彼女との結婚を決意し、そろそろプロポーズをしたい・・・と考えている時にやはり気になってくるのが婚約指輪。婚約指輪は、結婚を約束する証として男性から女性に贈る記念品のひとつです。

ドラマや映画などでも、プロポーズの際に婚約指輪を彼女にプレゼントする場面はおなじみの光景です。

しかし、婚約指輪を贈りたいとは思っているものの決して安くはないし、使用頻度を考えるとそもそも本当に必要なのかと購入を迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、結婚した先輩たちはどうしたのか、また女性の本音など、婚約指輪の必要性について色々な角度から見ていきたいと思います。ぜひ今回の記事を読んで、婚約指輪の疑問を解決していきましょう。

婚約指輪は必要ないという男性の意見

婚約指輪を贈らなかった男性の割合は、婚約したカップルの約3割ほどです。

婚約指輪は必要ない、贈らないといった男性の意見にはどんなものがあるのでしょうか。まずはその意見を見ていきましょう。

もったいない

婚約指輪は結婚するまでの間しかつけない、つける機会が少ないのでもったいない、と考える男性もいるようですね。その場合、ネックレスや時計など婚約指輪の代わりとして彼女の欲しいものを贈るなど、工夫をしているようです。

予算がない

一般的に婚約指輪の相場は20~30万円と言われています。必要と思いつつも、経済的な理由から婚約指輪を準備するのは難しいという意見もあるようです。

実用性がない

結婚すると結婚指輪をつけることから、実用性を考えると使用頻度が少ない婚約指輪に必要性はあまり感じられないという男性も。女性側からも、高価な婚約指輪に傷がついたり、変形・変色したりするのを恐れて大事に保管しておくという口コミや傾向が多いです。

彼女が「いらない」と言っている

婚約指輪に必要性を感じない意見のひとつとして、彼女が「いらない」「他にお金をかけた方がいい」と言っているから、ということも挙げられているようです。確かに結婚式の準備や新婚旅行、新居など、結婚には色々と費用がかかるもの。彼女と話し合った結果、断念してしまうこともあるようです。

結婚した人のほとんどが婚約指輪を必要と感じている!

結婚した先輩カップル達が婚約指輪は必要と思っている傾向が多いです。

ゼクシィ結婚トレンド調査2019(全国推計の調べでは、なんらかの婚約記念品を贈ったというカップルは全体の70.5%を占めているとのこと。そのうち、記念品として婚約指輪を選んだカップルは、実に89.9%という調査結果があります。

結婚したほとんどの人が婚約指輪を必要だと感じていることが、この数字からもわかります。

婚約指輪が必要だと思う理由

結婚した先輩たちが、最終的に婚約指輪を必要だと判断した理由はなんでしょうか?その理由を紹介していきます。

ケジメをつける意味で

「この人と結婚する!」と自分自身のケジメのために婚約指輪を贈る人もいるようです。

結婚をして新しい家庭を持つということは、男性にとってはまさに一大決心の行為。そこには当然責任も伴います。婚約指輪を相手に贈ることで自身を奮い立たせる、いわば決意表明のようなものです。

彼女にとっても、婚約指輪をもらうことで男性の本気度が伝わり、「この人と人生をともに歩んでいこう」と決心するきっかけになります。結婚に向けてお互いの気持ちを再確認するためにも、やはり婚約指輪は必要だと考えさせられます。

彼女と話し合って

中にはサプライズで贈るという選択よりも、彼女と会話する中で婚約指輪が必要だと判断した人も。日頃から彼女とその話題に触れている人にとっては、自然の流れかもしれません。

婚約指輪と聞くと、立て爪のダイヤモンドリングや小粒のダイヤ(メレ)が並んだデザインのリングを思い浮かべがちですが、星や月など天体をモチーフにしたものや、猫など動物をあしらった可愛いデザインなど、実はおしゃれで個性的な婚約指輪も数多くあります。彼女が好きなものをあらかじめ聞いておき、婚約指輪に取り入れるのもおすすめです。

彼女の笑顔が見たいから

婚約指輪を彼女に贈る必要性として欠かせない理由のひとつ。それはなんと言っても、純粋に彼女の笑顔が見たい、愛する人の笑顔が見たい、笑顔にしてあげたいという気持ちは、多くの人が持つ人間の心理です。

