結婚準備は何かと出費がかさむものです。婚約指輪を贈ろうと考えたけれど、新居の準備や結婚式の準備に多額の費用がかかることもあり、結局婚約指輪をなしにしてしまったというケースは少なくありません。

ですが、婚約指輪なしで結婚したことに後悔している男性に、ぜひ考えていただきたいことがあります。それが、今回紹介する「結婚後に婚約指輪をプレゼントする」という方法です。

というわけで今回は、婚約指輪をなしにしてしまって後悔している男性におすすめの、結婚後に贈る婚約指輪についてです。

もう結婚したのにいまさら婚約指輪?と思うあなたへ

婚約指輪なしでプロポーズをし、何かと他の準備に追われ気付けばすでに結婚生活をスタートさせてしまったというケースは意外にもたくさんあります。

プロポーズの際に婚約指輪を贈らなかったことに関しては、いろいろと理由があったことと思います。ですが、その場合においても、後になって「なんで婚約指輪をなしにしてしまったんだろう」とふと思い始める瞬間があるものです。

「あとから婚約指輪をプレゼントする」という方法を耳にしたとき、多くの男性がきっと「いやいや、結婚したのに婚約指輪なんておかしいんでしょ」と思ったのではないでしょうか。

確かに婚約指輪は「婚約」に際して準備する指輪です。それが本来の意味であることは間違い無いのですが、だからといって結婚後に「あのとき婚約指輪を贈れなかったから」という理由で指輪を購入してはいけない決まりもありません。

婚約指輪の意味は、「愛する女性へ贈る愛のしるし」です。婚約指輪なしでもあなたの気持ちは相手に伝わっているでしょう。ですが、婚約指輪があることで「形に残るもの」であなたの永遠の愛を証明することができるのは確かです。

すでに結婚していても、「婚約指輪はやっぱりけじめとして贈っておきたかった」と言えば、それを迷惑に思う女性などまずいないと思って間違い無いでしょう。

結婚後に婚約指輪を贈るベストなタイミング5選

婚約指輪なしに結婚し幸せな結婚生活を贈っているところに、あなたが突然今になって「婚約指輪を贈る」という大イベントを計画するのであればタイミングはとても重要です。

ここで、結婚後に婚約指輪を贈るのにふさわしいおすすめタイミングを5つ紹介します。いずれも実際に受け取った女性の感想も紹介しています。あなたのパートナーが最も喜んでくれそうなタイミングを考えるヒントにしてみてください。

結婚記念日のプレゼントとして婚約指輪を贈る

結婚後に二人が大切にしていく記念日として一番濃厚なのは「結婚記念日」だという夫婦はきっと多いのではないでしょうか。

結婚式を挙げた日、入籍した日、どちらでも構いません。二人が「結婚記念日」として決めた日にあらためて婚約指輪を贈ることで、結婚記念日がより特別なものになるでしょう。

婚約指輪を結婚記念日に贈られた女性の感想

「私たちは十分な貯金がないままに結婚を決めてしまったので、プロポーズの際に婚約指輪はもちろんありませんでした。それでも十分嬉しかったのを覚えています。結婚式もなしにしたため、ただ新居を決めて結婚生活をスタートさせました。

入籍してちょうど1年にあたる結婚記念日に、彼がなんとダイヤモンドの指輪をプレゼントしてくれたのです。彼は『婚約指輪、ちゃんと渡せてなかったからずっと後悔してたんだ』と言っていました。すごくきれいな指輪で感激しましたね。

まさか婚約指輪を後からもらえるなんて思ってもいなかったので、プロポーズされたときと同じくらいに感動しました。一生の宝物です!」

誕生日プレゼントとして婚約指輪を贈る

結婚後にはお互いの誕生日を一番近くで盛大にお祝いするのも楽しいものです。婚約指輪なしで夫婦になってしまい、そのことをずっと後悔している男性には、誕生日に婚約指輪を贈るのもとてもおすすめです。

誕生日はいくつになってもワクワクする一大イベントです。そんなタイミングで結婚後に婚約指輪を贈られたら、きっともらった女性は感激するでしょう。

婚約指輪を誕生日プレゼントとして贈られた女性の感想

「婚約指輪に関しては、欲しかった気持ちはあったものの、結婚式を思い切り挙げたかったので『なしにしよう』と決めました。特に後悔はしていませんし、あまり考えることもなかったです。

結婚してから迎えた初めての誕生日に、彼が用意してくれていたのは『婚約指輪』!これにはかなり驚きました。彼の方は私に婚約指輪を贈れなかったことがずっと引っかかっていたようです。

