オーダーメイドジュエリー

Fullorder

     

アイディア豊富なデザイナーが提案する
“世界でたったひとつのフルオーダージュエリー”

オーダーメイドでお作りしたジュエリー作品をご紹介いたします。
見つめる度に幸せな気分になれる“世界でひとつのデザイン”。
そんな特別なオーダーメイドジュエリーは、おふたりのイニシャル模様を描いた特別なデザインや趣味や初デートの想い出、
好きなモチーフ、飼っているペットなど様々なエピソードやお好みに合わせて
“ふたりらしさ”を感じるデザインをご提案いたします。
オーダーメイドだからこそできる、素材の組み合わせ・つや消しの種類やダイヤのバランス、
内側の指通りまで熟練の職人の手によりひとつひとつ丁寧に心を込めて制作します。

   

オーダーメイドジュエリー 一覧( 446 design )

Custom Jewelry

ライン

デザイン

モチーフ

こだわり検索

向かい合う猫と犬

和彫り桜と桜色

二連風クロス

見つめ合うオカメインコ

イニシャルとバラ

日本地図とバトン

猫とバイク

四つ葉のクローバー

星とイニシャル

ハワイアン彫り/ウィグル(幅広)

ココペリの内彫り

様々な動物と生き物達

雪の結晶

桜と花びら

海を泳ぐカメ

重厚なクロス

幸せを運ぶハチドリ

セラミックカラー

アンティークな八角形

バイクのタイヤ

大きなカメ

猫のシルエットと肉球

四つ葉のクローバーと音符

子猫とボール

四つ葉のクローバーとクロス

細身の蓮根モチーフ

2匹の愛犬ダックス+足跡の結婚指輪

婚約指輪オーダーメイド

羽・クロスのマリッジリング

カッコイイストレートリング

シンプルなウサギの指輪

猫のマリッジリング

お花屋さんのシンプルフラワーデザイン

タガネ彫りの結婚指輪

1ctの婚約指輪

タガネのイニシャルリング

アメフトモチーフのリング

結婚指輪ハワイアン

桜とカメの結婚指輪

波模様とココペリ

ウサギモチーフのリング

コンビネーションの華やかなリング

キュートなゴールドの羽と星マーク

ヨットモチーフの平打ちリング

クロヒョウのマリッジリング

バラのクロスリング

バンドウイルカと水族館の思い出をデザイン

シャンパンゴールドのかっこいいクローバー

クリスマス&子ブタモチーフの結婚指輪

ふたりの絆を結ぶ立体のイニシャル模様

白猫と黒猫のマリッジリング

まわしモチーフ

フルオーダーリングが出来るまで 全国から注文OK!メールオーダーのご案内


失敗しない!オーダーメイドで結婚指輪を作るポイント




フルオーダー

オーダーメイドで結婚指輪を作るとなると、
オーダーメイドにかかる時間や値段、
オーダーメイドの流れなど、
「オーダーメイドって一体何?」と疑問に
思うことがたくさん。
一生ものの結婚指輪だからこそ
「結婚指輪はオーダーメイドで作りたい!」と思う反面、
「なかなかオーダーメイドに踏み出せない」という方も
多いのではないでしょうか?

そこで、オーダーメイドの結婚指輪を手がける
「アトリエミラネーゼ」から、
オーダーメイドで結婚指輪を作る際の作り方や
オーダーメイドで注意したいポイントをご紹介します。

お二人にしか作れない、世界で1つの
オーダーメイド結婚指輪を作りましょう!

