婚約指輪は必ずしも結婚の際に必要なものではありません。ですが、多くの女性たちが婚約指輪に対して何かしらの憧れをいだいているのは確かです。彼女にプロポーズをしようと考えている段階で、「婚約指輪はいらないからね」と言われる場合、男性はこれをどう受け止めればいいのでしょうか。

今回は、世間一般の結婚していくカップルたちが、婚約指輪に関してどのような思いを抱いているのか 統計を参考にしながら見ていきましょう。

そして彼女が婚約指輪はいらないという言葉の裏側でどのような思いを抱いているのかを理解し、これからの行動の仕方を考えましょう。

結婚したカップルのうち「婚約記念品を贈られた」のは全体の7割!

婚約記念品というのは結婚の記念に 男性が女性へ贈り物をすることを言います。これに対して女性が男性へお返しのギフトを贈るのも一般的です 。

ここでいう婚約記念品とは、婚約指輪でなければならないわけではありません。もちろん圧倒的多数なのが 婚約指輪ではありますが中には別のギフトを婚約記念品として贈るケースもあります。

結婚するカップルのうち、どのくらいのカップルが婚約記念品を購入しているかを調べたところ、実に7割以上のカップルが婚約記念品として何らかのギフトを購入しています。つまり、婚約記念品を贈ることは一般的であり、実に多くの人たちがそうしていることがわかります。

婚約記念品が婚約指輪だったケースは9割!

婚約記念品は婚約指輪以外にもさまざまな高価なギフトである場合がありますが、婚約記念品として婚約指輪を贈ったケースは全体の約9割です。婚約指輪以外の婚約記念品を贈るケースはごく稀であることがわかります。

このように、婚約指輪は婚約記念品の中でもまさに定番中定番アイテムなのです。

ちなみに、婚約指輪以外の婚約記念品には、ネックレスやイヤリングなどの「婚約指輪以外のアクセサリー」や、腕時計などが挙げられます。ですがそれらを選ぶのはごく少数はであることは確かです。

婚約指輪をあえて贈らずに、他のアクセサリーを贈るケースは珍しく、女性側によほど強い希望があったなどの特別な理由がそこにあったものと思われます。

婚約記念品を「いらない」と決めたカップルたち、その理由とは?

婚約指輪をはじめとする婚約記念品を全くなしにしてしまうカップルも3割程度はいることになります。果たしてこのカップルたちは一体なぜ婚約記念品をいらないと決めることに至ったのでしょう。ここでその理由として挙げられる上位5つの思いを紹介します。

婚約記念品はいらないとした理由第1位「お金がもったいない」

リクルート総研ゼクシィ結婚トレンド調査2019の調べによると(下記の数字も同様のデータを使用しています)婚約記念品をいらないと考えた理由のうち37.3%が「お金がもったいない」というものでした。

4割近い人たちが「お金がかかりすぎてもったいない」という理由で婚約指輪やその他の婚約記念品を「いらない」と決めているのですから、これはかなり大きな数字です。

結婚するにあたり結婚式や新婚旅行など出費がかさむことが多く、「そこまでお金をかけていられない!」と諦めてしまう気持ちは十分に理解できますが、少し寂しい気持ちにもなります。

婚約記念品はいらないとした理由第2位「結納しなかったので必要なかった」

結納をしなかったことが理由で婚約記念品を購入しなかったというケースは全体のうち18.8%です。結納と言えば日本ならではの結婚にまつわる伝統儀式ですが、実は今の時代結納をおこなっているカップルは大変少ないです。

2019年に結婚したカップルのうち、結納をすませているのはわずか12.9%です。両家の顔合わせは大多数のカップルが行っていますが、結納は1割程度のカップルしか行っていません。結納には婚約記念品が必ず必要となりますが、結納をしなかったことで「婚約指輪もいらないか」となってしまうケースもあるということです。

婚約記念品はいらないとした理由第3位「高価なものをもらっても普段身につけない」

婚約指輪のような高価なアクセサリーをもらっても、「そんなに普段身につけることもないから」という理由で、婚約記念品をいらないとしたケースは全体の17.9%です。

婚約指輪は確かに高価な指輪です。もらってみると案外普段使いができることに気がつくケースは多いものの、イメージの中で婚約指輪は「使うことのないもの」、「宝の持ち腐れになる」などと思ってしまうことは多々あります。

