婚約指輪に数十万円、新婚旅行に数十万円かけるとなると、かなり大きな出費になります。そのため、どちらかをあきらめるという方法をとり、「より重要度の高い方」を選ぼうとするカップルもたくさんいます。

ですが、婚約指輪と新婚旅行のどちらかを選択するのは容易ではありません。

というわけで、今回は「婚約指輪か新婚旅行のどちらかをなしにする」という選択肢についてです。婚約指輪をなしにする、新婚旅行をなしにする、それぞれのメリットデメリットを理解し、後悔のない選択ができるようにしておきましょう!

新婚旅行にかかる費用ってどのくらいなの?

婚約指輪をなしにするか、新婚旅行をなしにするか、これを考えるためにはそれぞれにかかる費用の目安を知っておく必要があります。まず新婚旅行費用について解説します。

「リクルート総研ゼクシィ結婚トレンド調査2019」の調べによると、一般的に新婚旅行にかける費用の平均は62.9万円です。

そして、この金額に含まれるものは二人分の旅費であり、現地で買い物をしたりお土産を購入したりする予算は含まれません。

ハネムーンでカップルがお土産代として使う費用の平均は10万円ほどと言われています。ということは、旅費とお土産だけでおおよそ73万円ほどかかっていることになります。

この金額はもちろんハネムーンの行き先や滞在期間により大きく変動しますが、平均として知っておくといいでしょう。

婚約指輪にかかる費用ってどのくらいなの?

婚約指輪にもいろいろな価格帯のものがあります。10万円を切るものから、100万円を超えるものまで、婚約指輪と呼ばれるものに「いくら以上でなくてはならない」という決まりはありません。

ですが、平均的にいくらくらいのものが良く選ばれているのかを知っておくと役に立ちます。

世間一般的に、婚約指輪にかける費用の平均は35万円程度と言われています。月給の○ヶ月分などと言われることもありますが、実際にはそれほどまでに費用をかけない人がほとんどです。とは言え、高額な指輪であることには変わりありません。

新婚旅行ありvs新婚旅行なし それぞれのメリットデメリット

ではここからは新婚旅行に行く場合と行かない場合のそれぞれのメリットとデメリットについて考えて行きたいと思います。

新婚旅行ありのメリット

・一生の思い出に残る素晴らしい経験ができる

・日頃味わえない贅沢な時間を過ごすことができる

・新婚旅行で訪れた場所が二人の新たな思い出になる

新婚旅行は普段の旅行とは全くの別物です。そして、普段なかなか休みが取りづらい人でも新婚旅行のときだけはまとまった休みが取りやすいというケースも多いため、思いきって海外へ行くまたとないチャンスでもあります。

また、二人の思い出として一生残り続ける幸せな思い出となることは言うまでもありません。

新婚旅行ありのデメリット

・お金がかかるため、その後の新婚生活に支障をきたすことがある

新婚旅行自体にデメリットはほぼありません。強いてあげるのなら、お金がかかることでしょう。

新婚旅行もピンキリですが、それなりに贅沢な旅行をするとなるとその分費用もかさみます。多くのカップルが平均して70万円ほどかけているとなると、その後の新婚生活に影響を及ぼすケースもあると考えられます。

新婚旅行なしのメリット

・お金の節約になる!

・結婚式や婚約指輪、新居など他のことにもっとお金を使えるようになる

新婚旅行をしないメリットはやはりなんと言っても「出費をおさえることができる」という点です。

平均して70万ほどの費用がかかる新婚旅行を抑えることで、結婚式の演出や選ぶ衣装にもっとお金をかけられたり、婚約指輪にもこだわれるということですね。

新婚旅行なしのデメリット

・二人で作ることができる思い出が一つ減ってしまう

・結婚してから旅行に行こうとしてもなかなか現実的に時間や予算が生み出せないことが多い

新婚旅行だからこそ、時間がとりやすく予算も投資しやすいのは事実です。普段まとまった休みを取ることができる人はとても少ないですし、結婚してから旅行に高額な予算を組めるほど贅沢な生活ができるとは限りません。