■目次


1.失敗しない!オーダーメイドで結婚指輪を作るポイント
2.【オーダーメイドで結婚指輪を作るとは?】
3. オーダーメイドの結婚指輪はどんな人に最適?
4. オーダーメイドで作る結婚指輪の例
5.【作成の流れとオーダーメイドにかかる時間】
6. 結婚指輪をオーダーメイドで作る流れ
6. オーダーメイドにかかる期間
7.【オーダーメイドではどんなことを決められる?】
8. オーダーメイドの結婚指輪作成で決めること
9. 結婚指輪の形をオーダーメイドで決める
10. 金属の種類をオーダーメイドで決める
11. 石の有無をオーダーメイドで決める
12. 表面処理をオーダーメイドで決める
13. その他の加工
14.【途中で型をチェックする】
15.【オーダーメイドの結婚指輪は値段をどう決めて?】
16. オーダーメイド料金
17. 加工費
18. 素材の値段
19. オーダーメイドで作るお二人だけの結婚指輪

【オーダーメイドで結婚指輪を作るとは?】



オーダーメイドの結婚指輪とは、
結婚指輪の形や石の配置など、
お二人で全てを決めて作る
完全オリジナルデザインの結婚指輪のことです。

オーダーメイドというとあまり耳慣れない
かもしれませんが、オーダーメイドは決して
難しいものではなく、結婚指輪はどなたでも簡単に
オーダーメイドで作ることができます。
結婚指輪を選ぶ際には、既成のデザインだけでなく、
オーダーメイドという方法もあることを知っておくと、
結婚指輪選びの選択肢が広がりますよ。

オーダーメイドの結婚指輪はどんな人に最適?



国内・国外と様々なブランドから実に多くの
デザインが作られている結婚指輪だからこそ、
結婚指輪を探しているうちに
「こんな結婚指輪があったらいいのに」
「あんなデザインの結婚指輪は作れないのかな?」
と思われる方も多いかもしれません。そんな方にこそ
オススメしたいオーダーメイドの結婚指輪ですが、
「オーダーメイドも気になるけど、私たちが本当に
結婚指輪をオーダーメイドできるの?」と
身構えてしまう気持ちもあるかと思います。

そこで、オーダーメイドの結婚指輪作成にぴったりな
カップルの特徴と、オーダーメイドのメリット、
オーダーメイドの注意点をご紹介します。

オーダーメイドの結婚指輪はこんなカップルにオススメ
・見ているほどに結婚指輪にこだわりが
 増えてきたカップル

・誰とも被らないふたりだけの結婚指輪を
 作りたいカップル

・理想の形の結婚指輪が見当たらない
 カップル

・結婚指輪にふたりの想いを込めたい
 カップル


メリット

・世界にひとつのオーダーメイドデザイン
 ができる

・ライフスタイルや好みに合わせて
 結婚指輪をオーダーメイドができる

・唯一無二の想いをオーダーメイドで
 表現できる

・オーダーメイドという体験を
 結婚指輪を通して楽しめる

注意点
・既成デザインの結婚指輪よりも
 オーダーメイドの結婚指輪の方が
 時間がかかる可能性がある

・オーダーメイドのため、
 打ち合わせの回数が多くなる
 可能性がある

・オーダーメイドのデザイン決定までに
 時間がかかってしまう可能性がある


オーダーメイドで作る結婚指輪の例



より具体的なイメージを沸くように、
オーダーメイドで作られた結婚指輪の
具体例をご紹介します。

オーダーメイドで作られた結婚指輪の具体例
・お二人で飼っている愛猫を結婚指輪に
 立体的に再現したオーダーメイドデザイン

・お二人のイニシャルを彫り模様で
 表現したオーダーメイドデザイン

・結婚指輪に指へのフィット感を求めて、
 幅感や厚みを数mm単位で
 オーダーメイド


オーダーメイドの結婚指輪を作る際には、
思い描く理想の結婚指輪デザインはもちろん、
「ふたりの思い出を何かしらの形で
結婚指輪に入れたい」、
「どの結婚指輪もしっくりこない」など、
結婚指輪への様々な思いをもとに
オーダーメイドのデザインが作成されます。

「オーダーメイドの結婚指輪が気になるけど、
具体的なイメージが浮かばない」という場合は、
まずはオーダーメイドのデザインを考える前に、
普段のお二人の様子や結婚指輪に関する悩みを
スタッフに話してみてはいかがでしょうか?
お二人のお話をもとにして、スタッフやデザイナーに
お二人にぴったりなオーダーメイドデザインの
結婚指輪を提案してもらうのもオススメです。

