婚約指輪を渡すか渡さないかで迷ってしまう男性は多いです。女性から「婚約指輪はいらないよ」、「なくてもいいから」などと言われたら、本当にその言葉を鵜呑みにしていいものなのでしょうか。

実は、婚約指輪を贈らなかったカップルの方が、婚約指輪を贈ったカップルよりも離婚率が高いという統計結果があります。

今回は、婚約指輪を贈った方が良い本当の理由と、女性の「いらない」を鵜呑みにしてしまうリスクについて紹介します。一生に一度の大イベントである「婚約」のタイミングでしか渡すことのできない婚約指輪、後悔の残らない決断をしたいものですね。

離婚している夫婦に見られる特徴「婚約指輪を贈っていない」

リクルート総研の調べによると離婚している夫婦の方が婚約指輪を贈らなかった割合が高いというデータがあります。婚約指輪を贈らなかったことが直接的な離婚の原因になるわけではないものの、贈っていないカップルの方が離婚しやすいというのは事実です。

つまり、婚約指輪を贈った方が離婚率が低くなるということです。もちろん、離婚には他にも理由がたくさんあると考えられますが、傾向としてこのようなデータがあるのはとても興味深いと言えます。

婚約指輪を贈らなかったら後に夫婦生活がうまくいかなくなるというわけではありません。ですが、婚約指輪を贈ることが何かしらの形で、二人の絆をより強く深いものにすると言って間違い無いでしょう。

結婚式をしなかった夫婦の離婚率も高い

婚約指輪に関連して、結婚式についても同じ統計結果があります。離婚した夫婦の方が離婚していない夫婦に比べて、結婚式を挙げている割合が明らかに低いのです。

つまり、婚約指輪を贈り結婚式を挙げて夫婦になったカップルの方が離婚しにくいということになります。「そんなことあるの?」と思うかもしれませんが、統計結果は嘘をつきません。

婚約指輪を贈らなかった場合に考えられるリスク

今これを読んでいる男性の中には、婚約指輪を贈るかどうかで迷っている人もたくさんいることと思います。しかも離婚率にまで関係するのなら「贈った方がいいのかもしれない」とも言えます。

ここで、婚約指輪を購入するか否かで悩んでいる男性の皆さまに向けて、婚約指輪を贈らなかった場合に考えられるリスクについて紹介します。

リスク①家族や友人に心配させてしまう

婚約指輪を贈る贈らないは、それぞれのカップルが自由に決めることです。必ず婚約指輪を購入しなければならないルールなどはありませんし、婚約指輪以外のプレゼントで愛を伝えるカップルも多くいます。

ですが、婚約指輪はやはり「婚約の証」として多くの人のイメージの中にあるものです。婚約指輪を贈らなかった場合には、二人の家族や友人に「え?婚約指輪贈ってないの?」と不思議に思われることは容易に想像できます。

そして、特に女性側の家族や友人には「婚約指輪ももらえてないって、結婚相手の彼大丈夫なのかしら」などと心配されてしまうこともあるでしょう。そのたびに女性は同じ説明を何度も繰り返しすることになります。

「婚約指輪はなしにしてって私が言ったのよ」と説明するのもだんだん面倒になり、「こんなことならもらっておけば良かったかも」と思うようになるケースもあります。

リスク②後になって後悔する可能性もある

女性の中には、本気で婚約指輪はなくてもいいと思っている人もいます。ですが、多くの場合その理由は「遠慮」であり、「欲しくない、もらっても迷惑」なんて考える女性はまずいないと考えていいでしょう。

「婚約指輪はいらない」と女性が言ったために、婚約指輪を贈るのを止めるケースはあります。ですが、何年も時が流れて急に何かのきっかけで「やっぱり婚約指輪が欲しかったかもしれない」と女性が思うようになることも可能性としてはあります。

婚約指輪を後になって購入するケースもないわけではありません。しかし婚約のタイミングでもらう婚約指輪と、後になってもらうのとでは感動のレベルが違います。

「欲しいというなら今からでも買ってあげるよ」と結婚後に婚約指輪を購入することになったとしても、婚約したタイミングでもらいたかったという後悔の念を消すことはできません。

婚約のタイミングで渡す婚約指輪は、そのタイミングで贈ることに大きな意味があります。婚約は一生に一度きりの特別な期間です。それでも本当に婚約指輪がなくてもいいのか、女性もそこまで深く考えていないことが多いものです。

