婚約指輪は誰でも当たり前のように左手の薬指に着けていますが、何故薬指に着けるのかご存知ですか?「そういう決まりだから」「みんながそうしてるから」という人がほとんどだと思います。

ですが中には婚約指輪を右手に着ける人や、他の指に着ける人も多くいて、「婚約指輪を右手に着けてもいいの?」「婚約指輪は他の指に着けても問題ないの?」と疑問に思う方もいるでしょう。

そこで今回は、右手に婚約指輪を着ける意味や、着ける指によってどういった意味合いを持つのかを詳しく解説していきたいと思います。

婚約指輪はなぜ左手薬指なのか?

一般的には婚約指輪は左手薬指に着けるとされています。ではなぜ婚約指輪は左手薬指なのか?まずはその意味について知っておきましょう。

婚約指輪が左手薬指に着用されるのは、紀元前2500年頃の古代ギリシャ時代からある言い伝えから始まっています。

その頃から左手の薬指の血管は、心臓と繋がっていると考えられており、そこに婚約指輪を着用することで、永遠の愛を繋ぎ留めておくという意味につながりました。

また、左手には「服従、信頼」という意味があったり、左手薬指には「愛の絆を深める」という意味が込められていたりもします。実利面から見ても、左手薬指は10本の指の中で一番動きが少なく、指輪を落としたり傷つける心配が少ないとも言われています。

このような色んな言い伝えや由来から、世界中のカップルが婚約指輪を左手の薬指に着けるようになり、現在に至ります。

婚約指輪は左手の薬指でないといけないのか?

婚約指輪を左手の薬指に着用することは、決して何か決まりがある訳ではありません。確かに、古代より神聖な指とされている左手薬指に、婚約指輪を着けるのは主流ではありますが、決まりではありません。

あくまで由来や言い伝えであって、右手に婚約指輪を着けたからといって法を犯すわけでもないですし、誰かに迷惑をかけるわけでもありません

。ただ、一般的に婚約指輪は左手薬指と認知されているので、「婚約指輪なのに左手薬指じゃないの?」と疑問を持たれることはあるでしょう。

婚約指輪はどの指に着けるのも自由

日本では一般的に、左手の薬指につけることが広く浸透していますが、婚約指輪は自分の好きな指につけることができます。

着ける指によって意味合いが違うので、その意味に合わせて違う指に着けたり、ファッションとして違う指に着けたり、重ねづけしたり、基本的には本人の自由で決めて問題ありません。

実際に他の国では、婚約指輪を薬指以外の指や、右手にはめることが当たり前の国もあります。その国や地域柄によっては、縁起がいいとされる場所なども違うため、その指に着ける意味合いを優先して着けるという人も多いようです。

結婚指輪と重ねづけすることの意味

結婚式の際、婚約指輪を右手に着け、結婚指輪をもらった際に、また結婚指輪と重ねづけします。その際、結婚指輪を内側につけ、婚約指輪を外側につけることで「永遠の愛の証をロックする」という意味合いがあるそうです。

また、指輪を重ねづけすることで手元の華やかさがアップしたり、組み合わせによってはオシャレ度もアップします。結婚式などのパーティーの時などにも、重ねづけする人は多いです。

右手に婚約指輪を着用する人もいる

右手に装着しても悪い意味は持っていないので、左手でなくても問題はないですし、実際に右手に装着している人も少なからずいます。

右手と左手では同じ薬指でも意味合いが異なりますが、自分に合った意味合いや、しっくりくる指があるのなら、自分に合った着け方で何も問題はありません。

では、どういった場合の人が婚約指輪を右手に着用するのか?その理由について紹介していきましょう。

婚約指輪を右手に着用する人の特徴

婚約指輪を右手に着ける人の特徴としてはどういったものが考えられるのか、その考えられる理由について詳しく紹介していきましょう。

周りへの印象を気にしない人

婚約指輪を左手薬指に着けるのは、言い伝えや由来だけではなく、そこにはめていることでの周りの印象にも影響を与えます。

例えば婚約指輪が左手薬指にはめてあると、婚約しているということが周りに知ってもらえるので、職場などにも普段通り着けているという人もいます。

その反面、人に婚約していることが別に知られたくないという人は、右手や他の指に着けています。

右手の方がしっくりくる人

人によっては左手よりも右手に装着した方がしっくり来るから着けているという人もいます。指輪は、日常的に使ううちに、しっくりくる指や違和感を感じる指などがあり、指輪のはめ心地は人それぞれです。