【作成の流れとオーダーメイドにかかる時間】



なかなか体験することのないオーダーメイド。
打ち合わせを何度も重ねるイメージのある
オーダーメイドですが、
結婚式や挨拶回りを控えていることも多い
結婚指輪となると、オーダーメイドだからと
言ってあまりのんびりとしてもいられません。
オーダーメイドで結婚指輪を作る場合、
果たしてどのくらいの時間がかかるのでしょうか?
まずはオーダーメイドの結婚指輪がどのように、
どのくらいの時間をかけて作られるのか
確認しましょう。

結婚指輪をオーダーメイドで作る流れ



オーダーメイドの結婚指輪は、大きく分けると
・打ち合わせ・デザイン画の作成
・結婚指輪の原型の制作
・金属へ加工・完成
の3つのステップを経て作られます。

それぞれのタイミングで、
イメージのすり合わせとして
オーダーメイドデザインの確認や
打ち合わせが入ることがほとんど。
店舗での打ち合わせもあれば、
メールでの打ち合わせもできたりと、
お店によってオーダーメイドへの
対応の仕方は異なります。

オーダーメイドにかかる期間



オーダーメイドの結婚指輪制作にかかる
期間は、基本的に打ち合わせ〜完成までで
約2か月程度とされています。
オーダーメイドデザインの難易度や
デザイン修正の有無によって、
結婚指輪の完成にかかる期間は前後するので、
オーダーメイドが順調に進んだ場合の納期と
併せて、修正が入った場合の制作時間も
確認しておけると安心ですね。

オーダーメイドの結婚指輪を検討される際には、
「いつ頃までに結婚指輪が必要なのか」
「打ち合わせの際のスケジュール調整が
可能かどうか」を確認した上で、
余裕を持って動き出すのがベストです。

【オーダーメイドではどんなことを決められる?】



オーダーメイドで結婚指輪を作るとなると、
一番悩まれるのは「デザイン」
ではないでしょうか?
既成デザインの結婚指輪の型に
アレンジを加える「セミオーダーメイド」は
イメージも湧きやすいかと思いますが、
「フルオーダーメイド」で作る結婚指輪は
文字通り「全て」を決めることになるので、
フルオーダーメイドではデザインの
すり合わせがとても大切です。

フルオーダーメイドの結婚指輪の場合、
具体的にどのようなことを
決められるのでしょうか?
オーダーメイドでの結婚指輪作成を
よりスムーズに進めるためにも、
結婚指輪のどんなことをオーダーメイド
できるのかを事前に確認しておきましょう。

オーダーメイドの結婚指輪作成で決めること



大きく分けると、結婚指輪のデザインは
以下の5つを決めることで出来上がります。

・結婚指輪の形
・結婚指輪の金属の種類
・結婚指輪の石の有無
・結婚指輪の表面処理
・その他の加工

オーダーメイドでは、結婚指輪を主に形作る
5つの要素全てを自分たちで決めることができます。
「結婚指輪にこだわりをたくさん詰めていく」
というオーダーメイドならではの
楽しさを感じながら、オーダーメイドの
結婚指輪作成を楽しみましょう!

結婚指輪の形をオーダーメイドで決める



結婚指輪の形は大きく分けて3種類。
それぞれ「ストレート」、「Vライン」、
「Sライン」に分かれています。
オーダーメイドで結婚指輪を作る際には、
お好みの形から決められる方も
多くいらっしゃいます。
自分の指に似合う結婚指輪の形や
好みがわからない、という場合は、
店頭で実際に結婚指輪をつけながら
確認するとオーダーメイドしたい形が
わかってきますよ。

また、オーダーメイドで結婚指輪を作る場合、
カーブの強さや厚み・幅なども決めることが
できます。数mm単位でこだわれるのは、
オーダーメイドならではですね。

■ストレートタイプをオーダーメイド
 王道のストレートタイプの結婚指輪は、
 時代を問わず愛される普遍的なデザイン。
 正面がない形なので、結婚指輪がくるくると
 回ってしまっても気になりません。
 男性や指輪慣れしていない方に
 人気のシンプルなデザインの結婚指輪です。
 オーダーメイドでは、彫り模様や石の追加
 などでさりげなく個性を出してみては
 いかがでしょうか?