新婚旅行だからこそ思い切った旅行ができるため、その機会を逃してしまうのは大きなデメリットとなります。

婚約指輪ありvs婚約指輪なし それぞれのメリットデメリット

次に、婚約指輪を贈る場合と、婚約指輪はなしにする場合のメリットとデメリットについても考えてみましょう。

婚約指輪ありのメリット

・ダイヤモンドの高価な指輪を身につけることで婚約期間をよりハッピーに過ごすことができる

・婚約期間だけでなく、一生持ち続けられる宝物として婚約指輪を所持していられる

・結婚後もフォーマルな場に出席する際にはいつでも婚約指輪を使用することができるため、いつまでも役に立つ

・プロポーズがより思い出深いものになる

婚約指輪ありのメリットは非常に多く、書き切れないほどです。プロポーズをよりロマンチックに感じられる他、結婚後にもダイヤモンドの高価な指輪を一つ持っているだけでコーディネートを決めやすくなる場面も多いです。

人生において何十万円もの高価な指輪を贈られることなどなかなか頻繁には起こりません。婚約という人生における大きな節目を記念するためにも婚約指輪はあった方が良いと言えます。

婚約指輪ありのデメリット

・お金がかかる

婚約指輪ありの場合に考えられるデメリット、それは唯一「お金がかかる」という点です。新婚旅行と全く同じデメリットとなります。

結婚準備にたくさんの出費が予定されている中、「婚約指輪までは厳しいかも」とあきらめてしまうカップルがいるのも仕方がないことのように感じられます。

婚約指輪なしのメリット

・出費をおさえることができる

・婚約指輪以外のプレゼントを贈られる別の喜びがある

婚約指輪をなしにする場合には、そこで大きな出費がおさえられるため、他の部分にもっと費用をかけることが可能になります。新婚旅行を贅沢にしたり、結婚式を豪華にしたりとその方法はさまざまです。

また、婚約指輪なしの場合には、代わりに別の婚約に際してのギフトが贈られることが多いため、その部分も楽しみに感じられるケースはあるでしょう。

婚約指輪なしのデメリット

・婚約期間中に「婚約指輪は?」と周囲に聞かれることが多く、その度に説明するのが煩わしい

・婚約指輪をもらわなかったことを結婚後に後悔することもある

・人生において貴重な「高価なものを贈られる」機会を逃してしまう

婚約指輪をなしにする場合、そのときは「別になくてもいいや」と思っても後になって後悔するケースが多いのが特徴です。

友人や会社の仲間たちに「婚約したの?指輪は?」と聞かれるのもストレスに繋がってしまうことが多く、「こんなことならもらっておけば・・」と後悔する女性も多いようです。

結婚後には使うことのないものと思われがちな婚約指輪ですが、そうでもありません。将来知人の結婚式にお呼ばれした際や、子供の入学式など、婚約指輪の出番は思う以上にたくさんあるものです。

「こんなときに素敵な指輪があればなぁ」と結婚後何年も経ってから悔やむことも珍しくありません。

婚約指輪と新婚旅行、なしにするならどちらがいい?

婚約指輪も新婚旅行も「なしにするデメリット」が非常に気になるところです。どちらかをなしにすることは非常に難しく、選ぼうと思ってもそう簡単には決められません。

実際、婚約指輪と新婚旅行のどちらをなしにする方が良いといえるのか、その答えは至ってシンプルです。

「どちらもなしにしない方が良い」

というのが正解です。もちろん、どちらかを選ぼうと思った背景には「予算的な問題」がある場合がほとんどだと思います。それでも、婚約指輪もしくは新婚旅行を「予算だけを理由になしにする」というのはあまりおすすめできません。

なぜなら、先ほどお伝えしたように、どちらにも素晴らしいメリットがあるからです。婚約指輪は結婚後にも「持っておいてよかった!」と必ず思えるものですし、新婚旅行も「あのとき最高の思い出を作れて本当によかった」と何年経っても思えるでしょう。

どちらかをなしにすることで、この先少なからず「ちょっとした後悔」が残るのは目に見えています。というわけで、婚約指輪と新婚旅行のどちらも実現させるうまい方法を考える必要があります。

婚約指輪も新婚旅行も「なし」にしないために考える5つのこと

さて、それではここからは婚約指輪と新婚旅行の両方を実現させるための方法を考えて行きましょう。次の5つのポイントを理解することで、婚約指輪も新婚旅行も諦めない画期的な解決策を見つけることができるはずです。

もしも「婚約指輪は別に良いや」、「新婚旅行は特に行かなくてもいいかな」などとお考えの方にも、参考までにぜひ知っていただきたいポイントです。それではさっそくその5つのポイントについて紹介しましょう。

ポイント①結婚式にかける費用を節約するのは難しくない

婚約指輪も新婚旅行もどちらも実現させるために必要なのはお金です。となると、どこからか予算に加えることのできるお金を生み出せば良いということになります。

おそらく多くのカップルたちが予定しているのが結婚式でしょう。結婚式もまた非常に重要なイベントです。しかし、これをうまく節約することで数十万円ものまとまったお金を生み出すことができます。