一生のうちにこんなに高価で素敵な指輪をもらうことなんてありません。まったく想像もしないタイミングでもらった婚約指輪ですが、涙が出るほど嬉しかったです。いつもらっても喜ばない女性はいないと思いますよ!」

二人の交際記念日に婚約指輪を贈る

結婚してからは結婚記念日がメインになりがちですが、交際を始めた記念日も記憶として残っているケースが多いです。

交際記念日は二人が恋人になった記念日ですから、二人にとっては特別な日です。結婚してから婚約指輪を贈るタイミングとしても最適な「交際記念日」に、あっと驚かせる婚約指輪のサプライズを企画してみるのもおすすめです。

交際記念日に婚約指輪を贈られた女性の感想

「二人の交際記念日は結婚記念日と近かったのですが、微妙にずれていたのもあり、どちらかと言えば結婚記念日を重要視していました。

結婚記念日にはあのレストランで食事しよう、など計画を立てていたのですが、交際記念日は話題にも出てこなかったので私も特に何も考えていませんでした。

ところが、交際記念日の夜仕事から帰ってきた彼が突然、『今さらだけど、婚約指輪だよ』と私にダイヤモンドの指輪をプレゼントしてくれたのです!

まさか私に内緒でこんなスペシャルなサプライズを考えてくれていたなんて驚きです!婚約指輪なしでも幸せだからいいや、と思っていましたが、やっぱりもらうとすごく嬉しいものですね。」

プロポーズ記念日に婚約指輪を贈る

婚約指輪がなかったとしても、プロポーズは何かしらの形でしてくれたケースが多いでしょう。婚約指輪なしでプロポーズしても、プロポーズには変わりありません。

結婚後にあらためて婚約指輪を贈るタイミングには、プロポーズ記念日を選ぶのも素敵です。指輪なしでプロポーズしたことを後悔する男性にはとてもおすすめのタイミングと言えます。

プロポーズ記念日に婚約指輪を贈られた女性の感想

「彼からプロポーズされたときには、指輪ではなくバラの花束を贈られました。とても嬉しかったですね。でも、その後婚約指輪を買おうと話していたのが、予算都合で一旦なしになってしまったのです。当時は結婚式や新婚旅行で頭がいっぱいだったので、不満は一切ありませんでした。

結婚してから1年半後に迎えたプロポーズ記念日には、プロポーズの際に二人で行ったレストランで食事をしました。これだけでも幸せでしたが、そのレストランで彼がなんと婚約指輪をプレゼントしてくれたんです!

『結局買ってあげられなくてずっと後悔してたんだ』と彼が私にくれたのは、まさに婚約指輪そのもの。こんなサプライズは一切予測していなかったので感激して大泣きしてしまいました。大切にします!」

プロポーズをやり直して新たな記念日を作る

婚約指輪を贈らず後悔している男性の中には、「プロポーズ」自体がきちんとできていなかったことも悔やんでいる人がいるのではないでしょうか。

その場合、結婚後にあらためて「プロポーズをやり直す」という手段もおすすめです。一生記憶に残るロマンチックなプロポーズをやり直すことで、あなた自身の後悔もなくなり、相手の女性も喜んでくれるに違いありません。

結婚後にあらためて婚約指輪ありのプロポーズをされた女性の感想

「私たちはデキ婚だったのもあり、プロポーズというよりも話し合って結婚を決めたため、世間一般的に話題になるような『ドラマチックなプロポーズ』は経験していません。子供が生まれて結婚生活は順調ですし、何より幸せだったので何の不満も特にありませんでした。

彼からデートの提案をされたので、珍しいなと思いつつ子供を両親に預けて彼と二人でオシャレなレストランで食事をしました。久しぶりに二人の時間が過ごせてとても嬉しかったです。でもそれだけでは終わりませんでした。なんとそのお店で彼が私にプロポーズをしてくれたんです。

『結婚して時間が経ってしまったけど、あらためてきちんとプロポーズをしておきたかったんだ』と彼から婚約指輪を渡されました。これは全くの予想外だったので、とても感動しましたし最高に嬉しかったです。

この日は私と彼のプロポーズ記念日として、毎年お祝いしようと思っています。指輪も一生大事にしたい宝物です!」

結婚後に婚約指輪を渡す場合には選び方に注意が必要!

結婚してからも、婚約指輪をなしにしてしまった後悔が残るケースは多いです。でも、結婚後に婚約指輪をプレゼントすればその後悔は払拭できます!