やはり、意味合いや言い伝えなども大事ではありますが、自分の感覚に従うことも何より大事だと思います。

もし左手薬指に婚約指輪を着けていて、違和感を感じたりするのであれば、かえってストレスがたまることもあります。無理をしてまで、着ける指にこだわるのはやめておきましょう。

ファッションとして右手に着ける人

婚約指輪をファッションとして、普段から着けている人も多くいます。そもそも、ファッションに使えるものとして、普段使いしやすい婚約指輪を選んだという人もいれば、自分のおしゃれへのこだわりから右手に着けたいという人もいます。

自分のこだわりがあったり、もともと決めていたのであれば、自分のファッションに合わせてて好きな指に着けるなど、自らしさを出すアイテムとして楽しむのもいいですね。

右手に婚約指輪を着けようとパートナーと合わせている人

婚約指輪を着ける場所は、パートナーと相談して決める人も多いです。もしどちらかが、おしゃれや意味合いなどのこだわりで右手に着ける場合、それに相手も合わせて着けるパターンです。

10本の指それぞれに違う意味合いがあるので、「この指の意味合い素敵だからこの指に一緒にはめよう」という感じで同じ指にはめるカップルもいます。

一般的に、婚約指輪は左手に着けるのものなので、一人だけが勝手に右手に着けていると、パートナーに変な誤解を与えかねません。なので、右手に着けている人は、パートナーと一緒に着けている人が多いです。

指が持つ意味合いで着けている人

指輪を着ける10本の指には、それぞれ違う意味合いを持っています。中でも右手の薬指には、インスピレーションを高めるという意味合いを持っています。

周囲の状況を把握する能力や、直感力、創造力が高まるといわれていわれているので、そういう意味合いで右手薬指に着けていたいという人も多いです。

クリエイティブな人などは、自分らしさを発揮してより良いものを生み出したいときに、創造性を刺激してくれるでしょう。

結婚前後で着ける指を変えている人

婚約指輪をもらった時は左手薬指に着用していて、結婚後は左手に結婚指輪を着けるので、婚約指輪を右手に着けかえるという人も多いです。

もしくはその逆パターンで、婚約指輪をもらった時の右手薬指に着け、結婚後に左手薬指に着けかえるという人もいます。どういったパターンでも正解はないので、自分が気分を変えたいと思ったら着け方を変えてみるのもいいですね。

結婚式の際は婚約指輪は右手に着用するのが一般的

結婚式の際、結婚指輪の交換儀式がありますが、すでに婚約指輪を交換した相手と執り行うので、左手薬指をあけておかなければいけません。

その際、婚約指輪を右手の薬指につけ、結婚指輪の交換が終わった後に、婚約指輪を右手から左手にうつして重ねづけすることが一般的となっています。なので、結婚式の時だけ婚約指輪を右手に着用したという人がほとんどです。

婚約指輪を右手に着用する国もある

実は国によっては、もともと右手に婚約指輪を着けるという国もあるようです。婚約指輪を左手薬指にする国が最多ではありますが、右手薬指に着用する国や、結婚指輪と婚約指輪を右手と左手に着ける国など様々です。

婚約指輪を着ける指について、代表的な国をピックアップして紹介していきます。

「日本や欧米などほとんどの国」⇒左手薬指

婚約指輪を左手薬指に着けるのは、世界中でも一番多くて一般的です。日本でも昔からその文化を継承してきており、誰もが周知している一般的な習わしとなっています。

「ロシア」⇒右手薬指

ロシアは婚約指輪という風習はもともとありませんが、結婚指輪として統一され、右手薬指に着用します。古代のローマ人の習慣で、左手に着けるのは不吉で信頼できないと言い伝えられており、その文化を継承して、右手に結婚指輪をはめるようです。

「台湾」⇒右手中指

台湾では女性が右手中指に婚約指輪を着用する習わしがあります。現在では海外の影響などもあり、左手薬指につける人も増えていますが、もともとの風習は右手中指につけると言われています。

「ドイツ、スペイン、ギリシャ、中国など」⇒婚約指輪は左手薬指、結婚指輪は右手薬指

北欧の国々などでは婚約指輪は左手にして、結婚指輪は右手に着用する風習があります。また中国は、結婚指輪を男性は左手薬指、女性は右手薬指に着用するという、異性によって違いがある国もあります。

「アメリカ、イギリス」⇒重ねづけが主流

アメリカやイギリスは、日本と同じで婚約指輪は左手薬指ですが、婚約指輪と結婚指輪を重ねてつける重ねづけが人気です。最近では日本でも一般的になりましたが、アメリカやイギリスでは普段から重ねづけをする女性が多いようです。

10本の指が持つそれぞれの意味合い

それぞれの指には、違った意味合いを持ち、風水的なパワーも込められているため、その意味を知って指輪をつければ、パワーをもらえることもあります。

つける指の意味を正しく知って、婚約指輪の着用する位置を考えるのもいいのではないでしょうか?