サプライズで婚約指輪を贈るにしても、二人で選ぶにしても、綺麗に輝く婚約指輪を目の前にした彼女の笑顔はなににも代えがたい宝物です。愛する人の笑顔を見ているこちらも、自然と幸せな気持ちになります。

彼女の喜ぶ姿は、贈る側のモチベーションアップにも繋がります。例えば、ますます仕事を頑張ろう!と思えるなど。そういった意味では、婚約指輪を贈ることは二人にとってプラスであり必要不可欠なものかもしれません。

子や孫へ残すことができるから

必要、までとは言いませんが、できれば自分の子どもや孫になにか少しでも財産を残したいもの。貴重な素材を使った婚約指輪も、歴とした財産です。

多くの婚約指輪の素材で使われている、ダイヤモンドやプラチナ、ゴールド。それらが高価であることはご存じだと思いますが、どれくらい貴重なものであるかというのは意外と知られていません。

世界一硬い天然鉱物のダイヤモンドは、その硬さゆえに採掘された量の約80%が工業用として使用されています。そして残りの15%~20%がジュエリーとして使われているのです。さらにダイヤモンドの鑑定書で表される4C(カット・カラー・クラリティ・カラット)のグレードよって、その価値はグンと跳ね上がります。

また、プラチナは1トンの原鉱石から採れる量はわずか3gグラムほど。ゴールドも1トンの原鉱石からは5グラムしか採れない大変貴重なものです。

さらに、これらの素材は永遠に取れ続けるものでもありません。いつかは枯渇してしまうことを考えると、ますます貴重な素材であると実感します。そんな貴重な素材を使った婚約指輪。やはり財産のひとつとして、自分の子どもや孫に残してあげたいものです。

婚約指輪をもらう女性の意見

男性が、婚約記念品として指輪を贈りたい気持ちや必要性はおわかりいただけたと思います。

では、実際に婚約指輪をもらう女性側の意見はどうなのでしょうか。

昔から憧れていた

ゼクシィ結婚トレンド調査2019では、実に51.8%もの女性が婚約指輪に「昔から憧れていた」と回答しています。しかもわずかながら、その数字は年々増えています。

やはり女性にとって婚約指輪というものは憧れの存在であり、贈られたら嬉しいものなのだということがよくわかりますね。

婚約指輪をもらって安心した

彼からプロポーズしてもらえるのか、結婚できるのか、不安を感じている女性は少なくありません。男性と違って、女性は出産も絡んでくることから結婚の年齢を気にするものです。

婚約指輪はその名のとおり、結婚の約束の証。「結婚しようね」という言葉だけよりも、婚約指輪を贈ることで女性は相手が本気で結婚を考えてくれていると実感でき、安心できるのでは。

また、両親や兄弟、友人など周囲にもわかりやすいアピールとなります。実際、「婚約の証としてつけていたい」と答えた女性は34.7%(ゼクシィ結婚トレンド2019)。周りから祝福されることで、さらに女性は幸せを感じるのです。

何年経っても初心に戻れる

結婚して始めのうちは仲睦まじく過ごしていても、時が経つにつれて互いに感謝する心が薄れ、ケンカも増えてしまいがちです。

しかし綺麗に輝く婚約指輪を見るとプロポーズされた頃の記憶が蘇り、初心に帰ることができます。婚約指輪は、夫婦ゲンカの仲直りのために必要な役目も果たしているのかもしれません。

特別な日につけられる

結婚後は婚約指輪をつける機会が少なくなってしまうのも事実。キズがついたり変形・変色したり、または紛失することを恐れて、大事にしまっている女性も多いのでは。

しかし二人だけの記念日にディナーをしたり、友人や親せきの結婚式に参加したりする際、婚約指輪をつけることで華やかさをプラスすることができます。

たまにつけるからこそ新鮮な気分を味わえる、というのも普段の生活に必要なことかもしれません。それも婚約指輪の魅力のひとつではないでしょうか。

必要かどうかは女性の意見も取り入れて

男性が贈る必要を感じ、女性にとってももらって嬉しい婚約指輪。しかし場合によっては、一方的に贈っていいものか迷ってしまうことがあります。

女性が遠慮して「いらない」と言っている場合

事前に婚約指輪の話が出た時に、中には「いらない」「必要ない」と言う女性もいます。しかし、それを鵜呑みにするのはよくありません。なぜなら、それは本心ではない可能性が高いからです。男性の収入を考えて負担をかけたくないという思いから、本当は欲しいのに「いらない」と言っている女性が多い傾向です。

