婚約指輪は女性の憧れですが、中には「本当に必要なの?」と思う女性もいることでしょう。今回は、婚約指輪の持つ本来の意味を知り、実際に婚約指輪を受け取った女性はどう感じるのかという点に注目してみたいと思います。

婚約指輪に憧れる女性も、いらないかもしれないと考えている女性にも読んでいただきたい内容です。

婚約指輪を贈る伝統はどこから始まった?婚約指輪の由来と意味

男性がプロポーズするときにあらかじめ準備しておくことも多い婚約指輪。まさに、この指輪こそが女性に「本当に婚約したんだ!」という実感を味わせてくれるとても意味のあるアイテムと言っても過言ではありません。

多くの女性が憧れ、「いつかは私も素敵な婚約指輪をプレゼントされてみたい!」と思いを寄せるアイテムですが、これは何をきっかけに始まった風習なのか、その由来はあまり知られていません。

ここでは、婚約指輪を贈る本来の意味と、その由来について解説します。何となく「婚約するときに男性から贈られるもの」としてイメージにある婚約指輪ですが、そこにはきちんと意味や由来があります。

婚約指輪の由来はなんと古代ローマ時代

いつから婚約指輪が贈られていたのかというと、これはかなり昔、古代ローマ時代までさかのぼります。

古代ローマ時代、婚約する二人はその誓いの印としてお互いに鉄の輪をはめる風習がありました。鉄の輪は力のあるものの象徴とされていて、鉄の輪を交わすことで「二人が結婚という約束を交わす」意味をなしていたのです。

鉄の輪から金の指輪に

二世紀ごろになると、婚約に際して贈られるものは鉄の輪ではなく金でできた指輪に変化します。なぜ指輪なのかというと、そこにも意味があります。指輪は円の形をしていますが、この円形がエジプトの象形文字で永遠を意味し、「結婚」という言葉もまた円で描かれていたそうです。

つまり「永遠に続く結婚生活」を意味する円の形をした指輪を贈ることで、結婚をより確固たるものにする意味を持っていました。

婚約指輪はなぜ左手の薬指に着けるの?

婚約指輪や結婚指輪は左手の薬指に着けることが常識となっていますが、ここにも意味があります。これもまた古代エジプトまでさかのぼる大昔の話になります。

この頃、左手の薬指は心臓に繋がっている太い血管があるという言い伝えがありました。そして、心臓こそ人の心を司るところとされていたため、左手の薬指に指輪を着けることで、心をしっかりと繋ぎ止めるという意味があると言われていたのです。婚約指輪にはとてもロマンチックな意味が込められています。

婚約指輪=ダイヤモンドとなった由来、ダイヤモンドの持つ意味とは

今ではすっかり当たり前になっているのが、ダイヤモンドの婚約指輪。何をきっかけにダイヤモンドが定番となったのでしょう。

これが初めに定着したのは欧米諸国。日本よりもさらに早い段階で婚約指輪にはダイヤモンドの指輪を選ぶ風習が根付いていました。

ここでダイヤモンドの3つの特徴を紹介します。

・地球上に存在する物質の中で最も硬い鉱物→固い絆の象徴

・価値が高くいつまでも永遠に輝き続ける→永遠の愛の象徴

・無色透明→美しい心、純真無垢

ダイヤモンドにはこれらの特徴があるため、まさに「結婚」にふさわしいとされていたのです。ただ単に美しいからではなく、その硬度や無色透明であるところにもきちんと意味があったというわけです。

日本では1950年代後半からダイヤモンドの指輪を贈る習慣が広がり始めました。この頃の日本には西洋文化が入ってきだした頃。さまざまな変化を迎えている段階です。

その後の高度経済成長期から、国全体の生活レベルが高くなり、人々の生活が豊かになったことも手伝い、多くの日本人がダイヤモンドの婚約指輪を贈るようになったと言われています。

男性にぜひ知っておいて欲しい「婚約指輪はいらない」と口にする女性の本音

世の中の女性たちの中には、「婚約指輪はいらない」と言う女性たちがそれなりにいるのは事実です。しかし、男性たちに知っておいていただきたいのは、「その言葉を安易に鵜呑みするのは危険」であるということ。本当に興味のない女性はほんの一握りと考えた方が良いでしょう。