意味合いの違いで、右手に婚約指輪を着けるという人もいれば、親指に着ける人だって中にはいます。では、それぞれの指にはどのような意味合いが込められているのか?一つ一つ紹介していきます。

小指(ピンキーリング)

小指につける指輪は、「ピンキーリング」と呼ばれ、チャンスを呼び込む指とも言われています。心を落ち着かせてくれたり、思いがけないチャンスを呼び込むことができる指なので、もしかしたら恋を実らせてくれるかもしれません。

左手小指に着ける意味

右手の小指の指輪には、表現力の豊かさを意味し、自分の魅力を発揮したり、自己アピールに効果的で、自分の思いを届けたい時にパワーをくれる指輪の位置です。

右手小指に着ける意味

左手の小指には、チャンスを引き寄せる意味合いが込められています。何か変化を求めているときや、チャンスを呼び込みたいときに効果的で、新たな出会いや恋人を求めている人にパワーをくれる指輪の位置です。

薬指(アニバーサリーリング)

薬指にはめる指輪は「アニバーサリーリング」と呼ばれ、その名の通り何かの記念を象徴したり、意味のある指輪をつける場所として、代表的な指輪の位置です。

左手薬指に着ける意味

左手薬指には、愛を深めて、絆を深めるという意味があり、最も指輪をはめるという点で代表的な指です。婚約指輪や結婚指輪など、愛のカタチとして表現されることが多く、ほとんどの人はこの指に婚約指輪を着用します。

右手薬指に着ける意味

上記ですでに紹介しておりますが、右手薬指には、直感力、創造力が高まるといわれていわれています。クリエイティブな人などは、そういった意味合いから婚約指輪をこの指に着ける人も多くいます。

中指(ミドルフィンガーリング)

中指にはめる指輪は「ミドルフィンガーリング」と呼ばれ、創造的な仕事をするのに必要な、直感やひらめきの象徴です。インスピレーションを高めたい時や、仕事運を高めたいときにパワーをくれます。

左手中指に着ける意味

左手中指に指輪をすると、協調性が高まると言われ、人間関係がスムーズになりやすいという意味合いがあります。周りの空気を察知する能力が上がったりするので、相手と円滑なコミュニケーションを図りたい人にパワーをくれます。

右手中指に着ける意味

右手中指にはめる指輪には邪気から身を守るという意味があり、邪気を払って運気を呼び込んでくれます。運気やパワーを味方に付けることが出来るので、何かを願いを叶えたいときなどに最適です。

人差し指(インデックスリング)

人差し指にはめる指輪は、「インデックスリング」と呼ばれ、指標・指針という意味合いがあり、指し示す指にはめる指輪ということです。活力や自立心も高くなるとも言われ、自分の自信が湧き出る効果があります。

左手人差し指に着ける意味

左手人差し指には、積極性を高めてくれる意味合いがあり、自分の指し示す方向に向けて積極性を生み出してくれます。消極的な人や、なかなか行動に移せない人には、進むべき方向を指示してくれます。

右手人差し指に着ける意味

右手人差し指は、集中力アップや、統率力が高まると言われていて、集中して行動する力やリーダーシップを発揮したいときにパワーをくれます。指導者の方や物事を達成したい時などに、意志を強くしてくれます。

親指(サムリング)

親指につける指輪は「サムリング」と呼びれ、古代ローマ時代から、親指に指輪をはめるとどんな願いも叶うと言われています。戦いで弓を引くときに、親指を保護するためにリングをつけたことが始まりと言われています。

左手親指に着ける意味

左手親指は、自分の信念を貫き、目標を実現する力が呼び込めると言われ、何か貫き通したい目標があるときに、背中を押してくれます。達成したいことや叶えたい夢、手に入れたいものがある方にパワーをくれます。

右手親指に着ける意味

右手親指には指導力が司るといわれ、リーダーシップを発揮したい時にパワーをくれる指輪の位置です。行動力や権威を持続させ、自分の信念を貫き、まわりを引っ張っていくリーダーとして成長するパワーを与えてくれます。