また、今はまだ婚約指輪に興味がなくても、時が経った時に「やっぱりもらっておけばよかった」と後悔するケースも多々見られます。

そんな時は一緒にジュエリーショップを訪れてみる、一緒に婚約指輪のカタログを見るなどをおすすめします。そうすることで、遠慮していた女性も本音を打ち明けやすくなると思います。また、婚約指輪に興味がない女性も、実際に婚約指輪を見て触れることで心境に変化が起こることが多いです。

デザインを自分で選びたい

サプライズで婚約指輪をプレゼントすることもよいですが、できればデザインを自分で選びたいという女性もいるかと思います。

例えば前述のアンケート結果にもあったように、婚約指輪をいつも身につけていたいという女性は3割強いるので、事前に女性の要望を知っておけば「贈って失敗した」ということを減らせることができます。

おすすめは、結婚指輪と一緒につけられるタイプの婚約指輪。いわゆる「重ねづけ」できるタイプの婚約指輪です。結婚指輪に合わせやすい控えめなデザインであることが多いので、ずっと指につけて楽しむことができます。

また、女性の好きなモチーフをあしらって婚約指輪を準備する場合。例えばひと口に「猫のモチーフ」と言っても、お座りしているポーズだったり、伸びをしているポーズだったり、また肉球のデザインだったりと実にさまざまです。

高価な婚約指輪だからこそ、失敗なく喜んでもらえるように一緒に選ぶように心がけましょう。

アトリエミラーゼでは、猫を始め、犬やウサギ、花などさまざまなモチーフの婚約指輪もご用意しています。

それでも不安という方

初めて贈る婚約指輪。一大決心のプロポーズ。ぜひとも成功させたいものです。

けれども、婚約指輪の必要性を感じていてもなかなか最初の一歩を踏み出せない方も多い傾向です。

迷ったら専門店に相談を

素材やデザインなど種類がたくさんあってわかりづらい、本やインターネットで見ていてもどれがいいのかわからない、彼女にサプライズでプレゼントしたいけどどうすればいいのか迷っているなど、婚約指輪に関する悩みはさまざまです。

そんな時はブライダルジュエリー専門店でプロに相談することをおすすめします。わからないことが解決できるだけでなく、気付かなかった点も提案してもらえたりするので、より理想の婚約指輪を見つけることができるでしょう。

アトリエミラーゼがあなたの背中を押します!

アトリエミラーゼは、経験・アイディアが豊富なデザイナーがお二人の意見を取り入れながら、デザインを提案するブライダルリングのオーダーメイド専門店です。

お二人の思い出や指輪に込める大切な想い、取り入れたいモチーフ、予算などを丁寧にカウンセリングし、制作。世界にひとつだけのオリジナルリングが実現します。

もちろん、サプライズで婚約指輪を贈り彼女を驚かせたいというご相談も大歓迎です。店内はアットホームな雰囲気なので、男性ひとりでも気軽にご来店頂けます。

また、もしも彼女の指のサイズがわからなくても大丈夫です。プロポーズ後のサイズ直しも無料で行なっているので安心です。アトリエミラーゼはお二人の第一歩を全力でサポートいたします!

まとめ

今回は婚約指輪の必要性をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。高価な婚約指輪は、男性にとって必要性を感じにくいものかもしれませんが、女性にとっては昔からの憧れであり、かけがえのない唯一無二のものです。

プロポーズの言葉だけでなく婚約指輪も一緒にプレゼントし、女性が喜んでくれたらきっと心から「贈ってよかった」と思えるでしょう。お二人にとって結婚後もよい思い出にすることができます。

また、中には婚約指輪を「欲しい」と言えない、「一緒に選びたい」という女性がいることも。よく確認し、お互いに後悔しないようにしたいです。

困った時は、ブライダルジュエリー専門店にご相談を。プロがブライダルリングに関するお悩みを一緒に解決します。ぜひ婚約指輪とともにプロポーズを成功させて、彼女との新たな一歩を踏み出しましょう!