女性にとって婚約指輪は特別な意味を持つもの。意味のある指輪に対して、あえて「いらない」と口にする女性の本当の理由を紹介します。

理由①何となく憧れはあるけれど婚約指輪は高価なので申し訳ない

「婚約指輪はとても意味のあるものだし、もらったらきっと嬉しいだろうけど高価だし彼にそこまでお金を使わせたくない」と考え、「いらない」と口にする女性は多いです。

→本音:本当はすごく欲しい!やっぱりとても意味のあるものだから。でもお金のことを考えると諦めたほうがいいかな…

理由②結婚指輪もあることだし婚約期間だけのための指輪までもらうのは贅沢

「結婚してからは結婚指輪を着けているのだから、婚約期間だけ身につける婚約指輪までもらうのはあまりにも贅沢」と考え、「いらない」と言う女性もいます。

→本音:婚約期間だけのために高価な指輪をもらうのは贅沢だけど、本当は強い憧れがあるのが正直なところ…

理由③婚約指輪にお金をかけるなら新居やハネムーンにかけるべき

「結婚するにあたり結婚式や新居、そしてハネムーンなどお金が飛んでいくことばかり!こんなときに婚約指輪までもらえない」と考え、結婚指輪はいらないと言う女性もいます。

→本音:特別な意味を持つ指輪、やっぱり私も欲しいけれど、新居やハネムーンもあることだし我慢するしかない…

結論:婚約指輪に憧れがあるが我慢しようとしているケースがほとんど

もうお分かりですね。やっぱり女性は誰しもほとんどが、婚約指輪に対して憧れを抱いているのです。ただ、金銭的な理由で「遠慮」するあまり「いらない」と口にしているだけであって、「欲しくない」女性はほぼいないと思って良いでしょう。

男性は女性の言うことを鵜呑みにしがちですが、これに関しては注意した方が良さそうです。

体験談:婚約指輪をもらってみて感じたこと

特別な意味を持つ婚約指輪ですが、実際に受け取った女性はどのような気持ちになるのでしょう。ここで、3名の女性にリアルな本音を聞いてみることにしましょう。中には「指輪はなくても構わない」と相手の彼に伝えていたケースもあります。

果たして結果的に婚約指輪を受け取ったそのとき、どのような気持ちになったのか気になるところですね。では早速体験談を紹介しましょう。

A子さんのケース

結婚の話が頻繁に出てきた頃から、A子さんは何度も彼に「婚約指輪はいらないよ、その分ハネムーンを豪華にしたいな」と話していたそう。A子さんの中では、「散々彼に伝えてきたし、これで指輪を贈られるというイベントは私の人生には起こらない」と思っていたようです。

ただ実際にはそれで終わりませんでした。ある日普段のように彼とデートをする予定になっていた日曜日、彼に「ちょっと行きたいところがあるんだよね」と連れて行かれたのがなんとジュエリーショップ。戸惑ったA子さんに、彼が「見るだけだったらいいでしょ?」と言ったそうです。いらないと言っていたA子さんですが、美しく輝く指輪を目の前にすると、「やっぱり綺麗だなぁ」と思ったと言います。

その日はA子さんが着けてみたいと言った指輪の試着のみでジュエリーショップを後にした二人。それから二週間ほど経ったある日、初デートをした思い出の公園でプロポーズをされたA子さん。そして彼の手には婚約指輪が!彼の選んだ指輪は以前デートで訪れた際にA子さんが「これが一番好きかな」と何気なく言っていたデザインのものだったそうです。

婚約指輪を手にしたA子さんはこう言います。

「本当になくても構わないと思っていた婚約指輪。実際にもらうまでは、まさかこんなに嬉しい気持ちになれるなんて想像していなかった。こんなに感動させてくれた彼に感謝しかありません。周りの友人たちから、素敵な指輪だね!と褒めてもらえることもとても嬉しかったです。とても意味のある一生の宝物です!」

N美さんのケース

N美さんは交際相手の彼からプロポーズを受け、めでたく婚約の身。婚約指輪に関しては、「お金もかかるしなくていいよ!」と彼に話していたそう。プロポーズは薔薇の花束のプレゼントだったので、このときにはまだ指輪をもらっていませんでした。ただ、彼の方は婚約指輪をプレゼントすることを非常に楽しみにしていた様子。遠慮して「いらない」というN美さんに「女性が婚約指輪をもらって嬉しい気持ちになるのと同じで、男は大切な女性に特別な指輪を贈ることに喜びを感じるんだ。だから僕の願いを叶えるためにもプレゼントさせて欲しい」と言ったそう。