これらの意味合いが10本の指には込められており、その意味合いやパワーを与えてもらう為に、婚約指輪を左手薬指以外の指にはめるのもいいでしょう。

婚約指輪は、右手でも左手でもどの指にはめるのも自由なので、ぜひ参考にしてみてください。

右手や重ねづけにおすすめな婚約指輪

婚約指輪を右手に着けたり、重ねづけしたりする場合、ファッションとして普段使いしやすいものが好まれます。

左手に着けても右手に着けても、重ねづけしてもおかしくないような、シンプルでおしゃれな婚約指輪を紹介していきます。どれもアトリエミラネーゼおすすめの人気商品です。

Anemone-アネモネ-

価格:¥228,000~
ライン:ウェーブ、ストレート
デザイン:ソリティア(立て爪)
テイスト:アンティーク、エレガント、カッコいい、キュート、シンプル
商品説明

ソリティアタイプの、シンプルな2つの糸が交わるイメージの婚約指輪です。花言葉は「清純無垢」「無邪気」という意味合いがあり、お二人の運命の糸をイメージして、デザインした婚約指輪です。

煌めくダイヤモンドの輝きを最大限に引き立たせてくれる6本爪のタイプで、シンプルながらも絶妙なバランスで繊細にお作りし、洗練された流れるラインが美しい婚約指輪です。

重なるウェーブのラインが程良く、ボリューム感も華奢になりすぎないので、重ねづけなどの普段使いにも最適なモデルです。

Rythme-リズム-

価格:¥226,000~
ライン:ストレート
デザイン:サイドメレ、ソリティア(立て爪)
テイスト:エレガント、カッコいい、シンプル
商品説明

ストレートタイプの腕が中央に向かってシャープな形の婚約指輪です。より一層ダイヤモンドの存在を引き立てる計算されたデザインです。

ストレートタイプの結婚指輪とも重ね着けしていただけるデザインなので、1本でシンプルにも、結婚指輪と合わせて華やかにもなる婚約指輪です。

王道のシンプルな6本爪の婚約指輪ですので、どんな装いにも合わせやすく末永くご愛用いただけます。働く女性にもぴったりのスッキリとした甘すぎないデザインなので、休日に限らず職場でも着けやすい婚約指輪です。

Galantino-スノードロップ-

価格:¥225,000~
ライン:クロス、ストレート
デザイン:ソリティア(立て爪)、 埋込み(爪なし)、 透かし
テイスト:エレガント、カッコいい、シンプル
商品説明

2本のラインが上下にクロスし、中央のダイヤを支えます。シンプルながらどの角度から見ても美しいデザインの婚約指輪です。

花言葉は「希望」を意味し、2本のクロスしたラインの中央に、バランスよくダイヤを留めた繊細なつくりになっています。

ダイヤがより引き立つようにキュッと絞られたクロスの中央にセットして、絶妙なウエーブの重なりが優しい印象を与え、中央の中石は重なるラインと二つの爪でスッキリまとめられています。

シンプルなソリティアタイプのデザインなので、普段のお洋服からちょっとしたお出かけの際など様々なお洋服に合わせやすく、沢山活躍してくれます。

婚約指輪を右手や他の指に着けるならオーダーメイドがおすすめ

婚約指輪を右手に着けたい方や、他の指に着けたい方は、オーダーメイドがおすすめです。オーダーメイドなら、自分に合ったサイズや形のものをオーダーすることができるので、自分の着けたい指に合った婚約指輪を作ることができます。

アトリエミラネーゼ」は、オーダーメイドの婚約指輪と結婚指輪を数多く取り揃えている、ブライダルジュエリー専門店です。

最高の品質にこだわった婚約指輪は、素材から着け心地、アフターサービスまで、婚約指輪へのこだわりはオーダーメイド専門店だからこそです。世界でひとつの指輪を、最愛の人と共にオーダーいただけます。

アトリエミラネーゼ」では、ネット上で相談受付け、料金シミュレーションすることもできます。それぞれのお客様に合った指輪選びのお手伝いもさせていただいております。婚約指輪・結婚指輪選びに迷っている方は、ぜひ一度アトリエミラネーゼへご相談くださいませ。

まとめ

婚約指輪は、右手に着けても他の指に着けても何も問題はありません。国や地域によっては右手に婚約指輪を着ける文化もあり、日本でも色んな理由で右手に着ける人もいます。

結局は自分がその指に着けてどう感じるかだと思います。言い伝えや由来を信じて左手薬指に着けるもよし、着けた感覚や意味合いで他の指に着けるもよしです。

自分に合った婚約指輪の種類、自分に合った婚約指輪の着け方を選んでください。このコラムが、あなたの婚約指輪選びのお役に少しでも立てれば幸いです。