プロポーズと言えば、婚約指輪を差し出して愛する彼女にプロポーズするのが定番と思う人の割合はとても多いです。ですが、意外にも女性に人気が高いのが「婚約指輪はプロポーズが終わって一緒に買いに行く」という方法です。

男性にしてみれば、「え?婚約指輪はあとからでいいの?」と不思議に思えるかもしれませんが、多くのカップルがこの方法を選択しているのは事実です。

今回は、婚約指輪はプロポーズのあとから購入する方法がなぜ女性に人気なのか、その理由を5つのポイントに分けて紹介します。

プロポーズのあとから渡す婚約指輪のメリットとは

婚約指輪をプロポーズの際に贈らずに、あとから二人で一緒に選びに行き購入する方法のメリットにはどのようなものが挙げられるのでしょうか。ここで考えられるメリットを5つ紹介します。

メリット①男性が一人で悩まずに済む

男性にとって、婚約指輪を一人で選ぶのは非常に難易度が高いミッションです。アクセサリーに関して無知な男性がとても多い中、男性たちはあれでもない、これでもないと考えを巡らせながら婚約指輪を選びます。どう選んでも、「本当にこれで彼女が喜んでくれるのだろうか」と心配になってしまいます。

あとから婚約指輪を渡す場合には、この心配が一切ありません。男性は女性をジュエリーショップに連れて行くだけでいいのですから、格段にハードルが下がります。

メリット②女性の好みに合った婚約指輪を確実に贈ることができる

女性には、一人一人好みの指輪があるものです。デザインや素材など、「これがいい!」と思うものがあるのですから、そこにぴったりとマッチする婚約指輪を男性が贈らなければ、女性がガッカリしてしまうこともあり得るわけです。

あとから婚約指輪を二人で一緒に選び購入することで、彼女が心から「これが欲しい!」と思ったものを贈ることができます。女性もハッピーですし、男性も彼女が喜ぶ笑顔を見られて幸せな気持ちになれるでしょう。

メリット③一緒に選びに行けることが女性にとって嬉しい

女性は、大切なものを選ぶ時に男性にそばにいて欲しいと思うものです。婚約指輪を選ぶ際に、二人で一緒に選ぶことができれば、きっと女性も幸せな気持ちになれます。

そして、何軒もジュエリーショップを行き来して悩み抜いて決めた婚約指輪は、彼女の宝物になるのはもちろん、一緒に選んだ時間も思い出になります。

プロポーズのあとから婚約指輪を贈ることで、二人の思い出がまたひとつ増えると言う点もメリットと言えるでしょう。

メリット④プロポーズの際に別のプレゼントを贈るので女性は得した気持ちになる

プロポーズのあとから婚約指輪を贈るということは、プロポーズの際には何か別のプレゼントを男性が考えるのが自然の流れです。

プロポーズは女性にとって待ちに待った憧れの瞬間です。このときに、婚約指輪以外の愛のこもったプレゼントがもらえる点も女性が喜ぶポイントです。

そして、婚約指輪以外にプロポーズの際にプレゼントするとなると、そのアイテムは花だったり別のアクセサリーだったり、さまざまです。女性にとってみれば、男性から婚約指輪と別にもう一つプレゼントをもらえるため、嬉しさも倍増するでしょう。

メリット⑤二人で一緒に選ぶことで結婚指輪との相性を考えて婚約指輪を選べる

プロポーズのあとから婚約指輪を購入する際には、二人で一緒に選ぶことができるため、結婚指輪のことまで考えて婚約指輪のデザインを決めることが可能になります。

婚約指輪は結婚後になかなかつける機会がないと思われがちですが、そうとも限りません。初めから結婚後も身につけられるようにデザインを選んでおくことで、婚約指輪の普段使いもしやすくなります。

結婚指輪との相性が良ければ、重ね付けすることでうんと使いやすくなり使用頻度もUPします。

プロポーズのあとから婚約指輪を購入する際のデメリットとは

プロポーズの際には婚約指輪を贈らずに、あとから一緒に婚約指輪を購入する際のデメリットについてもあわせて考えてみましょう。考えられるデメリットは下記の2つです。

デメリット①サプライズで婚約指輪を渡すことができなくなる

プロポーズの際に婚約指輪を贈る場合には、男性は相手の女性に全く知られることなく婚約指輪の準備をすることができます。そのため、いざプロポーズで婚約指輪を差し出すと、彼女は突然のことで感激し、感動の絶頂を味わうことができるでしょう。