リスク③女性本人が肩身の狭い思いをするかもしれない

職場に行っても、友人との集まりに出かけても、婚約を発表したら真っ先に目が行くのが左手の薬指です。人は反射的に「婚約したんだ!じゃあ婚約指輪をもらったんだろうね」と推測します。ほぼ無意識に、多くの人が指輪をイメージするのです。

このときに女性の指に指輪がなければ、「あれ?」と思う人は少なくないでしょう。「婚約したのに指輪がないってどういうことなのかしら」と思い、親しい友人であればきっと「指輪は?」とストレートに聞いてしまうことも多いはずです。

女性自身は婚約指輪にそれほど強い思い入れがなくても、周りから指輪について聞かれるうちにだんだん婚約指輪への想いが募り、「やっぱり欲しかった」と感じるケースはとても多いです。

何せ、毎回婚約の報告をするたびに、「婚約指輪をなぜもらっていないのか」の説明をしなければならなくなるからです。婚約指輪は最初から欲しくなかったと説明したところで、どことなく肩身の狭い思いをすることになるのは避けられません。

女性の「いらない」を鵜呑みにしない方がいい3つの理由

婚約指輪をいらないという女性の声をそのまま鵜呑みにして、婚約指輪を贈らないことを決めてしまう男性はもちろんいます。いらないと言われたから贈らなかったわけで、男性には一切非がありません。

しかし、女性の言葉を鵜呑みにする前に知っておいていただきたいことがあります。それは、女性がなぜ「いらない」と言ったのかという点です。ここでは婚約指輪をいらないと言う女性の言葉を鵜呑みにしない方が良い理由を紹介します。

理由①女性は男性の経済面を心配して「いらない」と言っている

婚約指輪はいらないと言う女性のほとんどは、男性に高価なものを贈ってもらうことに対して申し訳ないと感じるために、「いらない」と言ってしまっています。いくらでもお金がある、極端にリッチな男性と婚約したなら別ですが、一般的な生活レベルから考えると婚約指輪はとても高価です。

「何十万円もする婚約指輪を彼に購入させたら、その後がいろいろ大変になりそうで心配・・・」と言う思いから婚約指輪をいらないと遠慮して言っている女性はとても多いです。男性は女性に言われたことをそのまま受け止める傾向が強く、言葉の裏側にどのような想いが隠れているのかまでを考えることはなかなかしません。

女性が男性を気遣って、「婚約指輪は私いらないからね」と言っている可能性がかなり高いことを、男性側は知っておく必要があると言えます。

理由②女性は「欲しくない」のではなくて「なくても我慢できる」と思っている

女性は本当に欲しくないものに対しては、「欲しいと思わない」「もらっても困る」など、はっきりと嫌悪感を表す傾向が強いです。これに対して「いらない」という言い方はニュアンスがまるで違います。

いらないとは、「なくてもいい」ということです。「欲しくない」のと「なくてもいい」とでは意味が違うのがお分かりいただけるかと思います。多くの女性が婚約指輪をいらないと言うとき、その意味は「なくても我慢できるからね」の意味だととらえた方が良いでしょう。

相手の女性が、婚約指輪を本気で欲しくないと思っているのかどうかを見極めるのは難しいです。ですが、少し突っ込んだ質問をしてみるとすぐに分かります。

例えば、「なんで婚約指輪いらないって思うの?」と聞いてみたときの彼女の反応を伺いましょう。本当に欲しくなければ、このときに必ず「本当に欲しくないし、もらっても特に嬉しくないと思う」などと答えるはずです。ただ、本当に欲しくないと思っている女性はかなり少数派ではあります。

多くの女性は婚約指輪を本気でいらないとは思っていません。男性はこの点を理解しておくといいでしょう。女性の真意を見極めるのが肝心です。

理由③女性は婚約指輪は婚約期間しか使うことのない指輪だと思っている

婚約指輪に対してあまり知識のない女性なら特に、婚約指輪は婚約しているその期間にしか使うことのないものだと認識していることが多いです。そのため、「婚約期間だけのためにわざわざ高価な指輪なんて必要ないかな」と思うようになるのです。

ですが、婚約指輪は結婚後も状況に合わせて使うことができる、一生ものの指輪です。友人や親戚などの結婚式や、子供の入学式や卒業式など、使える場面は思った以上にあるものです。

今は先入観で「婚約指輪は婚約期間しか使わないし別にいらないかな」と思っていても、この先の人生で「婚約指輪、あのとき貰っておいて本当に良かったわ!」と思えるに違いありません。

女性が婚約指輪をいらないと言う場合、その女性は婚約指輪が将来的にも長く役に立つものであり、一生をかけて幸せを感じさせてくれる素晴らしいアイテムであることを理解していないケースがほとんどです。