婚約記念品はいらないとした理由第4位「婚約指輪にそれほど意味を感じない」

婚約指輪自体に興味がない女性も少数派ではあるものの確かにいます。婚約記念品をいらないとしたカップルのうち、実に16%が「婚約指輪は純粋にいらないものだ」と思ったからだというデータがあります。

もともとアクセサリーに興味がない、高価なものに魅力を感じない女性は、たとえ婚約指輪だとしても「別にいらない」と思ってしまうようです。ただ、そう考える女性はそれほど多くないのは確かです。ものの考え方は人によってさまざまですね。

婚約記念品はいらないとした理由第5位「相手に申し訳ない」

結婚するからといってそれほど高価な品物をもらうことに対して抵抗があると感じる女性もいます。婚約記念品をいらないと思った理由のうち、10.3%は「相手に対して申し訳ないから」というものです。

結婚という大きな節目の記念に婚約指輪を購入してもらうことは、多くの女性にとって「当たり前のこと」かもしれません。ですが、中にはそれを快く思わない女性もいるということです。本当は欲しいけれど、相手の出費を考えると申し訳ないと感じるために「いらないよ」と言ってしまうというわけですね。

婚約指輪を純粋に欲しくないと思う女性はものすごく少数派!

ここまでのデータを見て分かることは、婚約指輪をはじめとする婚約記念品をいらないとしたカップルの中で、その理由が純粋に「本当に欲しくないと思った」というものであるケースは非常に少ないということです。

婚約指輪はなくてもいい、と思う女性はいても「もらっても困る」とまで思う女性はそうそういません。

婚約指輪をもらわなかったケースにおいても、結納がなかったために「なんとなくなしになってしまった」ケースや、「お金がもったいないから」あきらめたケースが目立ちます。つまり、本当に欲しくないという理由ではなかったケースの方が圧倒的に多いのです。

「婚約指輪はいらない」と本心で思う場合の伝え方の特徴

自分の彼女が「婚約指輪はいらないからね」とあなたに伝えた時に注意するべきは、その伝え方です。女性はどんなことに対しても、本心をそのままダイレクトに伝えようとせず、回りくどい伝え方をすることが多いのです。

男性は、いかなる場合にも女性に言われたことだけを受け止めるのではなく、その伝え方をきちんと分析し彼女の本心を正しく見抜く必要があります。ここで「婚約指輪はいらない」と本気で女性が思っている場合の伝え方の特徴を紹介します。

特徴①なぜ婚約指輪がいらないのかを明確にする伝え方をする

ただ「いらない」というだけでなく、なぜいらないのかを明確に女性が伝えるときは、本心で婚約指輪をいらないと言っていると見て良いでしょう。

例「私婚約指輪はいらないと思ってるの。もともと金属アレルギーだし、指輪ってあんまりつけていられないからもったいないし。それだったらその分のお金を結婚式にかけたいわ」

この場合、なぜ彼女が婚約指輪をいらないと考えたのかが明確です。これが本心でない場合には、ここまではっきりと説明することはしません。

特徴②誤解のないようはっきりとした伝え方をする

嫌よ嫌よも好きのうち、なんて言葉があるくらいに、言葉で言っていることと実際に感じている思いは一致しないことが多いものです。婚約指輪が本当にいらない場合、女性は女性なりに「男性側が誤解することのないようにはっきりと意思表示をする」傾向が強く見られます。

例「先に言っておくけれど、婚約指輪はいらないよ。遠慮とかじゃなく本当にいらないと思ってるから」

この場合、男性側が「もしや遠慮していらないと言っているのではなかろうか」と思うことを先読みしています。男性が深読みしてしまわないように、はっきりと「本心でいらない」と言っていることを伝えているのがこのケースです。

特徴③他に欲しいものがあるとはっきり伝える

婚約指輪がいらないとなると、婚約指輪以外に欲しいものがあるケースも十分にあり得ます。女性が婚約指輪ではなく、何か別のものを欲しいとはっきりおねだりするような伝え方をする場合もまた、婚約指輪は本心でいらないと言っていると見て良いでしょう。