■V字ラインをオーダーメイド
 両サイドから中心に向かって下がる
 ラインです。Vラインの結婚指輪は、
 縦のラインが意識されるため指が長く
 綺麗に見える効果があります。
 Vの深さを調整したい時は
 オーダーメイドが最適です。

■ウェーブラインをオーダーメイド
 波打つようなデザインが美しい
 ウェーブラインの結婚指輪は、
 指の流れに沿うので指馴染み抜群。
 柔らかな動きが生まれ、手全体を
 エレガントに見せてくれます。
 指の幅が気になる方におすすめです。
 オーダーメイドでは、ラインの流れる
 向きや角度にこだわってみるのもオススメ。

金属の種類をオーダーメイドで決める



結婚指輪に使われている主要な
地金(素材となる金属)は主に3つ。
「プラチナ・ゴールド・シルバー」です。
中でもゴールドは、他の金属の配合率に
よって色を変えることができるので、
さらに幅広いバリエーションが選べます。
また、色だけでなく、重さや質感も
それぞれ異なります。
ライフスタイルやお二人の好みに合わせて
結婚指輪の地金もオーダーメイドしましょう。
難しい場合はスタッフと相談しながら選ぶと
良いですよ。

オーダーメイドの場合は、1種類の地金で
シンプルに作ることもあれば、
複数の地金を組み合わせて
オリジナルのオーダーメイドデザインを
作れることもあります。

※金属アレルギーについて
 結婚指輪を用意する際に、金属アレルギーを
 持っているとすでにご存知の方は、
 自分がどの金属に反応するのかを
 スタッフに伝えるようにしましょう。
 地金によってはアレルギー成分を抜いて
 オーダーメイドで結婚指輪を作成する
 こともできますし、アレルギーを考慮
 して別の地金を提案することができます。

石の有無をオーダーメイドで決める



オーダーメイドで結婚指輪を作成する際、
ダイヤモンドや色石といった石の有無、
数や大きさ、配置を全て決めることになります。
スタッフと相談し、結婚指輪の形や
バランスを考慮しながら、
ぴったりなデザインをオーダーメイド
していきましょう。

結婚指輪にダイヤモンドや色石を
つける際には「メレ」と呼ばれる
通常よりも小さなサイズの石をはめます。
中でもダイヤモンドはキラキラと光を
反射するので、手元をワントーン明るく
魅せてくれる効果も。
結婚指輪に華やかさや明るさが欲しい場合は、
石を入れたデザインでオーダーメイド
するのもいいですね。

一方で、介護・保育といった人と
触れ合う仕事をされている方は、
石を入れることに抵抗があるかも
しれません。
そんな時は、石ではなく彫り模様や
表面処理で結婚指輪に輝きをプラスできます。
オーダーメイドなら、お互いのイニシャルや
好きなモチーフを金属の輝きで
表現してみてはいかがでしょうか?

男性の中にも結婚指輪にダイヤモンドや
色石をはめられる方は多くいらしゃいます。
彼女とお揃いのダイヤモンドや、
お互いの誕生石を入れた
オーダーメイドデザインの結婚指輪も
素敵ですね。
華やかさが気になる場合は、
結婚指輪の内側(肌に当たる部分)に
石をはめるのもオススメですよ。
柔軟な発想で、オーダーメイドならではの
デザインを楽しみましょう。