このような劇的でロマンチックなプロポーズは、婚約指輪があってこそ実現するとも考えられます。プロポーズのあとから婚約指輪を購入する場合には、サプライズという意味合いにおいては、やや感動の度合いが下がってしまう可能性があります。

デメリット②婚約指輪と別にプレゼントが必要になるため出費が増える

婚約指輪をプロポーズのあとから購入する場合には、プロポーズの際に代わりになるプレゼントを男性が用意しておく流れになることが多いです。となると、男性側にしてみればプロポーズ用のギフトと婚約指輪の両方を準備することになるため出費は増えてしまうと考えられます。

婚約指輪はプロポーズのあとから購入する場合には、プロポーズの際にプレゼントを特に用意しなければならない決まりはありません。ですが、多くの男性たちがプロポーズ用のギフトを別に何かしら購入しているため、結果的に出費が増えたというケースが多いのが実際のところです。

プロポーズのあとから婚約指輪をもらって嬉しかった女性たちに理由を聞いてみた

実際に婚約指輪をプロポーズ後にもらったという女性たちはたくさんいますが、それが結果的に嬉しかったと言う声もとても多いのが特徴です。

なぜ女性たちは「あとから婚約指輪をもらって嬉しかった」と感じたのでしょう。ここで、婚約指輪をあとからもらって嬉しかった5つの理由を紹介します。

理由①自分の望むとおりの婚約指輪を買ってもらえたから

一番多い理由としては、こちらです。婚約指輪をあらかじめ男性が準備してくれていたらそれはそれで幸せなことですが、もしかすると彼の選んだ指輪が自分の求めるものと全く違うものである可能性もあります。

後からもらう場合にはその心配が全くないため、自分の理想通りの婚約指輪を確実に受け取ることができる点が、女性に喜ばれるポイントとなっているのです。

理由②婚約指輪はもらえると思っていたけれどそれ以外のプレゼントは想定外だったから

プロポーズされれば婚約指輪は買ってもらえると最初から思っていたという女性もいます。この場合、婚約指輪は想定内ですが、プロポーズの際に別のプレゼントを贈られるとは想定していなかったというケースが多いようです。

確かに、婚約指輪はもらえるものと思っていれば、「え!婚約指輪くれるの?!」とはなりません。もらって当然とまでは言わなくとも、ある意味「もらえると分かっていたものを実際に贈られて、予想通り嬉しかった」という気持ちでしょう。

プロポーズの際に何か別のプレゼントを贈られる場合は、これこそ想定外なわけですから、女性はとても驚き感激するのです。この点が、プロポーズのあとから婚約指輪を贈る方法が女性に喜ばれる理由にもなっています。

理由③結婚指輪のデザインも考えて婚約指輪を決定できたから

婚約指輪と結婚指輪は全く別物ですが、結婚指輪と婚約指輪の相性が良ければ、結婚後に二つの指輪を重ね付けすることも可能になります。

婚約指輪はなかなか結婚後につける機会がなく、ずっと引き出しの奥にしまったまま、という話はよく耳にします。ですが、初めから重ね付けすることを想定していれば話は違います。

プロポーズのあとから婚約指輪を選んだことで、二人で結婚指輪についても話しながら、デザインを選ぶことができたことにメリットを感じている女性もとても多いです。

理由④一緒に婚約指輪を選びに行けて楽しかったから

プロポーズのあとから婚約指輪を購入したことにより、二人で一緒に婚約指輪を選びに行くことができたことが嬉しかったと言う女性の声もよく耳にします。「大切な婚約指輪だからこそ、彼にも見立ててもらいたかった」と思う女性は案外多いです。

一緒にジュエリーショップに行き、たくさんの婚約指輪の中から「これがいいんじゃない?」「これもいいね」なんて言いながら、一緒に選んでいくというプロセス自体が女性にとっては特別な思い出になるのでしょう。

理由⑤サイズの合わないものをもらってサイズ直しに行くのは嫌だと思っていたから

プロポーズのときに男性が婚約指輪をあらかじめ準備する場合、女性の指のサイズを正確に知らなければサイズが合わないという事態を招いてしまいます。

サイズ直しのできる婚約指輪を選んでおけば、あとから直すことができるため問題にはならないと思われがちですが、女性の中には「なるべくサイズ直しをしたくない」と思う人もいます。

