ばれている定番ギフトのベスト3を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

第1位 腕時計

男性に贈る婚約記念品として一番イメージが強いものとして「腕時計」を思い浮かべる人は多いと思います。実際に腕時計は、婚約指輪のお返しとして最も選ばれているアイテムです。

腕時計は普段から毎日のように身につけていられますし、それでいて良いものを一度手にすればその時計を長くこの先使い続けることができます。まさに一生ものの時計として何十年も使うケースもあるでしょう。

婚約指輪同様、腕時計もピンからキリまでさまざまな価格帯のものがあります。予算や彼の好みに合わせてちょうどいいものを選びやすいアイテムとも言えます。

第2位 スーツ

続いて人気の高いお返しギフトとして選ばれているのが「スーツ」です。スーツと言えば会社に通勤する際に毎日着用するものですが、婚約指輪のお返しに選ばれるのは、「日常的に着用するものよりもワンランク上のスーツ」です。

特に、「特別な場面や、フォーマルな場面で使用できる高級感のあるスーツ」は男性にとても喜ばれます。「以前から一着はいいスーツが欲しいと思ってはいたけれど、なかなか購入できずにいた」、という男性も多いので、婚約指輪のお返しとして素敵なスーツをプレゼントするのもおすすめです。

第3位 財布

婚約指輪のお返しによく選ばれるギフト第3位は、「財布」です。財布というと、なんだか「普通の誕生日プレゼントと変わらないみたいだけれど…」と思う女性もいるかもしれませんが、これも案外喜ばれるギフトです。

あまり高級ブランドにこだわりのない男性でも、財布は毎日使います。そして、質の良い財布は何年使っていても味が出てくるので、「ただ単に古くなる」ことがありません。

好きなブランドのある彼なら、そのブランドの財布をプレゼントするのが一番ですが、特にないようであれば、高級で良質な素材で作られている財布を選びましょう。毎日使える財布を選べば、「もらっても使い道がない」と思われるリスクもありません。

実用的なものが好きな彼ならパソコンやスマホもあり

婚約指輪のお返しギフトには、ブランドものの腕時計やスーツ、財布などの高級品をイメージすることが多いものの、必ずしもそうでなくてはいけないわけではありません。

彼がもしも「実用的なものの方が喜ぶ」タイプであれば、実用的なギフトを選ぶ方が彼もきっと喜んでくれるはずです。

日頃からパソコンをよく使用している彼なら、新型で高性能のパソコンが欲しいと思っているかもしれませんし、スマホを最新型のiPhone11proに変えたいと思っているかもしれません。

婚約指輪のお返しとして、それらの電化製品を選ぶことに抵抗を感じる女性も多いと思いますが、何が正解で不正解というものではないため自由に選んでみてください。

まとめ

婚約指輪にはお返しをする風習があることは理解いただけたかと思います。必ずしも必要ではない婚約指輪のお返しギフトですが、贈る場合には彼が喜んでくれるものをチョイスしたいですね。

今回は、世間の女性たちのうち、実際にどのくらいの人たちがお返しをしているのか、そして何を選んでいるのかについてまとめました。参考になれば幸いです。

アトリエミラネーゼでは、婚約指輪や結婚指輪を多数取り揃えています。婚約指輪をもらったら、次は結婚指輪ですね。結婚準備に欠かせないのが結婚指輪選びです。

まだ結婚指輪選びをスタートされていないカップルの皆さま、ぜひ一度アトリエミラネーゼにお越しください。これから一生身に着ける大切な指輪探しを、精一杯サポートさせていただきます!皆さまのお越しを心よりお待ちしております。