色石は種類によって衝撃や振動への
強度が異なります。
結婚指輪に入れても問題がないかどうか、
プロに相談をしながら入れるのが安心ですね。

表面処理をオーダーメイドで決める



金属で作られる結婚指輪は、
表面処理の仕方で仕上がりや
印象が大きく変わります。
オーダーメイドの場合は、
結婚指輪の一部分だけマットな雰囲気に、
好きな色合いにコーティング
といったことも自由自在。
結婚指輪における代表的な表面処理を
ピックアップしてみましたので、
オーダーメイドの際の参考にしてみてください。

ツヤ消し:
金属の表面に粗目のヤスリを当てることで、
結婚指輪をツヤのないマットな状態に
仕上げます。つや消しを部分的にかけたり、
カップルでツヤ有り/ツヤ消しをそれぞれ
選んでみたり、結婚指輪のデザインの幅が
広がります。

ヘアライン:
金属の表面にさらに粗目のヤスリを当てることで、
結婚指輪にまるで羽毛のような模様をつけます。
通常のつや消しよりもデザイン性が出るので、
おしゃれな結婚指輪をお探しの人に人気の
加工です。オーダーメイドでも、
デザイン性が高く個性を出しやすいことから
選ばれる方が多くいらっしゃいます。

コーティング:
ゴールドやブラックのコーティングを施すことで、
地金で使用している金属とは異なる色合いに
結婚指輪を仕上げられます。
コーティングされた結婚指輪自体、
デザインの数があまり多くないので、
オーダーメイドならではの
オリジナリティを出せます。

その他の加工



上記以外にも、表面に掘り模様を入れたり
リングの内側にお揃いの刻印を入れたり、
結婚指輪には様々な加工を施すことができます。


オーダーメイドの結婚指輪の
デザイン選びにおけるポイントを、
5点紹介させていただきました。
これだけの量があると、
「知識がないけどオーダーメイドでも大丈夫かな?」
「オーダーメイドで決めきれるかな?」と
オーダーメイドでの結婚指輪作成に不安を
抱かれる方もいらっしゃいますが、
アドバイザーやデザイナーがひとつずつ
丁寧に進めてくれるので、
オーダーメイドだからと言って
気負うことはありません。

デザイン画や様々な結婚指輪を参考に、
ひとつずつをお二人で決めていくことで、
オリジナルのオーダーメイドデザインが
だんだんと作られていきます。
スタッフとも相談をしながら、
オーダーメイドで作る結婚指輪の
イメージをすり合わせていきましょう。

また、オーダーメイドで結婚指輪を作る際に
「よくわからないけどとりあえず進めておこう」
という姿勢はNG。
1からオーダーメイドで作る結婚指輪の場合は、
本人たちがオーダーメイドで作る結婚指輪の
イメージをしっかりと持つことが大切です。
オーダーメイドに関してわからないことや
結婚指輪のイメージがうまくつかめないときは、
その都度尋ねるのがベスト。
オーダーメイドの結婚指輪だからこそ
細かな部分にもこだわって、
納得のいく結婚指輪を作りたいですね。

【途中で型をチェックする】



1からデザインを作り上げる結婚指輪の
オーダーメイドにおいて、
「オーダーメイドなのに理想の形と
結婚指輪が異なっていた」
「想像していたオーダーメイドのデザイン
と違う」ということは避けたい事態。