というわけで、ここからは「結婚後に贈る婚約指輪の選び方」についてです。ポイントは以下の3つ!これは結婚後だからこそ気を付けるべきポイントです。しっかり覚えておきましょう。

ポイント①普段使いしやすいものを選ぼう

結婚してから婚約指輪を贈るとなると、「婚約している期間に身につける」ものではないため、選び方に工夫が必要です。婚約指輪を結婚後に身につける機会としては、

・結婚式に参列するとき

・普段よりもちょっとオシャレしたいとき

・フォーマルな場面に出席するとき(子供の入学式など)

これらが一般的な「結婚後に婚約指輪を身につける機会」となります。そして、この中でも「普段よりもちょっとオシャレしたいとき」に注目していただきたいです。

なぜなら、普段よりもオシャレしたいときにさっと身につけられる婚約指輪と、なかなか使いづらい婚約指輪があるからです。

例えば、ダイヤが小ぶりでさりげないデザインのものや、洋服や髪の毛に引っかかりにくいデザインのものであれば、より気軽に身につけやすくなります。このようなちょっとした違いが身につけやすさに大きく影響するため、意識して選ぶと良いでしょう。

ポイント②結婚指輪と相性の良いデザインを選ぼう

結婚してから婚約指輪を贈るとなると、相手はすでに結婚指輪を日常的に身につけているケースがほとんどだと思われます。結婚指輪を身につけていて、そこに婚約指輪を贈られるとなると、当然重ね付けできるものの方が使いやすくなります。

婚約指輪を結婚後に贈る場合には、結婚指輪との相性が非常に大事なポイントとなるため、結婚指輪の写真などを持った上でジュエリーショップに行くことをおすすめします。

事情を説明し、結婚指輪の後に婚約指輪をおくることになったことを伝えましょう。ジュエリーショップの店員が結婚指輪に合わせやすいデザインを教えてくれるはずです。

自分一人で選ぶとなれば不安になってしまう男性はとても多いですが、プロがサポートしてくれると思えば安心できますよね。結婚指輪と相性の良い婚約指輪を選べば、婚約指輪を身につける機会は格段に多くなるため、この点には十分意識して選ぶことをおすすめします。

ポイント③家計を圧迫しないほどよい予算を見極めよう

結婚後に婚約指輪を贈る場合に注意した方がいいことと言えば「予算」です。もちろん、高価で素敵な婚約指輪を贈り、プロポーズの際に婚約指輪なしにしてしまった後悔を払拭したい気持ちは分かります。

ですが、結婚後は多くの夫婦が家計をひとまとめにして管理しているため、そこを圧迫するようでは相手が素直に喜べなくなってしまう恐れがあります。

理想的な方法としては、あなたがコツコツと結婚後にお金を貯めて、婚約指輪を購入する予算に回すことです。こうすればきっと相手も手放しで喜んでくれるはずです。

しかし実際には、へそくりを貯めていく余裕がなく、何かしら言い訳を考えてパートナーに「ちょっとこういう事情でお金が必要だから」などと言って「使えるお金」をかき集めて婚約指輪を購入するケースも多いでしょう。

この場合には、無理に高い指輪を選ぼうとする必要はありません。もしかすると「そんなに無理して買ってもらっても申し訳ないし」と思われてしまう可能性もあります。

値段が高い指輪=価値のある指輪、とは限りません。相手が罪悪感を感じてしまうような高額な婚約指輪でなく、少し予算を押さえて家計を圧迫しない価格帯のものを選ぶのも良い選択だと言えます。

まとめ

婚約指輪なしで結婚してしまった場合、男性側に後悔が残ってしまうことは珍しくありません。「やるべきことをやらないままになっている」感覚が結婚後に残ってしまうのです。この場合、今からでも婚約指輪を贈る方法を考えてみてはいかがでしょう。

婚約指輪は結婚後に贈っても喜ばれるものです。結婚記念日や誕生日、プロポーズ記念日などを利用して、あらためて愛する奥様へ婚約指輪を贈り、あなたの強い愛情を表現するのはとても良いアイデアですよ。

アトリエミラネーゼでは、さまざまなデザインの婚約指輪を取り揃えています。結婚後にやっぱり婚約指輪を贈りたい!とお考えの男性の皆さまには、ぜひ一度来店いただき婚約指輪を実際にご覧いただくことをおすすめします。

結婚後にあらためて贈る婚約指輪選びには、使いやすさやデザイン面でも気を付けておきたいポイントがあります。

アトリエミラネーゼにお任せいただければ、婚約指輪を知り尽くした知識豊富なスタッフが、あなたの指輪選びを精一杯サポートさせていただきます。奥様にぴったりの婚約指輪を贈り、日頃の感謝と愛情を伝えましょう