プロポーズのあとから婚約指輪を一緒に選びに行けば、サイズのぴったり合うものを確実に手に入れることができます。この点が特に嬉しかったという女性もいるようです。

プロポーズのあとから婚約指輪を贈りたい場合のおすすめサプライズ3選

婚約指輪はあとからにしよう、と決めたらプロポーズの際にどのようなサプライズを仕込むかを考える必要が出てきます。

ここからは、これからプロポーズを検討している男性の皆様に、婚約指輪以外のサプライズプロポーズのおすすめ演出を紹介します。

おすすめ①彼女との思い出の場所で手紙を渡す

現代社会において、手紙を書く機会はどのくらいあるのでしょう。ほとんどの人たちがスマホでメッセージをやりとりすることで、人とコミュニケーションをとっています。

そんな中で、手書きの手紙というのは特別な意味を持ちます。普段手紙を書き慣れていない男性がきっと多いと思いますが、プロポーズの際に手紙を渡すという演出はとてもおすすめです。

プロポーズの舞台には、彼女との思い出がたくさん詰まった特別な場所をチョイスすると、さらに彼女に感動してもらえるでしょう。

何も知らずに思い出の地へ連れて行かれた彼女、そこで彼が愛のこもった手紙を読んでプロポーズ!こんな粋な演出をされて感動しない女性はほぼいないといっても過言ではありません。

おすすめ②普段なかなか行かないオシャレなホテルでバラの花束を渡す

プロポーズと言えば、定番とも言えるのがバラの花束です。バラの花束は見た目にもゴージャスで、とても優雅な印象があります。

プロポーズの際には、とっておきのオシャレなホテルを選び、普段とは一味も二味も違うラグジュアリーなデートを楽しみましょう。

そんな非日常的なシーンで、愛する彼からバラの花束を渡されてプロポーズされるなんて、まさにロマンチックの極みとも言える最高の演出です。ロマンチックなサプライズを好む女性なら、尚更試していただきたいプロポーズプランの一つです。

おすすめ③婚姻届を使って自宅でアットホームなプロポーズ

あまり極端にオシャレなことをするのが得意でない男性や、ロマンチックで派手な演出があまり好きでない女性には、自宅でのプロポーズがおすすめです。

自宅だからといって、彼女を喜ばせることができないわけではありません。気持ちが伝われば必ず相手も喜んでくれるでしょう。

自宅でのプロポーズでおすすめなのが婚姻届を使ったプロポーズです。彼女に知られないようにこっそりと婚姻届を入手しておいて、先に自分だけ記入を済ませておきましょう。

普段と同じ自宅デートだと思って気を抜いている彼女にサプライズで婚姻届を差し出します。彼女は「まさかそんなこと準備しているなんて!」とびっくりするでしょうし、きっと喜んでくれるはずです。

婚約指輪選びが一人じゃ不安!そんな男性にはプロポーズ後に渡す方法がおすすめ

男性が一人で女性に贈る婚約指輪を考えるとなると、難しいと感じるのも当然です。普段彼女が身につけているアクセサリーや、ファッションの好みから「こういうデザインだったらいいかな」と絞り込んでいくことは可能です。しかし、そうはいってもその難易度は決して低くありません。

一人では到底選べる自信がない!と不安でいっぱいなら、プロポーズのあとから婚約指輪を渡す方法でも全く問題ありません。相手の女性も、後から選ぶことにより好みにマッチした婚約指輪が選べるので、逆に嬉しいと感じる可能性がかなり高いと言っていいでしょう。

婚約指輪選びが難しいと感じる場合には、あまり考え込まず、プロポーズには別の方法で彼女を喜ばせるプランに変更するのがおすすめです。

まとめ

婚約指輪をプロポーズのあとから選びに行くという手段は、男性が思う以上に女性から好評なことがお分かりいただけたのではないでしょうか。あとから婚約指輪を贈ることで得られるメリットもたくさんあります。皆さんに合った方法を選んでくださいね。

アトリエミラネーゼでは、婚約指輪や結婚指輪をバリエーション豊富に取り揃えています。一緒に選ぶ場合にも一人で選ぶ場合にも、専任のスタッフがお二人にぴったりの素敵な指輪探しを精一杯お手伝いいたします。婚約指輪をお探しの際には、ぜひアトリエミラネーゼへお越しくださいませ♪