結婚式場の申し込み方や、結婚式を挙げる時期を少し変えるだけで、見積り金額はかなり落とすことができます。

ここでのポイントは、「結婚式自体のレベルを下げるわけではない」ということです。大切な結婚式を妥協することはおすすめしません。クオリティはそのままで費用をおさえる方法をとるのです。

ポイント②新婚旅行先で海外挙式を挙げる

新婚旅行と挙式を一緒におこなう人たちもたくさんいます。海外挙式と言えば「お金がすごくかかりそう」と思われがちですが、実際にはそうでもありません。

海外で挙式をすること自体はそれほど高額でもないのです。むしろ国内挙式を海外挙式に変えて、新婚旅行と合体させてしまう方法は非常に理にかなっています。

国内でもパーティーがしたい場合には、新婚旅行後にお披露目パーティーを開くこともできるので全く問題ありません。これにより、国内で大掛かりな結婚式を挙げないことでかなりまとまった金額を節約することができます。婚約指輪をなしにする必要はもうありません。

ポイント③新婚旅行の時期を見直しオフシーズンで計画する

新婚旅行で人気のハワイやヨーロッパは、季節によってオンシーズンやオフシーズンがあるため、これをうまく選ぶことで費用をおさえることができます。

同じホテルで同じ航空会社の飛行機で渡航する場合でも、10万円から20万円ほどの差が出ることは珍しくありません。これだけの金額を節約できるのであれば、その分の費用を婚約指輪に回すことも十分可能です。

ちなみに、ハワイには雨季と乾季がありますが、ハワイの雨季は日本の梅雨のように毎日どんより雨模様というわけではありません。

海外旅行初心者の方ほど、気候を気にする傾向が強くなります。ですが、実際にはそれほど大きな違いがないことも多いので、しっかりリサーチしましょう。オフシーズンにすることでかなり金額がおさえられるため、その価値は十分にあると言えます。

ポイント④新居にかける費用の節約を考える

婚約指輪と新婚旅行のどちらかをなしにすることを考える前に、「他に費用が大きくかかるもの」を挙げていき、削れるところを削ることを考えましょう。

結婚する際にかかる費用のうち、「新居への引越」に関わる出費が大きくなることもあるでしょう。せっかくなら家具にはうんとこだわりたい、家電は最新のものでなければいけない、などこだわりたい気持ちも分かります。

ですが、新居を整えることは生活しながらでもできることです。実際に住んでいく中で、「これが必要」と思うものを少しずつ増やしていく方法もあるということです。

それに比べて、婚約指輪の購入や新婚旅行はそのときだからこそできることです。これらを優先するために他のことを少し我慢するのは、それほど苦にならないのではないでしょうか。

ポイント⑤新婚旅行の期間を短くすることで費用をおさえる

新婚旅行では平均70万円もの費用がかかっているという事実はお伝えした通りですが、これも旅行の内容によっておさえることができます。単純に費用を節約しようと思えば「行き先」や「旅行期間」の部分で調整するのがおすすめです。

新婚旅行として、そのタイミングに二人で旅行することが大事なのです。何も「必ず◯◯に行かなくてはならない」、「◯日以上でなければ新婚旅行とは呼べない」などのルールがあるわけではありません。

新婚旅行を計画する際に、費用をおさえて計画することに少しでも意識を向ければ、10万円や20万円の節約をすることはそれほど難しいことではありません。

婚約指輪をなしにするのと、旅行の内容を少し妥協して婚約指輪もありにするのとでは、後者の方がより後悔の残らない選択肢と言えるでしょう。

まとめ

結婚準備の中で、「婚約指輪」と「新婚旅行」はときに「なくてもいいもの」と考えられることがあります。ですが、実際にはこれらを諦めてしまったことで後悔が残ってしまうケースは多いです。この先後悔することのないように、どちらも叶える方法を考えてみるのが一番だと言えます。

アトリエミラネーゼでは、婚約指輪を多数取り揃えています。皆さんに無理のない予算内で、100%満足のできる婚約指輪探しを精一杯お手伝いいたします。

これから婚約指輪を探す段階にある男性や、二人で一緒に婚約指輪を選びたいカップル様のお越しを心よりお待ちしております。

婚約指輪は永遠に残る幸せのシンボルです。きっと何年経っても二人の婚約期間を鮮明に思い出させてくれる、特別な宝物になるに違いありません。