婚約指輪や結婚式の有無が離婚率に関わる理由

婚約指輪を贈らなかったカップルの方が離婚率が高いという統計結果について、ここで再度考えてみたいと思います。

婚約指輪の有無、そして結婚式を挙げたか否かは離婚率との関わりがあります。なぜ婚約指輪を贈ることや結婚式を挙げることが離婚率に関わってくるのか、考えられる理由は下記の5つです。

理由①見るたびに婚約の実感が湧くものは婚約指輪以外に存在しない

婚約は目に見えないものです。これまで恋人同士でいた二人が結婚すると決めたとしても、目に見えて何かが劇的に変化するわけではありません。二人の中には「これからは夫婦になる」という気持ちはあっても、見ただけで結婚するイメージをより際立たせるものといえば婚約指輪以外に考えられないのです。

婚約指輪は、つけるたびに婚約したことに対する幸せな気持ちや、これからの結婚生活への期待が胸いっぱいに広がるものです。これにより、婚約の実感がさらに強くなり二人の決意もより固いものになります。

理由②婚約指輪を選ぶ過程や贈られた記憶が強く思い出として残り続ける

婚約指輪は男性がプロポーズ時に準備して贈ったり、二人で一緒に購入したりとさまざまな贈り方があるものです。どのような形で婚約指輪を贈ったとしても、緊張しながら一人でジュエリーショップに足を踏み入れたときのことや、デザインを選ぶのに四苦八苦したこと、または二人で一緒に選んだ思い出などが鮮明に記憶の中に残ります。

そしてその記憶は消えることがありません。人生で一度きりの婚約指輪です。「あの時はこんな気持ちだったなあ」、「もらったとき、感動して泣いちゃったな」など、忘れられない美しい思い出として残ります。その美しい思い出をずっと共有していられることで、二人の夫婦としての繋がりをさらに強くしてくれるでしょう。

理由③婚約指輪や結婚式は自分たちにとってのけじめでもある

婚約指輪を贈ることや、結婚式を挙げることにより、自分たちの意識にも変化があります。婚約指輪なしでプロポーズをして婚約しても、婚約している実感が沸きにくいものです。

結婚式にも同じことが言えます。ただ単に入籍して一緒に暮らすようになるケースよりも、結婚式を挙げて周りに結婚報告をした後に結婚生活をスタートする方が、気持ち的にもスッキリします。

婚約指輪や結婚式は、単にお金のかかる優雅でキラキラしたものではありません。二人の気持ちに「婚約した、結婚したけじめ」をつける効果もあるのです。婚約指輪や結婚式を経験することで、婚約や結婚を真剣にとらえ、より意識を向けることができると言えます。

理由④周りから「婚約・結婚している人」として見られるようになる

婚約中は婚約指輪があることで、何も言わずとも周りの人たちに婚約したことを広く知られることになります。同様に、結婚式を挙げることで多くの人にふたりの晴れ姿を見せることになります。

これにより、二人の婚約や結婚がさらに公式に認知されるため、今後二人の結婚生活に何かしらの問題があろうとも、そう簡単には後へ引くことはできないと無意識に感じるようになります。この点が離婚率に影響している可能性は高いと言えるでしょう。

理由⑤結婚式準備や婚約指輪に関するプロセスで二人の絆が強くなる

結婚式の準備や婚約指輪の購入は、二人が一緒に体験する新しい経験でもあります。結婚することが決まらなければ経験することがなかったこれらのイベントを一緒に体験することで、二人の絆はより強くなります。

特に、結婚式の準備には長い期間がかかります。この期間を、二人が「二人の結婚式」のために協力し続けることで、よりよい関係を築き上げることにも繋がるのです。

まとめ

婚約指輪を贈ることが離婚率の低下に繋がるというデータは大変興味深いものです。必ずしも婚約指輪の有無が離婚のきっかけに繋がっているわけではないにしても、婚約指輪があることで離婚率が下がるのであればそれに越したことはありません。

女性が婚約指輪をいらないと言ったとしても、その言葉をすぐに鵜呑みにせずに女性の真意をもっと深く探ってみましょう。多くの場合、女性は婚約指輪が欲しくても遠慮しているケースがほとんどです。

婚約指輪は人生において非常に意味のある特別な指輪です。だからこそ、選ぶ際には慎重に最高の指輪を選んでいきたいものですね。

アトリエミラネーゼでは、婚約指輪のバリエーションを豊富に取り揃えています。きっと理想通りの婚約指輪を見つけることができるでしょう。まずはお気軽にご来店くださいませ。皆さまのお越しを心よりお待ちしています♪