だからこそ、自分たちのオーダーメイドの
結婚指輪が完成するまで、
実際の結婚指輪の形が確認できないのは
不安ですよね。

そんなお二人には、制作の途中で
オーダーメイドの結婚指輪の原型
となる「型」のチェックをすることを
オススメします。
型のチェックができるかどうかは
店舗やブランドによって異なりますが、
オーダーメイドで結婚指輪を制作する場合
可能なところがほとんど。
オーダーメイドデザインのすり合わせ
をするという観点からも、
金属を流し込む前に結婚指輪の原型は
チェックすることが一般的です。
結婚指輪の型は、基本的にはWAXと
呼ばれるロウ素材で作られており、
結婚指輪のウェーブの角度や
リングの幅など、全体的な「形」を
確認することができます。
角度や幅などを細かく決めた
オーダーメイドデザインの場合は、
ここでしっかりと確認しておきたいところ。
店舗によっては、原型となる型を
実際に指にはめることもできるので、
自分たちが想像した
オーダーメイドデザインとズレがないかを
より正確にチェックできます。
3Dで見る結婚指輪の型は、2Dのデザイン画
よりもリアルなイメージを浮かべやすく、
担当者やカップル間における
オーダーメイドデザインの
共通認識をより強めてくれるので、
「オーダーメイドのイメージは
バッチリ!」というお二人でも、
可能な場合はできるだけチェックを
するのが安心ですね。
ただし、型のチェックで確認できるのは
あくまでも結婚指輪の「形」のみ。
結婚指輪の地金に使用する金属の質感や
見え方だけは、たとえオーダーメイド
でも完成形を確認するほかありません。
地金に関しては、既成デザインの
結婚指輪で似ているものを用いて、
輝き具合や色の見え方、
重さをしっかりと比較するようにしましょう。

※オーダーメイドで結婚指輪を作る場合、
 途中でデザインの変更は可能?
 「オーダーメイドのイメージが違う」
 「オーダーメイドの内容が違う」
 という場合、デザインの変更が可能か
 どうかは店舗によって異なります。
 修正料金が追加でかかることもありますし、
 大幅な変更でなければ無料で
 修正できることもあります。

オーダーメイドで結婚指輪を依頼する場合、
途中で修正が可能かどうか、
料金や期間がどのくらい必要なのかを
しっかりと確認することが大切です。

しかし、オーダーメイドで結婚指輪を作る際、
一番良いのは修正が起きないこと。
オーダーメイドでの結婚指輪作成で
必要以上に時間やお金をかけてしまわない
ためにも、わからない部分や曖昧な部分は
カップルと担当者でしっかりと確認し合い、
オーダーメイドの結婚指輪に対する
3人のイメージをしっかりと
すり合わせましょう。

【オーダーメイドの結婚指輪は値段をどう決めている?】



オーダーメイドで結婚指輪を作る際に
気になるのが値段。
「オーダーメイドだと結婚指輪が
かなり高額になりそう…」
「オーダーメイド料金っていくらなの?」
と、不安が募りオーダーメイドに手が
出せずにいる方も多いのでは?
最後は、結婚指輪をオーダーメイドで作る際に、
値段がどのように決定するのかをご紹介します。

オーダーメイドの値段の決定の仕方は
店舗によって異なりますが、
結婚指輪をオーダーメイドで作成する際の
基本的な値段を知って、より気軽に
オーダーメイドを楽しんでいただけましたら
幸いです。

オーダーメイド料金



オーダーメイドと聞くと、「通常の結婚指輪
よりもオーダーメイドの方が高いのでは?」と
値段を気にされる方が多くいらっしゃいますが、
オーダーメイドでも既製品とほぼ同じ値段で
結婚指輪を作成することもできます。

デザイン画の作成や結婚指輪の加工など、
制作工程の一部をデザイン会社や
下請け会社に任せている店舗の場合は、
オーダーメイドですと既成のデザイン以外
のものを新たに作ることになるので、
中間マージンが発生します。
一方で、デザインや結婚指輪の加工を
一貫して行っている店舗は、
オーダーメイドによる中間マージンが
かからないので、オーダーメイドでも
既製品とほぼ同じ値段で制作することができます。

オーダーメイドで結婚指輪を作成する際は、
中間マージンの有無によって
結婚指輪の値段に大きな差が生まれるので、
「オーダーメイドで結婚指輪を作りたい
けど値段が気になる!」という場合は、
まずは「オーダーメイドでも結婚指輪の
制作を一貫して行っているかどうか」
確認することをオススメします。