例「婚約指輪はいらないよ。私ずっと欲しいと思っていた憧れの腕時計があるの。毎日使えるものだしそれが欲しい!」

この場合は至ってシンプルです。女性は婚約指輪でなく別のものを婚約の記念に購入してもらいたいとはっきり希望しています。特に深読みする必要はありません。

男性側が女性に婚約指輪をどうしても贈りたい場合の上手な伝え方

彼女がどのような伝え方であっても「婚約指輪はいらない」と言えば、男性は少し戸惑ってしまいます。男性の中には、婚約するときにはしっかりと婚約指輪を購入してプロポーズをするのが正解だと強く信じている人たちもいるからです。

女性に婚約指輪を贈りたいけれど、女性側が婚約指輪をいらないという場合、男性はどうすれば良いのでしょう。答えは簡単です。女性に婚約指輪を送りたいと思っていることを伝えるのです。

この場合にどのようにすればより彼女にあなたの思いが伝わりやすいのか、おすすめの伝え方を3つ紹介します。

上手な伝え方①婚約指輪を贈るのが夢だった

女性だけでなく、男性だって婚約指輪に特別な思いを抱いている人はたくさんいます。愛する彼女と結婚を考えるときには、婚約指輪を渡してドラマチックにプロポーズするイメージを頭に思い浮かべて楽しみにしているケースもあるでしょう。

その気持ちを正直に伝えてみましょう。彼女の方はきっとあなたが婚約指輪に対して強い想いを抱いていることを知りません。だからこそ「いらないよ」などと言えてしまうのです。

あなたが純粋に彼女へ婚約指輪を贈ることを楽しみにしていることが分かれば、彼女の方もきっと喜んで受け取ってくれるのではないでしょうか。

上手な伝え方②将来子供に受け継いでいきたい

婚約指輪は代々受け継がれていることも多くあります。例えば、あなたが贈った婚約指輪を二人の間にできた息子が将来愛する女性へプロポーズする際に贈ることになることだってあり得るのです。とてもロマンチックですよね。

婚約指輪をいらないという彼女には、

「今婚約指輪を君に贈ることで、その指輪が代々受け継がれていくことになるかもしれないんだよ!」

とアピールしてみましょう。彼女の方もそこまで先のことを考えて「いらない」と言っているわけではありません。きっと考えを変えてくれるはずですよ。

上手な伝え方③婚約指輪をつけている姿を見てみたい

男性に実際に多い意見の中に、「自分が贈った婚約指輪を身につけている彼女の姿が見たい」というものがあります。確かに、婚約指輪を身につけるのは女性の方ではありますが、それを嬉しく思うのは男性も同じです。婚約指輪を身につけている彼女を見ずに、婚約期間を終えてしまうのは寂しいと感じるのも納得です。

彼女には、その気持ちをストレートに伝えてみましょう。

「婚約指輪をつけてくれている君の姿を見てみたいんだよ。僕の願いを叶えると思って受け取って欲しいんだけどどうかな」

と打診してみるのです。彼女は「そんなことを思っていたなんて!」と驚くかもしれませんが、きっとそのあなたの健気な思いに胸を打たれるはずです。

まとめ

世の中の女性の中には、「婚約指輪はいらないよ」という人たちもいます。世間一般的にみて、婚約記念品と言えばそのほとんどが婚約指輪です。これをいらないとしてしまうには、相当な理由が必要でしょう。

世の中のカップルたちのケースを見ても、本気で婚約指輪が欲しくないと思う女性は相当な少数派であることがわかりました。やはり婚約指輪は特別で、もらって喜ばない女性はほとんどいないのです。

婚約指輪をいらないと言われたら、その伝え方に注目し彼女の本心を見抜くこと、その上で「それでも贈りたい」と上手に伝えることが大切です。

アトリエミラネーゼでは、婚約指輪や結婚指輪を専門に多数取り扱っています。婚約指輪がいらないと言った彼女も、実際に婚約指輪を目の前にすると、「やっぱり欲しい!」と思うかもしれません。

婚約指輪を購入するかどうかでお悩みのカップルさまには、ぜひ一度アトリエミラネーゼにご来店いただけますと幸いです。さまざまなデザインの婚約指輪は、見ているだけでも幸せな気持ちになれるものです。彼女の婚約指輪に対するイメージが大きく変わる可能性も大いにありますよ!