結婚式も盛大に挙げる予定だったため、どうしても遠慮がちになっていたN美さんですが、彼の押しに負けて一緒にジュエリーショップへ向かうことに。そこにはキラキラと輝く美しい指輪がずらりと並んでいました。N美さんはこのときの感想について、「これまでダイヤモンドの婚約指輪を見てもあれほど美しいと思ったことはなかった。自分がもらうことになった途端、急にその輝きが増したように見えたのを覚えています」と言っています。

たくさんの指輪の中から、一番気に入ったものを選んだN美さん。婚約指輪を身につけることはきっとないだろうと思っていただけに、このときの感動は嬉しすぎて言葉にもならなかったそうです。

N美さんはこう言います。

「婚約指輪はなくてもいいと本当に思っていました。でも彼があまりにも婚約指輪を贈ることに強いこだわりを持っていたので、それなら買ってもらおうと思ったんです。自分でも、これほどまでに婚約指輪が美しくて意味のあるものだとは思っていませんでした。なんだか魔法にかけられたみたいです!」

K子さんのケース

K子さんは婚約指輪でなく結婚指輪に強い思い入れがありました。「一生身に付けるものだから」と結婚が決まってから結婚指輪のデザインについて考え、彼と二人でジュエリーショップに下見に行っていたそうです。そして結婚指輪のデザインが決定し、あとは結婚式に間に合うように購入するだけ!という段階で彼からのサプライズ。

なんとこれまでほとんど話題にも出ていなかった婚約指輪を彼がサプライズで用意してくれていたのです。これにはK子さんもびっくり仰天。驚きすぎて涙が止まらなかったと言います。そして指輪のデザインは、二人がチョイスした結婚指輪に重ね付けができるもの。

彼は婚約指輪をどう選んで良いかわからず、結婚指輪が決まるタイミングを待っていたそう。結婚指輪が決定してから、すぐに同じジュエリーショップに相談に行き、その結婚指輪に合う婚約指輪がないか探してもらっていたのです。K子さんはこう言います。

「本当に信じられなかったです!婚約指輪は我慢しよう、結婚指輪にその分こだわろうと結婚指輪のことばかり考えていたら、まさかの婚約指輪のサプライズプレゼント。しかも選びに選び抜いた最高の結婚指輪と一緒に着けられるデザイン。こんな幸せなことはないのではないかと思うほど嬉しかったです!」

婚約指輪は女性を幸せにする魔法がかけられている

ダイヤモンドの指輪がただ嬉しいのではなく、婚約指輪ならではの特別な魅力があります。それはまるで魔法のように、指輪を贈られる女性たちを人生において最高に幸せと言っても過言ではないほど幸せな気持ちにしてくれる意味のあるアイテムなのです。

「婚約指輪は婚約している間しか着けられないからもったいない」

「結婚に際して出費が多いから我慢しよう」

など、様々な考え方がありますが、指輪を受け取って嬉しい気持ちにならない女性はいないと思ってよいでしょう。それだけの不思議な魅力が婚約指輪にはあるのです。

婚約指輪を持ち続けることもまた幸せなことです。婚約指輪は結婚するまでの間しか意味を持たないものでは決してありません。何年経っても見るたびに彼がその指輪を贈ってくれたときのことが思い出されるでしょう。そして、その高価でキラキラと輝き続ける美しい特別な指輪は、受け取った女性にとって一生の宝物となるのです。

まとめ

今回は、婚約指輪の由来、そして女性にとっての意味について紹介しました。いかがでしたでしょうか。これまで婚約指輪はあきらめようと思っていた女性も、結婚指輪に強い憧れを持つ女性も、この記事を読んでいただいたことでさらに婚約指輪に関する理解を深められたのではないでしょうか。

愛する人に婚約指輪を贈られることは、人生においてとても意味のある経験になるでしょう。受け取ったときの感動と、そのダイヤモンドの輝きはいつまでも色褪せることはありません。

アトリエミラネーゼでは、婚約指輪を幅広い魅力的なラインナップで取り揃えています。プロポーズに際して、「彼女のサイズがわからない」「デザインの選び方がわからない」とお悩みの男性は、ぜひ一度当店に相談にいらしてくださいね。指輪選びからプロポーズプランまで、じっくり相談に乗らせていただきます。