加工費



加工費とは、結婚指輪に施す加工にかかる
料金のこと。
オーダーメイドの結婚指輪デザインだけでなく、
既成の結婚指輪デザインにも加工費は含まれています。

加工費は技術料と呼ばれることもあり、
結婚指輪に施す加工の種類や難易度に
よって値段が変化します。
「加工の種類」は石留めの加工や
表面処理の加工など、
結婚指輪のデザインによって様々。

「難易度」は、結婚指輪に施す加工が
どれほどの技術や時間を要するかに
よって変わります。例えば、結婚指輪の「形」を作る加工ですと、動物や花といった立体的なモチーフを入れ込んだ複雑な形の結婚指輪と、ストレートタイプのシンプルな形の結婚指輪なら、前者の結婚指輪の形を作る方がかなりの技術と時間を要します。

一般的にオーダーメイドで結婚指輪を作成する場合は、結婚指輪に施す加工の種類と難易度の組み合わせで、制作におけるオーダーメイド結婚指輪の「加工費」が決定します。

どんな加工がどのくらいの値段になるのかはお店によって異なりますが、オーダーメイドで結婚指輪を作る際には、既製品の結婚指輪デザインと値段を参考にするのがわかりやすいかと思います。


素材の値段



結婚指輪に使用する地金の値段も加工費と同様に、オーダーメイドの結婚指輪だけでなく、既成デザインの結婚指輪を作成する際にも必ず含まれます。

結婚指輪を作成する際に必要な素材は、主に地金(結婚指輪の素材となる金属)と石(ダイヤやカラーストーンなど)です。オーダーメイドで結婚指輪を作成する場合はどちらもご自身でカスタマイズすることができます。

地金は使用する金属によって数万円の差が出ててくるので、デザインや肌色との相性はもちろんですが、予算も考慮しながら決められる方がほとんどです。

主な地金は、プラチナ・ゴールド・シルバーの3種類。左から順に、希少性や重さの観点から相場は高い傾向にあります。

(3種類以外にも「ピンクゴールド」や「ホワイトゴールド」など、店舗によって様々な地金が用意されています。)

ただし、地金の相場は毎日変動します。

オーダーメイドの場合は結婚指輪を購入する時期や日によって値段に差が生まれるので、一度出してもらったオーダーメイド結婚指輪の見積もりも、次の日に出してもらったら若干の差が出ていた!ということもよくあること。ゆっくりと時間をかけてオーダーメイドを検討されている方は、「契約をするまでオーダーメイドの結婚指輪は見積もりが一定ではない」ということを頭に入れておくようにしましょう。

また、ダイヤやカラーストーンといった石は基本的に値段が変動することはありませんが、大きさやグレード(欠けや傷の有無などで決まる品質の高さ)によって値段が前後します。どの石にも個性があり、全く同じものは存在しない唯一無二の存在です。石の入ったデザインの結婚指輪をオーダーメイドする場合は、石の数やグレードで値段が変化します。

オーダーメイドで作るふたりだけの結婚指輪




オーダーメイドで結婚指輪を作る際のポイントをご紹介しましたが、オーダーメイドのイメージは掴めましたか?オーダーメイドに関して「オーダメイドって難しそう」「自分たちにもオーダーメイドってできるのかな?」と思うこともあるかもしれませんが、店舗ではスタッフがひとつひとつ丁寧に説明をしながら、オーダーメイドでの結婚指輪制作を進めてくれます。

実際に、オーダーメイドで結婚指輪を作られる方の半数近くは「オーダーメイドや結婚指輪に関する知識がなくよくわからない」という方ですが、スタッフと話しながらオーダーメイドのデザインを作り、完成したオーダーメイド結婚指輪を見たときにはほとんどの方が「満足」との感想をくださります。

オーダーメイドの結婚指輪だからと言って必要以上に身構える必要はありません。

ふたりの素敵な思い出を作るような感覚で、オーダーメイドの結婚指輪を作る過程も楽しんでいただけましたら幸いです。

オーダーメイドで、ふたりだけの特別な結婚指輪を作ってみませんか?

▲目次へ戻る

LINEで送る